メキシコ

ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
カメラの前で老若男女、メキシコ人が揃いも揃って「変顔」に挑戦しました。くしゃ顏、キス顏……ん、でもちょっとヘン?もうお分かりのとおり、世界で最も辛いと言わ...
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカン...
西オーストラリアにある「レイク・ヒリアー」やセネガル共和国ダカール州にある「ラック・ローズ」と同じように、ローズ・ピンクに色めく湖がメキシコにあります。こ...
まだまだ肌寒い日が続く、今日この頃、いかがお過ごしですか? 現実逃避じゃないけれど、ついつい暖かい国に思いをはせてしまったり……しますよね。そんなとき、ぴ...
もしかしたら、これは史上最高の“絶叫”レストラン誕生の予感。いまだかつて、ここまでスリリングな飲食店があったでしょうか?もちろん、絶景付きなことは言うまで...
世界各地に点在する「ピンク・レイク」。なぜこうなっているのか?バクテリアや塩分などの影響で色づいていると言われており、そこに太陽が当たるとこうやって見える...
ポイントは、豚バラ肉をりんごジュースベースの液に浸して一晩寝かすこと!
一本$80(約8,000円)〜$30,000(約300万円)のテキーラがあります。今ではセレブのパーティや映画の封切りパーティなどで振舞われており、富裕層...
毎晩のように熱戦が続いていますが、ここで取り上げたいのは今大会のことではありません。かといって2022年のカタール大会でもなく、その次の話。