ルーヴルのDNAを受け継ぐ美術館がUAEに誕生

世界で最も有名な美術館と聞いて、多くの人が連想するのがパリ・ルーヴル美術館だろう。収蔵数は38万点以上。1793年の開館以来、毎年およそ800万人もの入場者数を誇る。

そんなルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極的に取り組んでいる。そのひとつが、アラブ首長国連邦に今月11日にオープンする「ルーヴル・アブダビ」だ。

フランス国外でルーヴルと冠されたのは初めてのことであり、開館前から世界の注目を集めている。

モスクをイメージさせる
存在感のある外観

1e5c7fba9a36cf7fee8876df4b5e4d2bc66194746a177e0b53dbe657ab1e6588061dbb41a4e94d65

白亜の壁、アラベスクをモチーフとしたドーム状の天井は、どことなくモスクをイメージさせる。

複雑に組み合わされた幾何学模様を特徴とする建築を設計したのは、フランス人建築家ジャン・ヌーヴェル。今年からパリの新しいランドマークになったパリ・フィルハーモニー・ホールをはじめとし、東京の電通本社、バルセロナのトーレ・アグバールなど存在感のあるデザインで名を知られる人物だ。

多彩な美術品が集結

6de1d3b65452ea9b80f83bae4387dad2886b38ef

ルーヴル・アブダビには、ルーヴルを筆頭に、オルセー美術館、ポンピドゥー・センター、ヴェルサイユ宮殿美術館、ロダン美術館などのフランスの国立美術館から多様なコレクションが貸与される予定とのこと。名だたる美術館からとなると、コレクションは時代も、制作された国も、多岐に渡ることになる。

8972c87d7f93b35c313ec0fd308aa1fc3d82947e051cf3e9cb3a9c403fc25e3b09008f1b81d6c181D31b9691c08afb432c1a60f546051d6cf7b13272Fb43ceecf79b6d3e6d1e749bd46ee86af6dae28f0a58edfdc971ac94eebfc2731c2accdc49ac4b6d53a8dbe09461b54c0c5427279bdf9cb1382994baE596d914101e651fdc98ba7f71af2b54e11c25fcFeaaafa46d06edee9e5a4eb93add81f3be451c2c

紀元前の古代彫像や装飾品、唐時代の中国の装飾箱や日本の水墨画、ルネサンス期の絵画からモンドリアンといった近・現代の作品までが集結することになる。この多様性こそが、ルーヴル・アブダビの最大の特徴となるとのことだ。

37259ce1b0e2cc3829bba31ca46205e9316ac9659ae989291c4bd1ca32ad0b464532adfb95cf536a4d1fd99cb1122ae43c499b26b091c546618f751042de8c32f51de97bbc18a1a5a1e9359b7eba98fc7440ab8d62309d0408d217d9678bee97caaac42c

アブダビで美術館巡り

A68db0f0fc692235c9878964d0b0c32af1360659

ちなみに美術館は、埋立地に建設されたサディヤット島の西端に位置するとのこと。この島には、グッゲンハイム美術館やザイード国立美術館なども建設される予定らしい。

「アブダビで美術館巡りしてくるよ」。そんな会話があたり前になる日もそう遠くなさそうだ。

Licensed material used with permission by Louvre Abu Dhabi
1989年、ルーヴル美術館中庭のナポレオン広場に設置された、建築家イオ・ミン・ペイによる「ルーヴル・ピラミッド」。当初、古典建築の前に近代的なモニュメント...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
5月21日にラトビア銀行が、蜂の巣型の5ユーロ「Honey Coin」を3,000枚発行しました。
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
アーティストであり、建築家でもあるPhilip Beesleyさんのアートは、たくさんのテクノロジー要素が盛り込まれたもの。それだけでなく、建築の未来も変...
マレーシア人のSaraswatiさんは、メイクをする時、普段から身に着けているヒジャブもフル活用するメイクアップアーティスト。折ったり結んだりして、自由自...
美術館って、うとうとしてしまう。座った途端に「待ってました」と重くなる瞼に逆らうのは、至難の技だ。すやぁ……と、眠りに落ちる様子を捕らえるためだけに、美術...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
スペインで絶対に訪れるべきスポットといえば、100年以上も建築中の世界遺産、サグラダ・ファミリア。しかしなんと、その設計者である鬼才ガウディが、初めて一人...
美術館に足を運んでは作品の前で裸体を披露し、一躍スペインの“お騒がせアーティスト”となっているエイドリアンさん。突飛なパフォーマンスに批判の声もだいぶ多い...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
愛媛県松山市に誕生した、「MINIMAL LUXURY」をコンセプトに据える「瀬戸内リトリート 青凪」。以前は美術館としてその一部だけが公開されていたが、...