高級リゾートやレストランで採用されている「グラス」は、オフィスでも大活躍。

愛知県岡崎市内外の中小企業や起業家をサポートする仕事柄、地元の企業のプロダクトに触れる機会に恵まれています。

そのなかでも個人的に愛用している逸品、それが〈RayES(レイエス)〉のダブルウォールグラスです。

お気に入りのポイントは5つ。

1つめは結露しにくいこと。

ワークデスクの上にペットボトルなどを置くと、結露で書類やPCが濡れてしまうことってありますよね? 2層構造のこのグラスならその心配がありません。

2つめは保温機能。

構造的にドリンクの温度が持続するんですね。もちろん、蓋があるわけではないので、魔法瓶ほどの保温機能はありませんが、それでも今の季節なんか飲料の冷たさをキープしてくれるのはうれしいですよ。

3つめは形状です。

飲みくちは円形ですが、底は四角になっています。このスクエアが醸し出すスタリッシュな雰囲気が、オフィスをはじめとするワークデスク上で映えるんですね。グラスって一歩間違うと、悪い意味で生活感が出ちゃうアイテムだと思うんですが、こういうちょっとしたデザインが効いてます。ちなみに、この形を造るのはとても技術力が必要とされるそうです。

4つめはアクセサリー類の充実が挙げられます。

〈RayES〉からは、クリップ式チタンスプーンやボトムカバーなど、このグラス用のアクササリーがいろいろ発売されています。例えばシリコン製のボトムカバーをつければ、デスク上でも滑りにくく安定性が増します。アクセサリーによってアイテムに拡張性があるわけです。

最後、5つめはブランド力。

じつはこのグラスは、『星のや軽井沢』やミシュラン三ツ星のレストランなどで採用されているもの。オンラインショップのほか、高島屋などで販売されています。だからいい、とするわけではないんですが、その実力は折り紙付きと言っていいと思います。

私自身は、オフィスで使用していますが、サイズ展開も豊富なのでいろんなシーンで活躍しますよ。

秋元祥治/OKa-Biz センター長
立ち上げからOKa-Bizに関わり、岡崎市内外の中小企業、起業家をサポート中。ONOFF問わず、さまざまなプロダクトに触れる毎日。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

意外と困ってしまうワイングラス洗い。薄くて繊細だし、シャンパングラスなんかは細いのですごく洗いにくい。そんな悩みを解決する最強スポンジを発見。
デザインはジャスパー・モリソン、製作は松徳硝子という豪華な組み合わせによって生まれたグラスは、高級感のある佇まい。だけど、1個税込1,944円。とても控え...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
このグラスが、あなたに本音を語らせる。
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
リーデルは、オーストリアのワイングラスやシャンパングラスを扱うガラスメーカー。ソムリエからも圧倒的な支持を受けている世界最高のグラスだ。
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
大阪の北のほう、箕面(みのお)市の名物といえば、滝と紅葉と、箕面山のちょっとやんちゃなおさるたち。箕面市のローカルビール「箕面ビール」のオリジナルグラスは...
〈アデリア60〉の「ルック マグ」は、1960年代後半にコーラを飲むために作られた「コーラグラス」が原型。アンバーの高級感ある色やマグタイプという点で進化...
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
多くの人の「やるせなさ」あるいは「情念」がべっとりと染み付いたバリバリのディスプレイからつくったグラス
ヘッドセットに高速高解像度カメラが埋め込まれていて、ユーザーはディスプレイに映し出された画像を見ることができます。手持ちのコントローラーで、コントラストや...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
ベルサイユ宮殿は、ユネスコ世界文化遺産にも登録されている世界的に有名観光地。ですが、一部がホテルとレストランになると宮殿から発表がありました。下の写真を見...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
ワイングラス「Wino Sippo Glasses」には、ステム(脚)がなく従来のものに比べてサイズは一回りは小さい。さらに、ひょろりと伸びたストローみた...
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
空っぽでも十分イケてるけれど、ビールを注げばより味が出る。実はいま、そんなグラスの注目度がグングン上がっているようなんです。ビールが夕空を演出し、風景がノ...
底が丸みを帯びているから、まさにロッキングチェアのようにテーブル上でゆらゆら。一見すぐに倒れてしまいそうなこのデザインこそが、転倒を防止してくれています。
死ぬまでに一度は行っておきたい。そう思えるホテルが世界中にはいくつも存在します。ここで紹介するのもそんなホテルの中の一つ。タンザニアのペンバ島に存在する「...
テクノロジーの急速な革新によって、新たな可能性を切り拓いているAR(拡張現実)。「MAD Gaze」もまた、同じ技術を利用して生まれたスマートグラスです。
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
ワインって、もっと身近な飲みものって捉えた方がいい気がする。かしこまって飲んでも美味しくないって思うのは僕だけじゃないはず。ならば、この「Guzzle B...