ピラミッド型の家に暮らすのも、イイかも!

これは、メキシコのデザイナー、Juan Carlos Ramos氏が描いたモダンなピラミッド形住宅のコンセプト。ビジュアルインパクトがかなり大ですが、住み心地も良さそうで驚きます。まずは外観をチェック!

「要塞感」が半端じゃない。

8df9df1bc3d59405a5b9df9ef051871488426b331b87f51d7eb36a671c70da23afd665358d7f613eFb29ee90a1f36d625030da9603c616aed5d30062F5a95f6329d7ee56b568926ef6d4df57bf8dbae9

秘密基地から、最先端技術を詰め込んだ車でも出てきたかのようなSFっぽさ。しかも、こう見るとシンプルな3階建の住宅のように見えますが、外観からは想像がつかないほど複雑なフロア構造になっているのです。

以下、間取りを見てみましょう!

予想外の間取りビックリ

3d81b8a9daadb0607f184d225cdb299fc99c378548ba84258a27b67105acadbd8d0ce37f97e2e9429ae4499b6bb439f8510b4389a690dd04f43db873

どんな内観になっているのか想像するだけで頭がこんがらかってきますが、内訳はこちら。

1.エントランス
2.リビング・ダイニング
3.キッチン
4.レコーディング・スタジオ
5.通路
6.ガレージ
7.通路
8.バスルーム(プール付き)
9.ベッドルーム
10.バルコニー
11.ベッドルーム
12.ライブラリー

各階にはそれぞれ下記のように部屋が分かれています。

C9f0b5c1e0cac11b0eedbc51e4d4224706517add

ありそうでなかった発想ですよね。それに、予想以上に快適そうじゃありませんか!4人住まいを想定して設計されており、そのスケスケ感にはドキドキするものの、こんな選択肢もアリかも?と思わせてくれる魅力があります。カーテン選びには困っちゃいそうですけど。

Licensed material used with permission by Juan Carlos Ramos Figueroa
1989年、ルーヴル美術館中庭のナポレオン広場に設置された、建築家イオ・ミン・ペイによる「ルーヴル・ピラミッド」。当初、古典建築の前に近代的なモニュメント...
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
2015年10月25日、エジプト考古庁が新しいプロジェクト「ScanPyramids」を始動すると発表した。世界各国の最新技術を活用して、ピラミッドを傷つ...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
愛知県・瀬戸市にきたら、だいたい宿泊先は「瀬戸パークホテル」になる。そもそも街中に泊まれるホテルが少ないのも理由のひとつだが、深川神社の境内のなかにあると...
建築基準法みたいは話をいったん無視すれば、ですけど。こんなカンタンに家が建ってしまうのか、とオドロキでした。
すぐれた住宅では、建築家たちはさまざまな設計の工夫をこらして、ガラスという素材の美しさとプライバシーをめぐる課題を克服しています。今回は、Houzzに掲載...
デザインスタジオ「town.and.concrete」が発案した木を伐採せずに建てられるシリンダー型ハウス。フランスのリヨン近くにある森に建てること考えた...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
この家、外から見るとなんだか小さくて狭そうですよね。実際、床面積はたったの18㎡(約9.8畳)。でも中に入ってみるとびっくり、とっても快適な空間が広がるタ...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
東京都杉並区でユニークな家を発見しました。びっくりするくらいにうすいんです!この住宅を設計した水石浩太建築設計室に連絡をすると、その理由が分かりました。な...
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。
「早起きは三文の徳」など、早寝早起きをする人は働き者でデキる人で、夜更かしをする人は不摂生で仕事もデキない人、というイメージはいまだに根強いものがあります...
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
ほんのちょっとした悩みを解決する「パンの家」を紹介します。
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
家の真ん中にシンボルツリーを植樹したデザインハウスを目にしたことがある人でも、このツリーハウスのインパクトは絶大のはず。なぜなら、こちらは自然の木々が生い...