突然、BARのトイレの鏡から見知らぬ男が語りかける。衝撃の事実に思わず酔いが覚めた訳とは?

ここは、ロサンゼルスのとあるバー。いつものように、酒を飲んで上機嫌な客たちで賑わっている。

突然、トイレの鏡から
語りかけてきたのは…?

客のひとりがトイレで手を洗っていると、目の前の鏡に異変が…。自分自身が映っているいるはずのそこから、見知らぬ男が語りかけてきたのだ。

客の男性:「これって何かの冗談?」

鏡:「そうだったら良かったんだけどね。あの日、君と同じように僕は酒を飲んだ。そして車に乗って…人を殺してしまったんだ」

交通安全のキャンペーンと気づいてか、最初はもの珍しそうにしていた客の男性も、話を聞くにつれて次第に表情が曇っていく。

鏡の向こうの彼は、続けてこう語りかける。

「僕が殺したのは警察官だった。彼には家族がいた。子どもが4人、それに妻。酒を飲むことを選んだのは僕だ。車に乗ることを選んだのも…。君には同じ選択をしないで欲しいんだ」


鏡の彼は
「交通事故」の加害者だった

鏡の中の男の名前はKris Caudilla、26歳。ある夜、彼はバーの帰り道に飲酒運転で道路を逆走、警察官を轢き殺してしまった。彼に下された判決は懲役15年。今も、フロリダ州刑務所の中にいる。

このサプライズは、交通事故による死亡者をなくすために活動している団体「We Save Lives」の活動の一環だ。カメラやプロジェクターを駆使して、フロリダの刑務所にいるCaudilla氏の映像を鏡の中に映し出し、マイクを仕込んでバーの客とリアルタイムで会話できるようにしたもの。

プロジェクトは「Reflection From Inside(内なる反射)」と題されている。そのタイトル通り、鏡に映ったCaudilla氏の姿は、酒を飲んだ客の未来の姿かもしれない。

Caudilla氏は、このプロジェクトへ参加した動機をこう語っている。

「毎日考えるのは、自分が殺してしまった人、そして彼の家族について。だから、酒を飲んで車に乗らないよう、誰かに伝えたいと思ったんだ」

彼は、最後にこう問いかけた。

「いいかい、鏡をよく見るんだ。そして考えてほしい。今日は運転して帰るべきかい?」

何人もの客が、同じ答えを返した。その内容はもはや語るまでもないはずだ。

Licensed material used with permission by We Save Lives
他の記事を見る
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
落ち込んだ日、疲れた日に前向きな気持ちにさせてくれる鏡があります。「Smile Mirror」です。理由は簡単、笑いかけないと鏡として機能してくれないから...
週末飲んではしゃいで、天国みたいに楽しい時間を過ごしたのはいいけれど、あとから地獄のような二日酔い…。そんなつらいハングオーバー(二日酔い)を癒してくれる...
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
3月17日は、聖パトリックデーだった。そんなお酒が進んでしまいそうな祝祭日の夜、とあるBARでスッと出されたコースターには、こう書かれていた。THIS C...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
公衆トイレを使用する際、便座の汚れが気になって仕方ない!という人、多いかもしれません。中にはトイレットペーパーを敷いたり、事前に便座をふいたりする人もいる...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
2006年、ポートランドに設置された公衆トイレ。オレゴン州からマサチューセッツ州やニュージャージ州に広がり、今年に入ってからはワシントン州やテキサス州も導...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
アジアNo.1の女性パティシエが手がける。 デザートとお酒が夜遅くまで楽しめる、日本初のデザートバーJANICE WONG DESSERT BAR〒151...
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
目の前で、見知らぬおじさんが突然大声を出して笑い出したらあなたはどう思うでしょうか?ここで紹介するのは地下鉄の様子を撮影した動画。一人の中年男性が突然ひと...
フロリダ州の、とあるBARの女性用化粧室に貼られた、一枚の紙。そこに書かれていたのは、もしも危険なデートで男性から逃げたいシチュエーションのとき、女性を救...
餃子×オニオングラタン×ワイン フランス流!表参道で味わう新感覚の餃子専門店GYOZA BAR Comme a Paris〒150-0002 東京都渋谷区...
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...