千一夜の贅を尽くす!砂漠にできる「オアシス・エコリゾート」が凄い(アラブ)

UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオープンに向けて着々とプロジェクトが進行中です。

同国といえば、豪華絢爛な施設の数々がしばしば話題に上がります。今回もさすがの見た目ですね。

砂漠のど真ん中に
星形のオアシスが現れる!

A67a0c4e3f89977b443f77d17425baa6e0e77786D88c866aef11dcc2a0f0a2b8c30b3bf144479d6c

デザインを手がける「Baharash Architecture」によれば、施設の屋根には15,000平方メートルに及ぶソーラーパネル。なかには、オフィスやスパ施設に加え、調査機関などが入る予定です。環境学者や動物学者を招き入れ、周辺環境の保護・保全活動を行うとも。

すべての部屋が
中央のオアシスにつながる

5e092cf015f4e786af3b6d000b2ca3706e4b27209c7c372b091ebb124483ef9eede7903758f22257396336b6696ebe1770c1f9d7fd37e6372cab9a20150f25e82dfdc4da4d38ae3a1b14104399b0905f

84室のスイートルームがある宿泊施設は、すべての部屋から中央にあるプールにアクセス可能。さらにフィットネスルームや、オーガニック料理が楽しめるレストランも用意されるそう。うーん、ゴージャス!

完成まで4年とそんなに先の話でもありませんが、砂漠のオアシスで贅を尽くすなんて、まるで「アラビアン・ナイト」。しかも、この未来的なビジュアルです。ここで過ごした想い出は、まさに“千一夜”語り続けるに相応しい体験になるのでは?完成が楽しみ!

Licensed material used with permission by Baharash Architecture
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。その解決のために、「Natio...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
なんてかっこいいアルバムなんだ! って思って、聞きはじめて最初の数秒でもっていかれた。
この考え、実は日本人とも繋がるところがあると思う。
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
やんばるのオアシスとも言われる、沖縄県大宜味村の「ター滝」。亜熱帯のジャングルを探検しているような気分になれます。海遊びとはひと味ちがうリバートレッキング...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
久々に胸にささった。伝説のロックバンドとして、今でも語り継がれるオアシス。その長編ドキュメンタリー作品に心を揺さぶられた。もちろん、三十代の頃、バンド名も...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...