電動キックスケーターの法規制をアップデート。デンマークの首都で「飲酒運転」禁止

コペンハーゲン市の警察は、電動キックスケーターの飲酒運転禁止を発表。違反者には最大で600ドルの罰金を科すとし、3回以上の常習犯には禁固刑も視野に入れた罰則を科す見通しだ。

シリコンバレーを皮切りに、フランスやドイツなど今や世界各地に広がる電動キックスケーターのシェアリングサービス。自転車専用道路が整備され、走行できる環境が整っているデンマークでは今年1月に解禁。同時に「15歳以上」や「歩道の走行禁止」などの乗車ルールが設けられた。

当初、警察側は飲酒後の運転を明確には禁じていなかった。しかし、解禁から半年、飲酒による危険運転者が増えたのを理由に今回の決定に至った。

新しいサービスであるがゆえに、法整備が追いついていないのも事実。とはいえ、単に「危ないから禁止」とするのではなく、デンマークのような先駆けて解禁した国にはトライアンドエラーを通してルールのアップデートを期待したい。

Top image: © iStock.com/Bogdanhoda
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
今年の9月下旬から特例措置により、電動キックボードで普通自転車通行帯を走行するのが可能になると国家公安委員会が伝えている。
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
キックボードにラグジュアリーさと快適性を追求して開発された、大人のための電動キックスクーター「Dragonfly Hyperscooter」。
今日もどこかで大切な人への甘いプレゼントを探している方のお役に立つべく、立食パーティと女子のイメチェンをほめることの次くらいに「食レポ」が苦手な人間が、背...
立ち乗り電動二輪車で知られる「セグウェイ」が、電動キックスクーターの新作「Ninebot KickScooter Air T15」の予約を受付中。以前から...
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
キノコは干すことで栄養価が格段にUPします。そして香りも!
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...