ハンガリーが出生率の回復のため「不妊治療無償化」を目指す

今月9日、ハンガリー政府は首都ブタペストで開かれた記者会見において、不妊治療を無償化する方針を発表。その第一歩として、不妊治療に使用される医薬品の無償化を決定し、2月1日より実行される。

ここ10年間で出生率の減少が深刻化しているハンガリー。政府は、その解決策として不妊治療院が「国家戦略的に重要である」と説明し、先月、民間の不妊治療を専門とする6院の買収を発表。

併せて2月より、不妊治療に使用される医薬品の無償化も決定し、将来的に国営医療機関での不妊治療費用をゼロにする方針を示した。

また、オルバン・ビクトル首相は「家族の支援と子育てにできるだけ多くの資金を使うべきだ」とも述べ、すでに4人以上の子どもをもつ女性は所得税が免除される法案を通過させるなど、少子化対策にあらゆる手段を講じている。

ハンガリーだけでなく、ヨーロッパ諸国でも出生率の減少に対するさまざまな策が施行されており、同じく少子化問題がたびたび議論される日本が参考にすべき点は少なくないのかもしれない。

Top image: © iStock.com/alenaspl
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
Instagramが投票率アップを目指して立ち上がりました。
ドイツの家具メーカーによるコロナ禍のブラックユーモアたっぷりなCM。「今ならベッド購入で9ヵ月後、もれなくベビーベッドも贈呈します!」の意味するところとは?
近年、不妊に悩むカップルは非常に増えてきています。不妊の原因は単にどちらか一方にあるということは少なく、妊娠をすることおいては、セックスをするタイミングも...
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
妊娠している9ヶ月の間、毎日、写真を撮り続けたのは、Jasmine Katatikarn。彼女は、すべての写真をつなぎ合わせて45秒間のタイムラプスをつく...
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
アプリと専用キットを使いスマホで精子を撮影するだけで、濃度や運動率をセルフチェックできるサービス「Seem(シーム)」が、10月1日からAndroid版ア...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
みなさん、ベンのトピックスにおかえりなさい!もう2019年は過去のことですが、「ベスト・デスティネーション」に関しては終わっていないんですね。今回はヨーロ...
一匹の野良犬が施設に拾われました。名前は、Krusty Kristyちゃん。毛が抜け落ちるほどひどい皮膚炎に苦しんでいた彼女は、里親が見つからず殺処分され...
WHO(世界保健機関)は、キューバがHIVと梅毒の母子感染を“撲滅した”と発表した。これは世界初の事例となる。具体的には、10万人の出生数に対して、感染者...
「Platio」が開発したのは、ソーラーパネルを搭載したベンチ。これだけ聞けば、大したことないと考える人もいるでしょう。でも、すでにブダペストの街中に置か...
「Graphpaper(グラフペーパー)」の「Solotex Taffeta Down Jacket」の紹介です。
寒い季節は、身体が冷える影響で「生理痛」が重くなってしまう人が増加。そこで「生理痛軽減」に関するアイテムや工夫をいろいろ集めてみました。
がんとの闘病生活を続けるScintillaさん。抗がん剤治療で、髪の毛のほとんどは抜け落ちることに。だけど、ある1人の美容師のおかげで、生きる気力を取り戻...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
米メディア「Collective-Evolution」でライターArjun Walia氏が紹介するこの記事は、近年がん治療に「医療大麻」が有効であるという...
アメリカの高プロテインバー「SOBAR」はアルコール吸収率をカットするために開発された商品。その驚きの効果とは?
洋食屋の定番、ビーフシチューのハンガリー版「グヤーシュ」を知ってますか?ハンガリーの農民や牧畜民のあいだで親しまれてきた、牛肉と野菜たっぷりのスープです。...
米国では、8組に1組のカップルが不妊症に悩まされているようだ。そして、多くの女性は、不安、抑うつ、欲求不満、そして、孤独感に苦しんでるのだとか。最近、そん...