ハンガリーが出生率の回復のため「不妊治療無償化」を目指す

今月9日、ハンガリー政府は首都ブタペストで開かれた記者会見において、不妊治療を無償化する方針を発表。その第一歩として、不妊治療に使用される医薬品の無償化を決定し、2月1日より実行される。

ここ10年間で出生率の減少が深刻化しているハンガリー。政府は、その解決策として不妊治療院が「国家戦略的に重要である」と説明し、先月、民間の不妊治療を専門とする6院の買収を発表。

併せて2月より、不妊治療に使用される医薬品の無償化も決定し、将来的に国営医療機関での不妊治療費用をゼロにする方針を示した。

また、オルバン・ビクトル首相は「家族の支援と子育てにできるだけ多くの資金を使うべきだ」とも述べ、すでに4人以上の子どもをもつ女性は所得税が免除される法案を通過させるなど、少子化対策にあらゆる手段を講じている。

ハンガリーだけでなく、ヨーロッパ諸国でも出生率の減少に対するさまざまな策が施行されており、同じく少子化問題がたびたび議論される日本が参考にすべき点は少なくないのかもしれない。

Top image: © iStock.com/alenaspl
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
ドイツの家具メーカーによるコロナ禍のブラックユーモアたっぷりなCM。「今ならベッド購入で9ヵ月後、もれなくベビーベッドも贈呈します!」の意味するところとは?
近年、不妊に悩むカップルは非常に増えてきています。不妊の原因は単にどちらか一方にあるということは少なく、妊娠をすることおいては、セックスをするタイミングも...
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
妊娠している9ヶ月の間、毎日、写真を撮り続けたのは、Jasmine Katatikarn。彼女は、すべての写真をつなぎ合わせて45秒間のタイムラプスをつく...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...