「豪華さ」を感じないドバイの美術館

2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるのですが、同じようなドバイのラグジュアリーさを感じさせない外観です。

美術館の基調となる色は「白」。派手な装飾はなく、ただただシンプルなコンテナのような建築デザインです。展示されるのは現代アート。余談ですが、外観は同じ類の美術品を扱う「豊田市美術館」にも似ていますね。

オープニング展では、10の展示室のうちの1室を使い、日本人アーティストの塩田千春がドバイの伝統的な渡し船「アブラ」を使った作品をお披露目するなども。

さらに、「ジャミール・アートセンター」には図書館も併設。現代アートを知的に感じる次世代の「贅沢さ」がここにはありそうです。

Top image: © Mohamed Somji
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
値段相応かは飲まずして語れない!「黄金のカプチーノ」ドバイへ行くなら思い出に一杯飲んでみてもいいかも。
街中に忽然と現れる、巨大な白い布。よく見ると、すべてハンモックになっています。これは、ドバイのとあるエリアで見られる光景。この街が抱える問題を解決するため...
ドバイに新しくオープンした「Torno Subito Dubai」は、真っ青な海と空に映えるカラフルでポップなレストラン。ただのインスタ映え狙いの店かと思...
ドバイの海に浮かぶ「Carrefour Bites and More by the Shore」は、海上スーパーマーケットです。食品や飲料水など300種類...
世界中で人気の料理番組『マスターシェフ』に特化したレストランが、ドバイのホテル「Millennium Place Marina」にオープンします。メニュー...
日本でも出入国審査の際に顔認証ゲートを使えるようになり、待ち時間の短縮が進んでいる。ドバイ国際空港では、チェックインや搭乗手続きまでも簡略化する様子。
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
ドバイのナイトクラブ「Secret Room」。エントリーの際は指紋がID代わり。音楽のジャンルはヒップホップやR&B。AED10,000(約30万円)を...
この考え、実は日本人とも繋がるところがあると思う。
アラブ首長国連邦(UAE)のイメージは、とにかく規格外の豪華さや輝かしいゴールド。でも、フォトグラファーHussain AlMoosawiさんが撮る石油大...
ランボルギーニやフェラーリのパトカーが有名なドバイ警察ですが、今度はホバーバイクで出動です。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。