ルーヴルのDNAを受け継ぐ美術館がUAEに誕生

世界で最も有名な美術館と聞いて、多くの人が連想するのがパリ・ルーヴル美術館だろう。収蔵数は38万点以上。1793年の開館以来、毎年およそ800万人もの入場者数を誇る。

そんなルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極的に取り組んでいる。そのひとつが、アラブ首長国連邦に今月11日にオープンする「ルーヴル・アブダビ」だ。

フランス国外でルーヴルと冠されたのは初めてのことであり、開館前から世界の注目を集めている。

モスクをイメージさせる
存在感のある外観

白亜の壁、アラベスクをモチーフとしたドーム状の天井は、どことなくモスクをイメージさせる。

複雑に組み合わされた幾何学模様を特徴とする建築を設計したのは、フランス人建築家ジャン・ヌーヴェル。今年からパリの新しいランドマークになったパリ・フィルハーモニー・ホールをはじめとし、東京の電通本社、バルセロナのトーレ・アグバールなど存在感のあるデザインで名を知られる人物だ。

多彩な美術品が集結

ルーヴル・アブダビには、ルーヴルを筆頭に、オルセー美術館、ポンピドゥー・センター、ヴェルサイユ宮殿美術館、ロダン美術館などのフランスの国立美術館から多様なコレクションが貸与される予定とのこと。名だたる美術館からとなると、コレクションは時代も、制作された国も、多岐に渡ることになる。

紀元前の古代彫像や装飾品、唐時代の中国の装飾箱や日本の水墨画、ルネサンス期の絵画からモンドリアンといった近・現代の作品までが集結することになる。この多様性こそが、ルーヴル・アブダビの最大の特徴となるとのことだ。

アブダビで美術館巡り

ちなみに美術館は、埋立地に建設されたサディヤット島の西端に位置するとのこと。この島には、グッゲンハイム美術館やザイード国立美術館なども建設される予定らしい。

「アブダビで美術館巡りしてくるよ」。そんな会話があたり前になる日もそう遠くなさそうだ。

Licensed material used with permission by Louvre Abu Dhabi
andmore
他の記事を見る
アラブ首長国連邦(UAE)の新たな観光スポット「Qasr Al Watan」。大統領官邸でもあるこの場所は、3月から観光客に開放されています。ツアーも組ま...
アラブ首長国連邦を構成する1つ、シャルジャに光り輝くモスクがあらわれました。位置としてはドバイから車で30分ほど移動したところにあります。
1989年、ルーヴル美術館中庭のナポレオン広場に設置された、建築家イオ・ミン・ペイによる「ルーヴル・ピラミッド」。当初、古典建築の前に近代的なモニュメント...
円盤のような丸い屋根が特徴的なカタール国立博物館の建物は、フランス人建築家ジャン・ヌーベルが手がけました。「ルーヴル・アブダビ」など数々の名の知れた建築物...
総工費約3380億円ともいわれる、UAE・アブダビのホテル『エミレーツ・パレス』。ホテルというより、その名の通り「宮殿」のような超豪華な施設は、宿泊者でな...
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
アラブ首長国連邦(UAE)のイメージは、とにかく規格外の豪華さや輝かしいゴールド。でも、フォトグラファーHussain AlMoosawiさんが撮る石油大...
アラブ首長国連邦のラアス・アル・ハイマという都市にあります。
アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。その解決のために、「Natio...
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
2015年に、ドバイにオープンしたコンテナモールがオープンした「BOX PARK」。ショッピングやダイニングが楽しめて、シネマも併設されています。
普段はカリフォルニアを拠点としているわたしですが、久しぶりに東へトリップしてきました。水に囲まれた街「シカゴ」は、日本から直行便で約12時間。1900年代...