リアル体験を共有できる「音楽フェス」は、人間をしあわせにする(研究結果)

フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々からも同時にエネルギーを得ているから。じつはこうした相乗効果、数千年前から連綿と続く人間の習性なんだとか。

音楽フェスに行く人ほど
しあわせを感じている

集団で大いに盛り上がることは、ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールを減少させ、ストレス発散にもつながっていて、精神にとっても重要なこと。フェスに出向いて騒ぎまくる人は、まったく赴かない人に比べ多幸感を有しているという。

豪ビクトリア州のディーキン大学で実施され、「Psychology of Music 」に発表された最新の研究では、人々の幸福度と音楽イベントへの参加不参加との関連性を示している。

だが、被験者1,000人に対して行われたこの研究において、フェスやライブに単に多く参加することで、受動的に幸福感を得られることを証明した訳ではない。では、フェスをはじめ、心から楽しめるイベントに参加しているとき、生物学的に人間の脳内でどのような変化が起きているのだろう?

カギは、大勢が同時に
行動や意思を合わせること

人間の進化によって体得した習慣や心の持ち方が、我々の行動にどう影響を及ぼすかを科学する進化心理学の専門家たちは、「意思の疎通や、他人との関係、絆の強化を図るため、有史以来人間はつねにダンスを利用してきた」と推測。

今日のフェスやライブ会場において飛んだり跳ねたり、踊りまくることも、広義に捉えれば、関係を深めるコミュニケーション方法としては同じこと、と。

そして、踊りまくることでエネルギーを他人と共有し合う現象は、19世紀後半のフランスの社会学者エミール・デュルケームが説いた「集合的興奮」に起因するものだという。これは、ある一つの接点で行動を共にしながら、同じ思考を同時にやりとりできる何かに、多くの人が関与する際に発生する感覚を指す。

これをフェスやライブに置き換えてみれば、その「接点」ないし「行動」が高揚感であり、一緒になって体を揺らすことにもなる、ということらしい。

似たような感覚は、きっとスタジアムでのスポーツ観戦中にも得られるだろう。行動や意思を共にする無数の人々に囲まれることで、他人と空間を共感し、一緒に盛り上がる。人間はある意味スピリチュアルな領域へと、自らの意思で精神を引き上げることだって可能だ。

リアリティを共有する

40万人以上の観客を集め、音楽史に残る伝説的野外フェスとして、今でも語り草となっている「ウッドストック・フェスティバル(1969年)」では、すべての人々を結びつけるほどのエネルギーや気の流れが、会場全体を埋め尽くしていたに違いない。

どんなドラッグをやっているか、どれほど泥酔しているかに関係なく、こうしたエネルギーの充満やうねりを、あなただってフェスの現場で少なからず感じたことがあるはずだ。

好きなアーティストで選ぶフェスのスタイルから、次第に「踊れる曲」があるかどうかが重要という人も増えてきているという。そこにしかない熱気やうねり、こうしたリアルな体験を大勢で共有することが、遺伝子レベルでしあわせを味わっていると言えるのかもしれない。

Licensed material used with permission by Elite Daily
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
ブルガリアの山中にある小さな村で開催される「Meadows In The Mountains」は、数日かけて開催される音楽フェスでありながら、ヨガやアーユ...
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
4月27日から3日間に渡り、伊豆半島で開催される「RAINBOW DISCO CLUB 2019」。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
大田区京浜島にて11月3日(日)「鉄工島フェス2019」が開催される。今年で3年目を迎える音楽とアートの祭典に注目!
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
2019年は、伝説のロックフェス「ウッドストック」が1969年に開催されてから50周年。それを祝うフェス「Bethel Woods Music and C...
夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人...
つい先日、ドイツ・ザクセン州のオストリッツでネオナチの音楽フェスが開催。市民たちはお酒を飲ませないようにスーパーなどからビールを買い占めました。
今注目の、奄美・徳之島で作られる「国産コーヒー」を一番美味しく飲む方法を紹介。それは現地の空気を感じながら飲むこと。そこに暮らす生き物や人、日常の景色、時...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、Vladimir Cauchemarの『Aulos』です。
チェコのフェス「Colours of Ostrava」。特筆すべきはその会場です。以前、鉱山や製鉄所があった場所なので、辺りには鉄骨がむき出しになった無骨...
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
インド南部バンガロールで夜通し行われる「Fireflies Festival of Music」。この音楽フェスの一番の特長となるもの、それは「ホタル」。...
メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...
2019年11月3日に開催された「鉄工島フェス」。現役稼働する鉄工所の島に訪れた、たった一日だけの音楽とアートの祭典をレポートする。
2019年のフェスティバル・シーズンのピークになってますよね!今週、ベンはサマーソニックに行ってきます。で、 今回のトピックはベンが何回も行ったことあるし...