アメリカで売り切れ続出の「ワインコーヒー」が気になってしょうがない

「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題を呼びましたね。

だけど、まだまだコーヒーの進化は止まりそうにないのです。現在アメリカでは、「ワインコーヒー」なるものが流行の兆しを見せている模様。でもどうやら、単純に両者を混ぜ合わせた飲み物ではないそうなんです。

コーヒー豆に
ワインを浸透させる

Molinari Private Reserveが手がけた「Wine Infused Coffee」は、ワインに浸した後に乾燥させ、手網焙煎した豆で淹れるコーヒーのこと。もちろんアルコールフリーなので酔うことはありません。コーヒーの苦味にブルーベリーの芳醇な香りがプラスされ、人気を博しているようなのです。

ちなみに、商品化までに要した期間は2年半。そのぶん、自信を持って市場に送り込むことができたとのこと。

「Wine Infused Coffee」は、1袋(約225g)19.95ドル。日本円にして約2,300円なのですが、注文は最低5袋からとのこと。つまり約11,500円と、かなり高額な印象です。

それでも、公式HPを覗くと「注文が多すぎて品切れ中」の文字が。ワインもコーヒーも好きな私は、ますます気になってしまいます!

Licensed material used with permission by Molinari Private Reserve

関連する記事

千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
飲み残して酸化してしまったワインを利用してつくる「サングリア」のご紹介。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
ワインの印象を左右するグラス選び。きちんと理解してますか? ワイングラスにフォーカスし、ソムリエ吉川大智さんにグラスの種類とその適切な選び方を教えてもらい...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
本当の「恋愛力」を目覚めさせてくれる12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタの恋にお心添えいたします。
名前から自然派ワインとわかるオーストラリアの「ナチュラル・ワイン・カンパニー シラーズ」。ゴクゴク飲めて味わいも非常にクリーンなので安心してオススメできる...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
新時代のコーヒー飲料の誕生。8/19発売のO CHER(オーカー)はコーヒー生豆を独自の焙煎法で加熱し、クロロゲン酸(ポリフェノール)やカフェイン、トリゴ...
ワインボトルを冷やしながら持ち運べる、ワイン専用の保冷ショルダーバッグを紹介。
オーストラリア発、いま世界が注目する紫色したワイン「パープル・レイン(Purple Reign)」
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
家庭でワインを保管するにはどうすればいいのか? ソムリエ吉川大智さんに伺いました。
その日の気分によって豆を挽きたかったり挽きたくなかったりする。そんなコーヒー好きの悩みを解決してくれるのが、電動式と手挽きが両方可能なコーヒーミル「ARCO」。
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子と白ワインのペアリングを検証してみました。
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
独自の自然発酵を促す「クヴェブリ製法」により、唯一無二の味わいを生み出すオレンジワイン「パパリ・ヴァレー スリー・クヴェブリ・テラスズ ルカツィテリ」。
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competiti...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
スマートデキャンタ「WAKE UP WINE PRO」なら、いつものワインを超速でおいしくしてくれる。