「電動キックボード」が千葉・美浜区で「実証実験エリア」を拡大中

世界20都市以上で「電動キックボード」のシェアリングサービスを展開する「Wind Mobility」の日本法人は、8月23日からJR京葉線海浜幕張駅周辺に新たに3つのステーションを追加で設置。実用化に向けて「実証実験」のエリアを拡大する。

ドイツ発の「Wind Mobility」は千葉市と連携して、今年7月から美浜区の稲毛海浜公園内3ヵ所にステーションを設置して実証実験をおこなっている。これは「公道・私道」を含めた実験としては日本国内初の取り組み。期間は今年12月末までを予定しており、得られた走行データなどをもとに、実用化に向けた「提案」に繋げる。

使い方は簡単で、スマホに専用のアプリをダウンロード後、ユーザー登録するだけ。料金は、スタンダードがロック解除100円+25円/1分、ライドパスが850円/1時間、2000円/1日だ。ヘルメットは無料でレンタル可能。利用可能な時間は9:00〜18:00。

電動キックボードは「原動機付自転車」とみなされるため、運転免許証の携帯とヘルメットの着用が必須だ。

電動キックボードといえば、いまや日本各地でシェアリングサービスなどが実験的におこなわれている注目の存在。実用化には規制がネックとなるものの、新しい交通手段としての期待は大きい。

Wind Mobility Japan
【公式ホームページ】https://jp.wind.co

Top image: © cosmaa/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
電動キックボードのシェアリングサービスを展開する「LUUP」は、サービス拡大に向けた新しいプロジェクトを発表。7月1日から、静岡県浜松市の農業公園「はまま...
11月中旬、ウサイン・ボルト氏が手掛ける「電動キックボード」の試乗会に参加してきました。
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
Silver and Goldのオリジナルブランド「SGGM」のLoop-top Shirt Flap Pocketです。