メキシコの高級リゾートに「20年間」泊まれるチャンスが!?

“カリブ海の楽園”と称されるメキシコ・カンクンを中心としたリゾート地。新型コロナウイルスによる影響で長らく閉鎖されていた同地域は、6月8日から観光業を再開しているが、訪れる観光客は大きく減少しているという。

そこで、同エリアで観光業を営む各社が協力して「#Come2MexicanCaribbean」というキャンペーンを開始。

なんと、このキャンペーンで選ばれた1名には、毎年2人でメキシコ・カリブ海沿岸にある高級リゾートホテル6日間過ごすことができる権利を今後20年間得ることができるというのだ。

滞在先として、カンクンコスメル島ムヘレス島などの地域にある4つ星5つ星のホテルが毎年用意され、また、都度利用できるギフト券も授与されるらしい。

キャンペーンに参加するには、TikTokInstagramを通して、メキシコのカリブ海に関連した写真やビデオにハッシュタグ「#Come2MexicanCaribbean」とタグ「@Come2MexicanCaribbean」を付けて投稿するだけとのこと。

それにしても、地上の楽園に20年も毎年通うことができるなんて、どれだけ幸せなことだろうか。

応募締切は11月9日までとなっているので、参加を考えている人はこのチャンスを逃すことがないように。

Top image: © iStock.com/YinYang
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

メキシコの公式観光ポータル「Visit Mexico」は、Instagramにメキシコの写真をアップロードし、もっとも「いいね!」を獲得した人に1年間の無...
メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...
観光促進、雇用創出、外国投資を目的に進められている、サウジアラビアの新プロジェクト「Amaala」。同国の北西の沿岸部に、新たなリゾートを建設するというもの。
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
車に直接連結できるカーテント「CAREX(カーレックス)」。
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
以前まで、Facebookの検索バーに「Mexicans are」と入力すると酷い言葉がズラリ。それを変えたのがメキシコのビールメーカー。努力が実り、なん...
メキシコの起業家のふたりが、ノパルサボテン(ウチワサボテン)だけを使ってヴィーガンレザーを作成することに成功した。
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
エルサルバドルの若者たちの更生などを間接的に支援できるサステナブルなトートバッグがクラウドファンディング「Fannova」で販売中。
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
不動産やホテル事業などを手がける「森トラスト株式会社」と世界117ヵ国にホテル事業を展開している「ヒルトン」は「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」の開業予定日を2...
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
「ロンギチュード 131°」は、エアーズロックを望むことができる言わずと知れたリゾート。昨年「The Most Romantic Hotels」にも選出さ...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
今年で2回目となる「EDC Japan」に先駆けて、去る2月24、25日に「EDC Mexico」が開催。従来のフェスとは異なる要素がふんだんに盛り込まれ...
2021年4月29日(木)に全国初となるETC専用のスマートIC直結の日本最大級複合リゾート「VISON」が三重県多気町にオープン。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
「Nowhere resort」は、Nowhere(世界中のどこにもないけれど)、Now-here(今、ここにある)をコンセプトにした、日常から一番近いリ...
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
米メキシコ料理チェーン「Chipotle Mexican Grill」が、アパレルグッズを販売。限定コレクションにはアボカドの種で染色したラインナップも。
アート作品「Teeter Totter Wall」が、ロンドン「Design Museum」の主催する「Beazley Designs of the Ye...
7月下旬、アメリカのニューメキシコ州とメキシコのチワワ州を隔てる壁に、シーソーが設置された。両国から参加した子どもや大人たちが交流を楽しんだ。シーソーは、...
旅行市場に大きな影響力を持つとされる米国の老舗旅行雑誌『トラベル・アンド・レジャー』が恒例の読者ランキング2020年版の結果を発表。1位に選ばれたのは、映...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...