あの「ロボットバーテンダー」が移動式に!

以前に取り上げた、ロボットバーテンダーを覚えていますか?

すでにキャリアは4年目に突入。世界中の都市をまわり、120万回もドリンクをサーブしています。

このヒットに気をよくしたのか、このロボットを開発した「Makr Shakr」が新しいロボットバーテンダーを企画中。下の完成予想図をみるとわかりますが、フードトラック型というのが最大の特徴です。自動運転機能付きでアプリで予約すると出張してきてくれるそうですよ。移動式の無人バーですね。

この移動式バーが街中を走ることで、新たなコミュニティが生まれることが期待されています。確かに、普通のバーだと(特にひとりだと)ハードルが高いと感じる人もいるでしょう。でも、これなら気軽に立ち寄れるし、閉鎖的な空間もないし、周りの人とコミュニケーションがとりやすくなりそう。

今年、開発が進められるとのことですが、日本でもいつか走ってくれることを願うばかりです。子どもより大人の方がテンションあがること間違いなしですね!

©Renderings by: Gary di Silvio (CRA) with Carlo Turati and Marco Conte (Makr Shakr)
©Renderings by: Gary di Silvio (CRA) with Carlo Turati and Marco Conte (Makr Shakr)
Top image: © Renderings by: Gary di Silvio (CRA) with Carlo Turati and Marco Conte (Makr Shakr), A project by CRA-Carlo Ratti Associati with Makr Shakr
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
純米酒からピュアなアルコール分だけを抽出する、「低温浄留」という独自の特許製法によってつくられた「浄酎」に無農薬レモン「ミカドレモン」の皮で香り付けした新...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「VANTERTAINMENT FES vol.0」は、滞在場所もエンタメブースも、車中泊仕様のバンで完結する完全移動式テーマパーク。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
究極の納豆ごはんを追い求め、全国にあるおいしい納豆の発掘をする納豆ご飯専門店「令和納豆」が、オンラインショップを開設。全国から取り寄せた国産納豆の人気商品...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...