「ワインを表現したコーヒー」で、昼間からリッチな気分に!

私はコーヒーは好きだけどワインは苦手だ。けどグラスを片手にする友人を見ると、どことなく「リッチな雰囲気」がしてつい憧れてしまう。でもこれからはただ眺めていなくてもいいコーヒーが登場した。

お酒を飲めない時でも◎

522c9b5845760a9377af33ccc440c1018c14180a

千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。店主の蛭田智也さんはコーヒー好きのソムリエだ。新商品を作ろうと思ったキッカケを聞いたら、店に立つからこそ生まれたアイデアなのだとしっくりきた。

「ランチタイムには車でお店に来てくださる方も多く、『お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、リッチな気分を味わうことができないだろうか』と考えたからです」

もともと「珈琲とワインを軸に暮らしを楽しむきっかけをつくりだす」というコンセプトで始められたお店。そこから逸れず、お客さんをよく観察して気持ちを汲んだからこその商品といえる。

理想の味を生み出すのは
旅先で惚れた販売店

51bf6041781fc5d64ac9c6db58ae40cbf079e9fd

焙煎するのは、コーヒー豆の卸業や販売をおこなっている静岡県の「IFNi ROASTING&CO.」。店主が旅行で立ち寄った場所だ。この店であれば理想の味や香りを表現できると信じて依頼したということ。その時、表現して欲しい味として渡したのは、イタリアの自然派ワイン。「個性が強いため、ワイン特有の余韻やリッチ感を珈琲でうまく表現できるのでは」と考えてのことだった。

8fe9de145c61e54a7fe10916fe267ecde7cf192f

理想のコーヒー豆を作るという重大な任務を担うことになったロースターの松葉さん。工夫したり苦労した点についてこのように語ってくれた。

「ワインの特徴と同じ良さをもつ豆をいくつか使ってブレンディングをすることが工夫した点です」

「難しかったのは、豆の一つ一つにいつも自分がしているのとは違う、個別の焙煎を施すことでした。例えば、一種の豆がもつ本来のキャラクターがすべて出る焼き方ではなくて、コクだけを強く出したり、別の豆は果肉の酸を感じさせるだけの施しをしたりというところです」

赤か白かは
その時の気分で

31268840c862294cc2f0d98dc6bdb419d616559b

赤ワインブレンドは、豊かな甘みとコクが特徴。アイスコーヒーにするとより赤ワインのような果実味が楽しめるとのこと。これからの季節にピッタリ。

3520ed0e72656ef6cb32589d3858b3cf690bb459

白ワインブレンドは、透明感のある口当たりと余韻が売りなんだとか。朝や仕事中など、すっきり爽快な気分になりたい時にオススメ。

それぞれ100gで税込み1,080円。店頭・インターネットで豆の販売を行っている。一杯淹れるだけで、気分をぐっと上げてくれそうだ。

A3e4b76825c55daffeb7e4f08344cdd3ba6c091a

【店舗情報】
珈琲とワインのある暮らし25
・住所:千葉県千葉市稲毛区黒砂1-14-6山政ビル
・営業時間:7~9時,12~15時,18~22時(L.O 21時半)
・定休日:日、月

玄米を焙煎してつくるコーヒーがあります。“飲むマクロビ”の異名が付くように、美容・健康面ばかりに目が行きがちですが、ここに紹介するプロダクトは、その製法に...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
千葉県成田市といえば真言宗智山派の大本山「成田山新勝寺」があり、全国からたくさんの参拝者が訪れます。その成田山のお土産品として大人気なのが「てっぽう漬け」...
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
世界でも珍しい石灰質の土壌が日本にも数カ所存在していますが、そのうちのひとつが岡山県新見市。同市哲多町にあるワイナリー「domaine tetta(ドメー...
千葉県いすみ市にあるオーガニック農園「Brown’s Field(ブラウンズフィールド)」。ここのオーナーは、マクロビオティック料理家の第一人者である中島...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
気づけば鼻歌を歌っているときって、たぶん、かなりの確率で、いいことがあったときかリラックスしているときなんだと思います。今回紹介するのは「そんな状態」がコ...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
注目すべきスペックは遠隔操作でソールの温度調整ができるところ。充電すればエンドレスで使える、お財布に優しいアイテムです。
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
ワインの用語を勉強する中で感じたのが、「~ジュ」って単語がとにかく多い!ということで、参考までにワインを語れるよう自分の勉強ノートからワードをいくつかご紹...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
ワイン選びにお困りというアナタに少しヒントになるTips。ワインボトルのラベル、フランス語でいう「エチケット」を少し知っておけば、ワンランク上のワイン好き...
「ちょっと高くても美味しいワインを」としてオススメしたチリワイン「コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ」。値段は2,000円台前半。プレミアムワ...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。大和葡萄酒の「番イ(つがい) 2016」は刺身との相性がいい白ワイン。一緒に飲...
国産ぶどう100%使用して日本で醸造される「日本ワイン」からオススメの1本。まるき葡萄酒の「まるき ルージュ」は和食との合わせがバツグン。そこには120年...