今までにない遺構写真集「世界の美しい廃城・廃教会」が11/19に発売

ツァレヴェッツ要塞(ブルガリア)、ガイヤール城(フランス)、ヴィレール修道院(ベルギー)、ウィットビー修道院(英国)、カウディリャ城(スペイン)。

これらは、11月19日に刊行された写真集「世界の美しい廃城・廃教会」の中で紹介されている場所の一部。

本書では、世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構が、有名無名を問わず取り上げられており、いわゆる廃墟写真集とは一味違う「幽寂」の世界を楽しむことができる一冊になっているという。

ツァレヴェッツ要塞(ブルガリア)
©2020 株式会社パイ インターナショナル
ガイヤール城(フランス)
©2020 株式会社パイ インターナショナル
ウィットビー修道院(英国)
©2020 株式会社パイ インターナショナル
カウディリャ城(スペイン)
@2020 株式会社パイ インターナショナル

世界遺産に登録されているようなスケールの大きな歴史的遺構から、どのような経緯で打ち捨てられたのかわからない小さな廃教会まで、どのページを見ても世界各地の美しい遺構ばかり。

その朽ち寂れ、静かに佇む建造物から、往年の栄華を想像するのもいいかもしれない。

ダークファンタジーな世界を夢想するのも面白いかも。

いつか現地へ行けることを夢見るのだって、もちろんありだ。

各々が、さまざまな楽しみ方を発見してみてほしい。

世界の美しい廃城・廃教会(パイ インターナショナル )
©2020 株式会社パイ インターナショナル

「世界の美しい廃城・廃教会(パイ インターナショナル )」

【購入サイト】https://pie.co.jp/book/i/5437/

Top image: © 2020 株式会社パイ インターナショナル
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
タイ大手シーフード食品加工会社「Thai Union Group」が、植物由来の海老を「天ぷら」にして発売することを発表した。数ヵ月以内には売り出すという。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「思いっきりメイクやオシャレを楽しめるマスク」を目指して開発された「BDP mask for make up」(税込2,790円/2枚入り)が、3月2日(...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...