メキシコの高級リゾートに「20年間」泊まれるチャンスが!?

“カリブ海の楽園”と称されるメキシコ・カンクンを中心としたリゾート地。新型コロナウイルスによる影響で長らく閉鎖されていた同地域は、6月8日から観光業を再開しているが、訪れる観光客は大きく減少しているという。

そこで、同エリアで観光業を営む各社が協力して「#Come2MexicanCaribbean」というキャンペーンを開始。

なんと、このキャンペーンで選ばれた1名には、毎年2人でメキシコ・カリブ海沿岸にある高級リゾートホテル6日間過ごすことができる権利を今後20年間得ることができるというのだ。

滞在先として、カンクンコスメル島ムヘレス島などの地域にある4つ星5つ星のホテルが毎年用意され、また、都度利用できるギフト券も授与されるらしい。

キャンペーンに参加するには、TikTokInstagramを通して、メキシコのカリブ海に関連した写真やビデオにハッシュタグ「#Come2MexicanCaribbean」とタグ「@Come2MexicanCaribbean」を付けて投稿するだけとのこと。

それにしても、地上の楽園に20年も毎年通うことができるなんて、どれだけ幸せなことだろうか。

応募締切は11月9日までとなっているので、参加を考えている人はこのチャンスを逃すことがないように。

Top image: © iStock.com/YinYang
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
観光促進、雇用創出、外国投資を目的に進められている、サウジアラビアの新プロジェクト「Amaala」。同国の北西の沿岸部に、新たなリゾートを建設するというもの。
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
「三井不動産」が展開する全国12都道府県38施設のホテルサブスクリプションサービス「サブ住む(すむ)」の提供がスタートした。
以前まで、Facebookの検索バーに「Mexicans are」と入力すると酷い言葉がズラリ。それを変えたのがメキシコのビールメーカー。努力が実り、なん...
メキシコの起業家のふたりが、ノパルサボテン(ウチワサボテン)だけを使ってヴィーガンレザーを作成することに成功した。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
日々の暮らしの中で自然と健康を取り入れることを目指している「タニタカフェ」の有楽町店が、低カロリー、植物性たんぱく質が豊富な「大豆ミート唐揚げ」など人気の...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...