ビールを片手に、ペダルをこぐ!ハンガリーの「移動式ビアバー」

つい最近、知人がFacebookに投稿した動画に目が釘付けになりました。映っていたのは、カウンター席に座ってペダルをこぎ、街中をスイスイ進む大人たち。しかも、片手にはビールが!思わず、何度も再生しちゃいました。

そこは、ハンガリーの首都・ブダペスト。どうやらこの移動式ビアバーは、9年ほど前から営業しているらしい。あまりに気になりすぎて、運営会社のひとつ「Beers on Wheels」にコンタクトをとり、いろいろ聞いてみました。すると、以下4つの理由から、この街を訪れたからには「must goな存在」だという結論に達したのでした。

01.
観光もできて一石二鳥!

Beers on Wheelsの移動式ビアバーは、英雄広場やヴァイダフニャディ城横の公園内を走ります。有名な観光スポットを、ビール片手にまわれるのは嬉しい。夏には、この屋根が地味にありがたい気も。

ちなみに、同公園のすぐ横には、この街を代表する温泉・セーチェーニ温泉があります。たくさんこいで汗を流した後に行けば、最高に気持ちイイでしょう。もちろん、お酒が抜けた後にね。

02.
ダイエットも同時進行で
ビール腹を撃退

乗り物の前方にはドライバーらしき人物がいますが、彼は車体の操縦をするだけ。なので、原動力となるのは、あくまでも飲んでいるお客さんです。いやがおうにもこぎ続ける必要があるので、ビールはやめられないけどお腹も気になる、なんて人にはちょうどいいエクササイズかも。

03.
(人数次第ですが)
財布にもやさしい

1時間or2時間のコースを選べて、乗った人数で料金を割るシステム。最大18人の乗車が可能で、もちろん多ければ多いほどお得。例えば2時間を18人全員で割った場合、1人あたり約1,450円(2017年7月現在)。この価格で、ひとりあたり3〜4杯飲める計算です。

04.
グローバルに交流できる

なによりの特徴は、新たな出会いが期待できる点。動き出したら、あとは「ビールを楽しむ」という共通の目的に向けて一直線。途中席替えもできるようだから、いろんなバックグラウンドをもつ人たちと交流できるのでは。

ブダペストで外せない観光スポットは?東欧でオススメのビールは?お互いに情報交換すれば、より充実した旅になりそうですね。

Licensed material used with permission by Beers On Wheels Budapest
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
「Platio」が開発したのは、ソーラーパネルを搭載したベンチ。これだけ聞けば、大したことないと考える人もいるでしょう。でも、すでにブダペストの街中に置か...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!もう2019年は過去のことですが、「ベスト・デスティネーション」に関しては終わっていないんですね。今回はヨーロ...
長時間の有酸素運動でなくたってOK。自宅で1日3分で出来る「脂肪燃焼トレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYou...
ハンガリー政府は、出生率の低下が深刻化したことを受け、不妊治療を無償化していく方針を発表した。
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
「トヨタ自動車」がウェブメディア『トヨタイムズ』にて、昨年現役を引退したイチローさんからの新入社員へ向けたメッセージ動画を公開。本来であれば入社式で流され...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
「リモートワークが苦手な人に聴いてほしいプレイリスト」をTABILABOの映像ディレクターが作成しました。
「KDDI」と「Facebook Japan」の共同開発による、リアル空間とインターネット空間を融合させた新たなショッピング体験「フューチャーポップアップ...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
好きなだけビールを注いで飲む。これを可能にしたのが「PourMyBeer」。専用カードをビアサーバーにタッチすれば、ロックが解除され、自分でビールを注げる...
イギリスで、ケロッグがブリュワリーとコラボしました。生まれたのは、「Throw Away IPA」と名付けられたビールです。廃棄されるはずだったコーンフレ...