ブダペストで「大人の遊び場」といえば廃墟のバー

「ドナウの真珠」と称される、ハンガリーの首都ブダペストは、セーチェニ温泉があることで有名です。他にも世界一美しい国会議事堂やヨーロッパ有数のオペラ劇場があり、上品で美しいイメージがある街です。

ところが、若者たちで連日賑わっている遊び場となると、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟のバー。ここ「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、廃墟となって放置されていた集合住宅を改修したもの。

中に入ると各部屋にバーカウンターがあり、中庭にはメインホールが。しっぽり飲みたい人も賑やかに飲みたい人も楽しめる場所。

改修したとはいえ廃墟。外装も内装も経年劣化しボロボロです。落書きがそこら中にあって、薄暗い店内はちょっぴり不気味に見えます。でもそれが、悪いことを共有する秘密基地みたいで若者たちのテンションをあげるんでしょうね。

いいなぁ……。こんな場所でハロウィンパーティなんかしたら楽しそう!

Reference: Szimpla Kert
Top image: © 2018 Anna Honfi
無人運転を想定した、ブダペスト地下鉄1号線用の新車両デザインです。
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
東欧の秋がこんなにも美しかったなんて──と思わずため息をついてしまった、ブダペストの写真がある。燃えるような赤、オレンジ、黄に染まった木々が街と調和してい...
「Platio」が開発したのは、ソーラーパネルを搭載したベンチ。これだけ聞けば、大したことないと考える人もいるでしょう。でも、すでにブダペストの街中に置か...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
メルボルンにある廃墟。取り壊される前に、壁に女性の悲しげな顔を描いたメルボルンのアーティスト。すべてのものには“寿命”があり美しさは永遠ではないということ...
“廃虚の女王”として名高い『摩耶観光ホテル』、通称:マヤカンに合法で近づけると話題の「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」。摩耶山の歴史と信仰の跡、そしてかつ...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
ハロウィンを味わう暇もなかった人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは、海外のホラー映画に出てくるような洋風廃墟の世界へ遊びに行くのはどう...
日本でも、地方をドライブしていると“かつてはガソリンスタンドだった”ような場所をよく見かけます。でも、ここは地方ではなくロンドン。ホワイト・シティ地区にあ...
“廃虚の女王”として名高い『摩耶観光ホテル』、通称:マヤカンに合法で近づけると話題の「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」。摩耶山の歴史と信仰の跡、そしてかつ...
不気味な色をしたドリンク。これらはすべて、化学をテーマにカクテルを提供するバー「Viscocity」で飲めます。
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
クリスマスが近づくと見たくなる映画ってありますよね。今度からそのラインナップに、H&Mのショートフィルムが仲間入りをするかもしれません。なぜなら『ダージリ...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...
ロンドンの「テート・モダン美術館」は、世界でも有数の近現代美術館。充実したコレクションが入場無料で見られる、アートファンにとってはある種“聖地”のひとつ。...