えっほんとに?UAEの「水不足対策」に驚きを隠せない

アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。

その解決のために、「National Advisor Bureau Limited」というコンサル会社と提携して、驚くべき計画を打ち立てました。

南極の氷山を
引っ張ってくる?

水不足解消のために打ち立てられた計画とは、南極からアラブ首長国連邦まで、船で氷山の一角を引っ張ってくるというもの。

約1年間かければ、中東沿岸まで運んでくることができるというのです。

411d35deceb2ec4b9ab69930499bfce819abd8c0

南極と中東沿岸では気候があまりに異なるため、運搬している間に氷が溶けてしまいそうに思えます。しかし氷山はほとんどが海中にあり、また密度も高いため、理論的には中東沿岸の気候でも溶けることはないそうです。

88d2b13cf6ec8a0eb6fa35aed73d1fa48112fdd7

氷山を引っ張ってきたのちの処理を、国家アドバイザー局は以下のように計画しています。

1:氷山のブロックを砕く
2:飲料水に浄水する
3:大きな水槽に貯蔵、水処理プラントでろ過する

こうして、常に生活用水が国内に行き渡るシステムを構築するんだそうです。

水に困らない未来のために

国家アドバイザー局(NABL)のAl Shehi事務局長によると、山には平均して約20億ガロン(約75億リットル)以上の水が含まれていて、これは100万人が5年ほど過ごせる量なんだそう。

「これだけの量があれば、水不足に悩むことはなくなるでしょう。また氷山の存在が、干ばつが厳しい気候にも良い変化をもたらすのではと期待しています」

7756f15fa0d7c66c36c70cadb0fbf4680986cefe

2018年に始動する予定の「氷山プロジェクト」。もしうまくいけば、誰も水に困ることなく、中東の砂漠が緑に包まれる未来をもたらす可能性もあります。

さすがに壮大すぎてにわかには信じがたい話ではありますが、イノベーションとはいつも人の想像力を飛び越えて起きるものです。

Licensed material used with permission by National Advisor Bureau Limited
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、砂漠のオアシスー。アラブ首長国連邦・アブダビに位置する、世界最大の砂漠として有名なリワ砂漠を車で走り続...
世界の水のほとんどは海水だ。そのうち人間が利用可能な淡水はたったの数%ほど。しかも、そのほとんどが北極や南極で凍っている氷塊である。それだけ安全に利用でき...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
「まさか冗談でしょ?」信じられないような驚愕のニュースが「Elite Daily」で話題騒然となっています。なんでも、化粧を落とした新婦の顔を初めて目にし...
いま世界のいたるところで深刻な「水不足」が問題になっています。米・カリフォルニア州では大規模な干ばつが続き、地下水や貯水池の水が干上がり、危機的な状況に。...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
世界で初めて、消費者への「節水」を呼びかけるために生まれたエココスメがあります。売り上げの一部は、水不足に苦しむ地域への支援活動に使われている。きっとここ...
従来の対策は1980年に書かれた論文の内容をもとにしたもので、信頼性は高くないらしい。パスワードの変更も、良くないどころかむしろやめた方がイイとのこと。ハ...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
ロシアの写真好きが集まって結成された非営利団体「AirPano」は、ヘリコプターや飛行機、時には気球などに乗り、空中から高画質写真を撮影しています。世界中...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
アフリカ・ケニアのトサボでは、近年降雨量が激減し、野生動物たちが乾燥に苦しんでいるそう。そんなサバンナに「オアシスを作ろう」と奮闘している、ひとりの男性が...
生理用品を手に入れることができないという問題は、発展途上国だけの問題ではない。スコットランドも同じ。自治政府は、問題に直面している女性を救おうと、7月より...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
その顔には、「一体どうなってるの!?」と書いてあるかのよう。ドイツ人マジシャンのサイモンさんがiPadを使って繰り広げる手品に、チンパンジーのモナちゃんは...
深刻な干ばつが続く、カリフォルニア州。ロサンゼルスで8月10日、苦肉の策とも思える大胆な施策が実行された。まずは、以下の動画を見て頂きたい。いったい、何が...