メキシコにある
自然と「調和し過ぎ」な小屋

「あれは何だろう?」

一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸の田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。

小屋……といっても、中はホテルのロビーみたいに清潔感があり洗練されています。正面に壁を設けずバツグンの開放感。岩場を巧みに使い、半分ほどを囲んで造られているプールもあり、自然の中でリラックスできる感覚がより感じられそう。プールの水は、上空から見るとまるで岩場に湧き出た水のようです。

メキシコでリラックスといえばカンクンを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、こんな風に、小さな田舎町でのんびり過ごすメキシコ旅行もありかもしれません。海沿いの小さな町でゆっくり過ごしたい……そう思える場所です。

©2019 CDM | Casas de Mexico
©2019 CDM | Casas de Mexico
©2019 CDM | Casas de Mexico
Reference: Dezeen
Top image: © 2019 CDM | Casas de Mexico
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
以前まで、Facebookの検索バーに「Mexicans are」と入力すると酷い言葉がズラリ。それを変えたのがメキシコのビールメーカー。努力が実り、なん...
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
自然欠乏症候群。本来は、子どもたちが自然に触れる機会が少ないために起こってしまう、不眠などの症状を表します。とは言っても、大人にも当てはまるような気がしま...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
北極圏にあるスヴァールバル世界種子貯蔵庫が、完成したのは2008年。農作物が絶滅したときに備えて、現在は約98万の種子サンプルが保存されているんです。
ここで取り上げるのは空中写真家Tom Hegenさんの写真。彼はいかに人間が自然を破壊しているのかが分かる景色を撮影しています。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
人が美しいと感じる自然、もしかしたらそれは誰かが手を入れた人工的なものなのかもしれません。
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
意外にも世界的な都市部の近くにある水に浮く小屋。ロシアのモスクワの近くにある。電気も水もすべて自然でまかない、都市部での生活の疲労をデトックスできる。
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...