ビールを片手に、ペダルをこぐ!ハンガリーの「移動式ビアバー」

つい最近、知人がFacebookに投稿した動画に目が釘付けになりました。映っていたのは、カウンター席に座ってペダルをこぎ、街中をスイスイ進む大人たち。しかも、片手にはビールが!思わず、何度も再生しちゃいました。

そこは、ハンガリーの首都・ブダペスト。どうやらこの移動式ビアバーは、9年ほど前から営業しているらしい。あまりに気になりすぎて、運営会社のひとつ「Beers on Wheels」にコンタクトをとり、いろいろ聞いてみました。すると、以下4つの理由から、この街を訪れたからには「must goな存在」だという結論に達したのでした。

01.
観光もできて一石二鳥!

0b378d07a11dfb9ffb9816aedc64f49c8054e86c

Beers on Wheelsの移動式ビアバーは、英雄広場やヴァイダフニャディ城横の公園内を走ります。有名な観光スポットを、ビール片手にまわれるのは嬉しい。夏には、この屋根が地味にありがたい気も。

ちなみに、同公園のすぐ横には、この街を代表する温泉・セーチェーニ温泉があります。たくさんこいで汗を流した後に行けば、最高に気持ちイイでしょう。もちろん、お酒が抜けた後にね。

02.
ダイエットも同時進行で
ビール腹を撃退

Eb3b317cb21191b81074d2dcdcb8dd78a9270ab2

乗り物の前方にはドライバーらしき人物がいますが、彼は車体の操縦をするだけ。なので、原動力となるのは、あくまでも飲んでいるお客さんです。いやがおうにもこぎ続ける必要があるので、ビールはやめられないけどお腹も気になる、なんて人にはちょうどいいエクササイズかも。

03.
(人数次第ですが)
財布にもやさしい

F38ae3bc086f8c8867af28aac7dd041c672cde66

1時間or2時間のコースを選べて、乗った人数で料金を割るシステム。最大18人の乗車が可能で、もちろん多ければ多いほどお得。例えば2時間を18人全員で割った場合、1人あたり約1,450円(2017年7月現在)。この価格で、ひとりあたり3〜4杯飲める計算です。

04.
グローバルに交流できる

39944d683f3b25121f8abbc61c4fad3f9f18049f

なによりの特徴は、新たな出会いが期待できる点。動き出したら、あとは「ビールを楽しむ」という共通の目的に向けて一直線。途中席替えもできるようだから、いろんなバックグラウンドをもつ人たちと交流できるのでは。

ブダペストで外せない観光スポットは?東欧でオススメのビールは?お互いに情報交換すれば、より充実した旅になりそうですね。

Licensed material used with permission by Beers On Wheels Budapest
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
「Platio」が開発したのは、ソーラーパネルを搭載したベンチ。これだけ聞けば、大したことないと考える人もいるでしょう。でも、すでにブダペストの街中に置か...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
「Nadi X」は、足首と膝、お尻にセンサーが埋め込まれているヨガパンツ。
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
お茶は精神世界とつながっている。よくこんな表現がされますが、お茶を飲むことが私たちの創造力に磨きをかけてくれるという研究結果が出たようです。Valerio...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
海外旅行に行ったなら、その国の言葉で「こんにちは」「ありがとう」「ビールください」が言えれば、その旅は素晴らしいものになるでしょう。さらに「乾杯」まで言え...