「廃墟」は砂漠だとこうなる

アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。

かつては、ダイヤモンド採掘により栄華を極めた街。しかし、第一次世界大戦後にダイヤモンドの価格が下落したことと、より大きな採掘地が他に発見されたことによって徐々に衰退の道を歩み始めたという。

そして1954年、
街は完全に放棄された

© Romain Veillon

ただし、以下の写真を見てもらえればわかるが、その様は私たちがイメージする廃墟とは異なる。

違和感の正体は「砂」。ここが砂漠であるところがポイントなのだ。

© Romain Veillon
© Romain Veillon
© Romain Veillon
© Romain Veillon
© Romain Veillon
© Romain Veillon
© Romain Veillon
© Romain Veillon
© Romain Veillon

光が溢れ、ゴーストタウンと呼ぶにはあまりにも明るい。ここも面白さだろう。

撮影したのはRomain Veillon氏。彼の写真集『Ask The Dust』には、コールマンスコップ以外にも多くの廃墟が収められている。

Top photo: © Romain Veillon
Reference: Romain Veillon

関連する記事

若者たちで連日賑わう遊び場「Szimpla Kert(シンプルケルト)」は、ジドー・ネジェドというユダヤ人街にある廃墟バー。廃墟となって放置されていた集合...
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...
多くの人の帰る場所だった廃墟マンション「Burnham Beeches」。Roneというオーストラリアのストリートアーティストは、人の温かさを失ったマンシ...
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
戦前、神戸市灘区の摩耶山中に建てられた「摩耶観光ホテル」。その独特の廃墟美から「廃墟の女王」と呼ばれ、多くの廃墟ファンを持つこの建物を保存しようと、NPO...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
4月9日、米国発のスタートアップ「Aero Farms」は、アブダビ投資事務所(ADIO)のバックアップのもと、アブダビに世界最大級の約8300平方メート...
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構の写真集が発売。世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨て...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
リラクゼーションを目的として建てられた「Glass House」。その名の通りガラス張りで、周辺に何もないからリラックスできます。スペイン南部に広がる砂漠...
メルボルンにある廃墟。取り壊される前に、壁に女性の悲しげな顔を描いたメルボルンのアーティスト。すべてのものには“寿命”があり美しさは永遠ではないということ...
もしも砂漠を旅するのならば、これなしにはまず生き延びれはしないでしょう。地平線まで見渡せてしまう乾いた大地で、お金なんて役には立ちません。結局、人間には「...
“廃虚の女王”として名高い『摩耶観光ホテル』、通称:マヤカンに合法で近づけると話題の「摩耶山・マヤ遺跡ガイドウォーク」。摩耶山の歴史と信仰の跡、そしてかつ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
日本でも、地方をドライブしていると“かつてはガソリンスタンドだった”ような場所をよく見かけます。でも、ここは地方ではなくロンドン。ホワイト・シティ地区にあ...
朽ちていくプランターと、育っていく植物を同時に楽しめるプランターです。
ハロウィンを味わう暇もなかった人もいるはず。せめて…と言ってはなんですが、今夜くらいは、海外のホラー映画に出てくるような洋風廃墟の世界へ遊びに行くのはどう...
サウジアラビアのアルウラ砂漠に建設されるホテル「Sharaan」のデザインが、10月27日に発表された。手掛けたのはフランス人建築家ジャン・ヌーベル。
結論から言うと、「ECOSIA」というドイツ発の検索エンジンを利用すれば、運営会社がアフリカや南米、東南アジアなどの森林伐採や砂漠化が進む地域に植樹をして...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた地球の裏側の、とある大砂丘ー。ブラジル北東部にある「レンソイス・マラニャンセス国立公園」。レンソイスとは...
廃墟となっていた建物に輸送用コンテナを一つひとつ積み上げて作られた、ベネズエラのカルチャーセンター。カフェやレコーディングスタジオ、イベントスペースなどが...
部屋の中央に、むき出しのサイロが…。そうなんですこの家、古くなった工場をリノベーションしているんです。改装したのは、家主でスペインの建築家のRicardo...