とにかくヤバい!と噂のフェス「EDC Mexico」に行ってきた。

世界3大EDMフェス。音楽にあまり興味のない人でも、1つくらいは聞いたことがあるかもしれません。

「Ultra Music Festival」「Tomorrowland」、そしてここで取り上げる「Electric Daisy Carnival (EDC)」です。

今年で2回目となる「EDC Japan」に先駆けて、去る2月24、25日に「EDC Mexico」が開催。発祥国であるアメリカはもちろん、プエルトリコやブラジルなどでも開かれている同フェスですが、「中でもメキシコはヤバい!」との噂は、かねてから耳にしていました。

そこで、真相を確かめるべくメキシコシティへ!

世界的に有名なDJのプレイや、ステージの演出もさることながら、従来のフェスとは異なる要素がふんだんに盛り込まれていて、興奮が止まりませんでした。

そこらの遊園地にも負けない
本気のアトラクション

まずは、会場となった「Autódromo Hermanos Rodríguez」で、なが〜い列を作っていた「アトラクション」の紹介から。

会場内には観覧車やフリーフォール、回転ブランコが特設され、参加者たちはタダで楽しむことができました。しかも、そのクオリティは遊園地にも負けていません。

テンションが上がる音楽を耳にしながら体験するアトラクションは、とっても刺激的。少し踊り疲れた人たちは、気分転換としても使っていました。

色とりどりに輝くアートは
眺めているだけでもイイ感じ

「EDC」では、音楽だけでなくアート・インスタレーションを楽しめるのもポイントです。

これには、自然とテクノロジーをつなぐ架け橋になって欲しいという想いが込められているのだとか。

確かに、会場内の木々にもカラフルなスポットライトが当てられていて、普段は目にすることができない自然の一面を楽しめました。

会場全体がアート、と言っても過言ではないくらいのスケールです。

TiëstoやMarshmelloが
盛り上げるメインステージ

フェス以外の要素も特徴的ですが、やっぱり「EDC」は世界最高峰。

メインステージとなる「kineticFIELD」には、巨大なオブジェが置かれ、なんと高さは29m、幅は66mもあるそうです。

ちなみに、レーザーや炎を使った音楽に合わせた演出もあり、会場のボルテージは一気に高まっていきました。

このステージでは、TiëstoやMarshmelloなどの世界的に知名度のあるDJたちがプレイ。

オーディエンスたちは、周りなんて気にせずに、彼らの作り出す世界観を楽しんでいるようでした。

この熱量を日本でも!

「EDC Mexico」には、2日間で約23万もの人が足を運んだそうです。

冒頭でも少し触れましたが、2回目となる「EDC Japan」の開催も、5月12、13日に決まっています。

なんでも「TOP 100DJs」で1位と2位に輝いた、Martin GarrixとDimitri Vegas & Like Mikeが出演するそう。

あなたも、世界3大EDMフェスと言われる「EDC」の熱量を体感してみませんか。

Licensed material used with permission by EDC Mexico
他の記事を見る
1997年にロサンゼルスでスタートして以来、北中米を中心に世界各地で開催されている『EDC(Electric Daisy Carnival)』年間100万...
5月11日、12日に開催される「EDC Japan 2019」について主催の「インソムニアック」CEO・パスカーレ氏が語る!
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
「Dinner In The Sky」は話題になっていく中で他のサービスも展開し、今ではフェスに参加でき、サッカー観戦までできるようになっているんです。
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
今回取り上げるフェスが開催されるのは、「Montemor-o-Velho Castle」という城。ここはポルトガル政府が定める重要な遺産のひとつとして、1...
音楽フェスや各種企業プロジェクトなどに自身の作品提供を行っているDaniel Popperさん。スチールや木材、ロープ、トイレットペーパーの芯などを使って...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
木々で組まれたステージが独特の雰囲気を醸しているスリランカの音楽フェス「Atman Festival」。会場づくりに使用する資材は、開催エリアで調達したも...
「世界一クリーンなフェス」として高い指示を受けていたフジロックに、ある異変が......。フットウエアブランド「KEEN」が「FUJI ROCK FEST...
4月27日から3日間に渡り、伊豆半島で開催される「RAINBOW DISCO CLUB 2019」。
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
重厚感あるアルミニウムと真鍮のピンで構成された40ミリの立方体。「Infinity Cube」は、手のひらでパタパタと形を変える手持ちぶさた解消ツールです...
2度目の開催なるか!? 大ピンチのクラウドファンディング中、FRUEは5月20日のAM2時に“呼びたいアーティスト”を集めて夢のプレイリストをつくった。資...
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。