極上の「泡(ナイトロ)体験」次世代ドリンクメーカー

窒素二酸化炭素のガスカートリッジを使用して、普段の飲み物にアレンジを加えるドリンクメーカーが登場。

©Makuake

台湾発の「サプライズボトル」はタップで注ぐスタウト(黒ビール)のように、どんな飲み物でもきめ細かな“極上泡”のオリジナルドリンクに変えてしまう。

これ、市販の炭酸水メーカーと何が違うかといえば、二酸化炭素でガスを送り込むだけでなく、窒素も注入できるという点。炭酸はシュワシュワと弾ける泡だが、窒素が作り出す泡は、よりもったりクリーミーきめ細かい

これを「ナイトロ」と呼ぶ。

©Makuake
©Makuake

ナイトロといえば2017年、「スターバックスコーヒー」がコールドブリューをナイトロで提供した「ナイトロコーヒー」が記憶に新しいが、あれを自宅で再現できるというわけ。

ナイトロと炭酸、性質の異なるふたつの泡を上手に使い分けることで、見た目だけでなく豊かな風味も生み出せてしまう。たとえば前述のコーヒー、砂糖を使わないのにやわらかな甘さを感じさせる。さらにワイン。スパークリングとはひと味違った、スムージーな泡がアロマやフレーバーをどう変えてくれるのか……これはやってみてのお楽しみ

普段のお酒をナイトロ化してオリジナルのカクテルに仕上げれば、自宅でカフェ&バー気分を味わえる。また、電気不要のためアウトドアでの“泡体験”も悪くない。

応援購入サービス「Makuake」ではすでに早期割引にて販売が始まっている。ボトル本体にガスカートリッジ20本(ナイトロ、炭酸各10本ずつ)セットになって2万8480円。この辺りが人気のようだ。

『サプライズボトル』

【購入ページ】https://www.makuake.com/project/surprisebottle

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
ラテアートのようにスキルを競い合うほど進化したカルチャーにはならないかもしれないけれど、「泡」を媒体として飲む人同士をつなぎ合わせる「ビアアート」に、“ノ...
水出しコーヒーメーカーには、ドリッパータイプ、ポットタイプ、パックタイプがあるなかで、一歩抜きん出た機能を持ったのが「リヴィーズ電動水出しコーヒーメーカー...
西伊豆の海底15メートルで半年間熟成させる海底熟成ワイン「VOYAGE」。今回は、ワインに加え、日本酒、梅酒、さらにはアラビカ種のコーヒー豆も!
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
千葉県の飲食店「珈琲とワインのある暮らし25」から登場したのは、ワインの甘味や酸味を表現したコーヒー豆。「お酒を飲めない時でも、ワインを飲んだ時のような、...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
コーヒーメーカーで作った料理を紹介するYouTubeチャンネル。タコスやピザ、スイーツまで。見るとだんだん中毒になっていく……!
誰が想像したでしょうか。きのこがモッサリ生えるコーヒーメーカーを。
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
ポルトガル北部、大西洋沿岸のヴィーニョ・ベルデ地域でつくられる「ポウコ・コムン」。アルコールをしっかり感じる厚みのある果実味と、フレッシュなアロマが特徴です。
「世界で飲まれる日本酒づくり」をコンセプトにしている、山形発の酒造メーカー「WAKAZE」。この度、パリに酒造を新設します。
新世界ワインから、日本産のワインを紹介。丹波ワインの「京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン」。いわゆる「日本ワイン」とはひと味どころじゃなく違うけど、め...
大好きなスイーツとお酒をかけ合わせた極上スイーツ。大人だけに許された「ほろ酔いスイーツ」をレシピとともにご紹介!
目覚まし時計とドリップ式コーヒーメーカーが一体となった「The Barisieur」。いよいよ国内販売へ。
新世代のラグジュアリーライフスタイルホテル「東京エディション虎ノ門」が今月20日(火)、東京・神谷町の「東京ワールドゲート」に正式オープンした。
“あったらいいな”を実現する、いま話題の最新ガジェットを3つ紹介。
日本酒の温度帯の変化を自在にコントロールする「酒器」と「冷温機」のセットアップが登場。
お店で提供しているようなペアリングや日本酒のアレンジは、自宅で簡単に再現できる?
先月発売された「ワイングラスで飲む純米大吟醸6蔵」は商品名が示す通り、純米大吟醸で揃えた日本酒はどれもフルーティーで香り高くワインのようにグラスで愉しめる...
「押すだけで、最高のコーヒーと紅茶を淹れる」。コーヒー好きにとってはそんな夢のような話をモットーに作られた"FLASK"。このフラスコ型のコーヒー&ティー...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
「日本酒は体にいい」古くからそう言われてきたように、米と水からつくられるお酒には、日本酒由来の成分があります。「shu re」はそこに着目。