ルーヴル美術館のピラミッドにあこがれ「ガラスの暖炉」が完成した

1989年、ルーヴル美術館中庭のナポレオン広場に設置された、建築家イオ・ミン・ペイによる「ルーヴル・ピラミッド」。当初、古典建築の前に近代的なモニュメントはふさわしくない、など賛否両論のセンセーショナルなお披露目となったが、それもいつのまにやら、パリのランドマークとしての位置付けに、落ち着いた。

なんて古い話を持ち出すのも、ルーヴル・ピラミッドの美しさに触発され、デザインした暖炉があるということを伝えたいがため。名前もそのまま「LOUVRE」だそう。

ガラスのピラミッドの中で
ゆらめく炎があったかい

これが、くだんのピラミッド型暖炉。「あれ?」なんて思わないで。
673枚のガラスはいくぶんコンパクトになったが、四角錐を形成する4枚のガラスにも、幾何学的美しさをどことなく感じるではないか。

台座の中心に灯る炎が、360度どの角度からも楽しめるというのもポイント。さらに言えば、どこへでも持ち運びができるポータブル暖炉だというのもおもしろい。

イタリアの暖房器具メーカー「BioKamino」は、バイオエタノール燃料を使った無煙暖房を専門に手がけている。このLOUVREもそう。燃焼させるのは体に有害な物質を出さないセラミックファイバーのみ。煙もすすも出ない次世代ヒーターとして注目されている。もちろん匂いも気にならない。

火を消すときは、付属のスティックでバーナーの開口部を閉じるだけ。

サイズは縦横74cm、高さは63cm。多少場所を占領するかもしれないが、LOUVREを囲むように人が集まってっくるリビングもすてきじゃないか。ガラスのピラミッドのなかでゆらめく炎を見ていたら、時間の流れもきっとゆっくりに思えるはずだ。

いまのところ参考商品のようで、公式HPからは価格をうかがい知ることはできないが、いつか都心のセレクトショップに並ぶ日が待ち遠しい。

Licensed material used with permission by BioKamino
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
Simone Crestaniさんが創る「ガラス盆栽」は、吹きガラスという製法を用いられ、優美な雰囲気を醸しています。ピンクに色づけされたものは、今の時期...
近頃よく目にする、世界の様々な街のタイムラプス動画。ここでは花の都・パリが舞台です。登場するのは、ルーヴル美術館や凱旋門など、いわば王道の観光スポットばか...
イギリスでは、ストレス解消を求めて、美術館に足を運ぶ人が増えるかもしれません。思いっきり汗を流せる運動でも、心をからっぽにできる瞑想でもありません。美術館...
2023年にオープン予定のベイルートの美術館「Beirut Museum of Art」。ポイントはなんといってもその独創的な外観。70ものバルコニーから...
外で食べるカレーっておいしい。そこで!庭園や公園を眺めながら食べられるおいしいカレーを集めました。弥生美術館・竹久夢二美術館に併設されているカフェ、夢二カ...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...
2018年11月11日にオープンした美術館「ジャミール・アートセンター」。ヴェルサーチが手がけたホテル「パラッツォ・ヴェルサーチ・ドバイ」の近くにあるので...
まるで「海に漂うクラゲ」のようなガラスのアートを制作したのは、現在、イタリアのルッカを拠点に活躍するアーティストDaniela Forti。溶けたガラスの...
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
アメリカのアーティストであるKit Paulsonさんは、手作業によるガラス細工で繊細優美な作品を作って公開している。骨やレースといったものだけでなく、マ...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
アプリ『Google Arts & Culture』に新しく追加された機能を紹介します。それは自分の顔に似た肖像画を自動でピックアップしてくれるというもの。
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
薄さやサイズの違うコップ、ガラス玉を通して見る世界。いつも見慣れた食材が、こんなふうに見えてしまう。
2015年10月25日、エジプト考古庁が新しいプロジェクト「ScanPyramids」を始動すると発表した。世界各国の最新技術を活用して、ピラミッドを傷つ...
『Double Glass Heater(ダブルグラスヒーター)』にはヒーター機能を有したガラスが使われているそう。ガラス自体が熱を発して、下から取り込ま...
エッフェル塔やサクレ・クール寺院、ルーヴル美術館、ビッグ・ベン…パリとロンドンを代表する観光スポットは、誰にとっても魅力的なフォトスポット。それらを写すだ...