あの「ロボットバーテンダー」が移動式に!

以前に取り上げた、ロボットバーテンダーを覚えていますか?

すでにキャリアは4年目に突入。世界中の都市をまわり、120万回もドリンクをサーブしています。

このヒットに気をよくしたのか、このロボットを開発した「Makr Shakr」が新しいロボットバーテンダーを企画中。下の完成予想図をみるとわかりますが、フードトラック型というのが最大の特徴です。自動運転機能付きでアプリで予約すると出張してきてくれるそうですよ。移動式の無人バーですね。

この移動式バーが街中を走ることで、新たなコミュニティが生まれることが期待されています。確かに、普通のバーだと(特にひとりだと)ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。でも、これなら気軽に立ち寄れるし、閉鎖的な空間もないし、周りの人とコミュニケーションがとりやすくなりそう。

今年、開発が進められるとのことですが、日本でもいつか走ってくれることを願うばかりです。子どもより大人の方がテンションあがること間違いなしですね!

©Renderings by: Gary di Silvio (CRA) with Carlo Turati and Marco Conte (Makr Shakr)
©Renderings by: Gary di Silvio (CRA) with Carlo Turati and Marco Conte (Makr Shakr)
Top image: © Renderings by: Gary di Silvio (CRA) with Carlo Turati and Marco Conte (Makr Shakr), A project by CRA-Carlo Ratti Associati with Makr Shakr
他の記事を見る
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
なにやらムーディーな雰囲気の中、立ち飲みを楽しんでいる人たち。これがまさか、トラックの荷台に広がる空間だとは…。このトラックの正体は、移動式クラフトビアバ...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
本物のお酒が入ったBoozy Soaps。一つひとつ手作りされていて、バーボン・ウイスキーなどのお酒のほか、ローズマリーの葉やクランベリーの種といった天然...
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...
水面に浮かぶフローティングテント「Shoal Tent」で、より非日常を感じてみるのはどうでしょう。テント床面はゴムボートのように空気を入れて膨らませる仕...
移動式チャペルで、 新郎新婦の希望に沿った 結婚式を実現したい!結婚式。新郎新婦にとって門出となる特別な日。であると同時に、その家族友人にとってもかけがえ...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...