水着の少女たち。

 

「個性って言葉、聞きあきちゃった」

って、最近、思うんです。あまりにも多用されすぎているし、もう言われなくてもわかっているよ、って。だからでしょうね。この、スクール水着の少女たちに惹かれてしまったのは。

 

集合としての「強さ」と「美しさ」

6338814121345024

ここで紹介するのは、フォトグラファー横浪修さんの写真集『MIZUGI』。フランスとスウェーデンを拠点とする出版社「LIBRARYMAN」の季刊写真集プロジェクト「Seasons Series」の一作目(Spring)として、3月28日に刊行される新作です。

668261766345523253712675112222724931439237791744

横浪さんは、かねてから「個」と「集合」に焦点をあてた「Assembly」シリーズを制作しており、『MIZUGI』もその延長として撮り下ろしたのだとか。今回、人の体温や湿度といった生命力を表現する目的で、水着をテーマにしたといいます。

個として、集合体として

6256291559243776

個が熱狂的に取り沙汰されるいまの時代だけれど、とはいえみんな、どこかしらの集合には属しているわけで。極端なはなし、社会という集合の一員であるわけで。

個を尊重するのはとてもたいせつなこと。ただ、時々でいいから、集合の一員としての自分に思いを馳せる時間があっていいのかも、なんてことを、この作品を通して、あらためて考えたのでした。


さて、写真集の発売を記念して、3月31日(土)に横浪さんとブックデザイナー祖父江慎さんとのトークイベントが青山ブックセンター本店で開催されるそう。当日参加もOKみたいなので、気になる方は、ぜひ足を運んでみてください。

 

<開催概要>
『MIZUGI』(LIBRARYMAN) 刊行記念 横浪修 × 祖父江慎 トークイベント
日程:2018年3月31日 (土)
時間:14:00~15:30(開場は13:30)
料金:1,350円(税込)
定員:110名
会場:青山ブックセンター本店大教室
HP:http://www.aoyamabc.jp/event/mizugi/

 

Licensed material used with permission by twelvebooks
「こんなに透けちゃってていいの!?」と見ているコチラが心配したくなる水着が登場していた模様!…が、先に言っておくと、どうやらコレ、色めき立つ男性陣の期待に...
水着の季節に気になるのがアンダーヘアの処理。欧米人はアンダーヘアーを処理することは常識で、女性のみならず男性も手入れしている。海外では、アンダーヘアーを完...
現在、ヌーディストとして世界を旅するベルギー出身のカップル。彼らが服を脱ぐようになったのは、日本では疑問に思うことのない、湯船では水着を着ないという経験を...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
62羽の、イケメン鶏だけを撮影した結果。新たな世界の扉、開かれる。
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
〈SPEEDO(スピード)〉と〈NEUTRALWORKS.(ニュートラルワークス.)〉がコラボした「ウォータープルーフポーチ」が便利です。本来の用途は水着...
浄土真宗本願寺派が開く、これから社会に出ようとする10〜20代のための新しい学びの場「スクール・ナーランダ」。そう聞くと、なんだか荘厳で、参加するにはかな...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
女性のありのままの美しさを引き出すことを得意とするフォトグラファー・花盛友里さん。そんな彼女の最新作となる写真集『寝起き女子 girls in the m...
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
このスケボー少女の名前は、Rayssa Leal。まだ、9歳ながら、すごいトリックを決めるんだとか。彼女は、スケボー妖精との異名を持っていて、あの伝説のス...
Instagramのおそろいの服を着た写真をたくさん載せている女の子とお母さん。笑顔溢れる表情の裏にはたくさんの苦悩があるのです。Finelyちゃんは15...
先日発表されたばかりの「The iPhone Photography Awards」は、スマホで撮影した写真のみがノミネート可能。そのクオリティの高さに、...