持ち運びを追求した「キャリーバッグ」になる電動キックボード

いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホント日進月歩ですよね。車よりよっぽど地球にやさしいし。

携行性を追求した結果
折りたたみ式にしてみた

最近ではゴルフ場でも1人乗りのセグウェイや、キックボードタイプのゴルフカートで移動するコースもあるそうですが、韓国のパーソナルモビリティメーカーが開発した電動キックボード「TRANSBORD」は、バリバリのタウン仕様。

従来のもののように、細長いボディーに行儀よく足を前後に並べてバランスを取りながら走行するタイプと違い、こちらは両足を肩幅に開き、完全に前向きで走行。あの小径車輪でおもちゃの延長のような代物とは、見た目の印象もだいぶ違います。

なにより、あのダサさがないのがいい。アルミニウム合金のフレームにポリカーボネート製のボディ、もちろんその分重量は約18kgと増すけれど、TRANSBORD最大の特徴が、これこれ、コレですよ。

1、2の3っで、パタっ。

ボタンひとつでボディーの中ほどからパタっと折りたたんでこの通り。飛行機の手荷物レベルにまでコンパクトにたためて、そのままキャリーバッグの要領でガラガラ引っ張って移動もできるというわけ。いやいや、そこは乗って移動しなきゃ!なんてツッコミたくもなりますが、電車やバスを利用したり、オフィスに置いておくにも、たためた方がそりゃ便利だわ。

走りもこの通り。なめらかだし小回りも効くようです。

車体重量:約18kg(最大積載量約100kg)
実走行可能距離:約32km
最高速度:32km/h
充電時間:約6時間

このほか、3段切り替えスピードに、電子ブレーキシステム(後輪はフットブレーキ)スピード、電圧、バッテリー残量などを示すLEDインジケーターだって標準装備。

で、さらにですよ、

サスペンション搭載の
イケてる足回り

最後に紹介する動画にも登場するんですが、河原っぺりらしき砂利道でもスイスイ進むんですよね。これ、フロントとリアそれぞれに搭載されたサスペンションがバンプを吸収してくれるからなんだけど、まあ、これがじつに楽しそうで。オフロードもこなす電動キックボートって、ちょっとありそうでなかったな、と。

公道がムリでもなかなか遊べそうですよね。では、やたらとオシャレな仕上がりの動画をどうぞ。 まあ、どこまで行っても結局はキックボードなんだけどね。

Licensed material used with permission by MERCANE, Inc
Uno Boltは、セグウェイに座れるようになったと思い浮かべてもらうと、分かりやすいのかもしれません。ポータブルではないけれど、今までの小型電動式の乗り...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
「Fliteboard」は電動モーターが搭載されているサーフボード。リモコンでスピードをコントロールして、最高で時速40kmも出るそうですよ。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
「StarkBoard」は、体重移動によって走行をコントロールできる電動スケボー。ハンズフリーで乗れるというのは、おそらく世界初でしょう。
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...
「The Moscow Times」が報じた、とんでもないニュース。ロシアのサランスクで発生したチョコレート盗難事件は、スーパーで万引きなんてのとは規模が...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
都市生活者にとって、乗り物の収納場所って本当に困ってしまいます。「Ujet」はその悩みを解決できる折りたたみ式スクーターです。ちなみに“Shibuya G...
ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも...
入場料(1500円)を払って入店したら、何時間でも滞在できる。文学、雑誌、漫画など3万冊の本があり、喫茶店もあり、本好きにはたまらない空間です。もちろん本...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
手帳によるスケジュール管理や手書きのメモにこだわるアナログ派のビジネスマンに捧げる、質実剛健な「サンダース」の「クリップボード」のご紹介です。
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
いわゆる電動アシスト自転車といえば、小さな子どものいる家庭で愛用される“ごっついチャイルドシートのついたアレ”。いくらか形状に違いはあれど、結局はママチャ...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。