地球上にある「飲水の量」が、小さすぎて衝撃的だった・・・

US Geological Survey(アメリカ地質調査所)」が公開した画像は、もし地球上にある水をボール型にまとめたら一体どのくらいのサイズになるか、を表現したもの。その小ささに驚きます。

地球上にある「飲水の量」 小さい地球上にある「飲水の量」 小さい

画像には、水色の球体が3つ。最も大きなものが、地球上にある全水量を現しています。直径は約1,380km。

2番目は、氷河や地下水などの量を示しており、直径273km(全体の2.5%)ほど。さらに、すぐに飲める淡水に限った3番目の球体は直径約56km。全体の1.2%にあたります。いかに貴重な資源であるかがより明確になり、使用できる水の量を具体的に考えさせられるとあって話題に。

デイリー・メール」紙は、2025年には人口の3分の2が水不足に遭うとの「WWF(世界自然保護基金)」の予測を紹介。

国道交通省」に掲載されている「国際連合教育科学文化機関(UNESCO)」の発表によれば、1950〜1995年にかけて人口は約2.25%増加。対して、水の使用量が約2.74倍に増えており、その需要量が供給量に急速に迫りつつあります。

「earth puzzle(地球パズル)」には専用のボードがありません。北や南といった方角を気にせず、自由に「自分だけの地球」をつくることができます。通常...
地球が誕生し、多くの生命が産声をあげ進化する鍵となった「水」。そもそもが神秘性の塊であるけれど、そこに現代の最先端テクノロジーがかけ合わさることで、地球に...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
地球上の約7割が海。「海水を真水に変える」それは、世界の技術者たちが、こぞって研究開発を進める分野のひとつ。ライターJoe Martino氏が「 Coll...
奈良県の老舗パンストメーカーが開発した「TSUMUGI」のレギンスは、虫除け、冷却、UVカットに優れ、夏を快適に過ごせるアイテム。
ベルギーのレストラン「Gust’Eaux」が、ちょっと驚きの取り組みを発表した。トイレの水を浄化し、飲料水として提供するというものだ。
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
世界中の人たちが急にベジタリアンになったら、どのような変化が起こるなどを科学的な考察も含め解説する動画を紹介します。今は、世界中の人口がベジタリアンなった...
「CAMP FIRE」にて支援募集中の持ち運び可能なモニター「TRIO」なら、手持ちのノートPCがトリプルディスプレイ化。テレワークでも生産性MAXで作業...
世界中にファンを持つ雑誌『ナショナル・ジオグラフィック』は4月22日のアースデイを記念して、表紙がAR仕様の特別号を刊行した。インスタグラムを通して体験で...
インドネシア・スマトラ島。豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて救...
「Mostoles Balompie」というスペインのサッカークラブが「Flat Earth FC」に改名しました。日本語にすれば、「地球平面FC」ってと...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
2015年7月23日、NASAは地球と非常に近い環境を持った惑星を発見したとの発表を行いました。「Kepler-452b」と名付けられた惑星は、太陽系外で...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
デザインにもこだわった今年イチオシの風鈴を、音も合わせて紹介。第六弾は、山形・鋳心ノ工房発、「鉄」の置き型風鈴。950年以上の歴史を持つ伝統工芸でありなが...
無料でお水をもらえるレストランやカフェ、公共施設などが探せるアプリ「MyMizu」が、ラグビーW杯開催とグローバル気候マーチ開催に合わせ、9月20日にiO...
アラブ首長国連邦(UAE)は、世界でも特に水不足が深刻な国。ここ最近は干ばつの影響もあり、ますます大きな問題となっています。その解決のために、「Natio...
コロナに梅雨に、地球でのストレスはつきない……。そんな「地球疲れ」を感じているあなたに、宇宙からの癒やし映像を紹介。
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
2006年に公開された『不都合な真実』は、アカデミー賞を受賞して、世界中で大ヒットを記録したドキュメンタリー映画。気候変動、及び、地球温暖化をテーマにした...
このまままっすぐ地面を掘ったら、地球の裏側までたどり着けるんじゃないか?子供時代には、そんな純粋な疑問があったはず。WEBサイト「Antipodes」は緯...