知らないままにはできない「鉄工所の島」で生まれた音楽とアートの祭典

もう、知らないでは済まされない。またひとつそんなフェスに出会えた。現役で稼働する鉄工所を舞台にした一日だけの音楽とアートの祭典。去る11月3日(日)に開催された「鉄工島フェス2019」。

規模の大小、アーティストの出演数、来場者数だけみれば、決して大規模なフェスとは言えない。でも、鉄工所だらけの職人たちの島に、これだけの人がやってくるのは、この一日をおいて他にない。

紹介しきれない作品、パフォーマンス、ライブがあったことを先に断りつつ、この日何が起きていたのかを時系列で振り返る。

13:00〜 
ENTRANCE いざ、会場へ。

©2019 NEW STANDARD

京浜運河にかかる橋を渡って大田区京浜島へ上陸。フェス目的と思われる人たちが、島の入り口でタクシーを降りている。そこから、所々にある手作りの案内板「鉄工島フェス ENTRANCE」を頼りに島の中心部へ。

湾曲する道の先に祭り提灯が見えてきた。

会場へのアクセスはこのエントランスをくぐって。工業用マテリアルをフラワーベースに見立て、相反する自然素材の植物をコラージュしたゲート。人+植物+環境をテーマに活動するVISCUM FLOWER STUDIOによる作品だ。

13:05〜 
シャッターアート制作中のSIDE CORE

©2019 NEW STANDARD

エントランスのすぐ横、産業廃棄物の運搬・処理をおこなう株式会社 西商店の巨大シャッターを鮮やかにスプレーで色付けている。アーティスト集団SIDE COREの企画「LEGAL SHUTTER TOKYO」の参加作家、ZosenとMina Hamadaのふたりだ。

数日前に取材で訪れたときは無機質だった鉛色のシャッターが、ふたりの個性と自由な感覚が混じり合い、多彩な色使いとなって表現されていた。フェスの後もシャッターはこのまま利用される。

14:00〜 
BUCKLE KÔBÔ裏に非日常な宴会の場

©2019 NEW STANDARD

BUCKLE KÔBÔの裏側でパシャパシャと水が跳ねる音が聞こえてきた。ビニールシートをかぶせた囲いの中は、噴水のように水が溜まっている。

そこに足場パイプでやぐらを組み、ローテーブルを持ち込んで、酒とつまみで宴に興ずるのは、アートユニットのメンバー。室内のものはすべて京浜島内の廃品回収センターから集めてきた、粗大ゴミや廃棄ゴミだそう。

彼らの飲み会をやぐらの下からただ傍観する。それはそれで体験として楽しめるのだが……と、突然滝のような水が屋根から流れ落ちてきたかと思えば、防災訓練車のように部屋が揺れたり、スモークがあがったり。

なんて事のない日常風景が非日常に一変するものだから、見ているこちらもなかなか腰をあげることができなかった。

14:30〜 
セッションアクトに沸く@ゑびす興運

©2019 NEW STANDARD

今年、ステージ会場の提供に協力した「ゑびす興運」は、大物の鉄製品など鉄工島ならではの搬送業務を担う企業。まさか自分たちの倉庫内にステージを設営することになるとは夢にも思っていなかったかもしれない。

DedachiKenta佐藤千亜妃さかいゆうをゲストボーカルに招いての一日限りのセッションアクト『IRON ISLAND SESSIONS』には、どの回も倉庫がすし詰めになるほどの人で賑わっていた。

15:00〜
京浜島散策
休日の工場は、さながらアート作品のよう

ライブが終わると、みなタイムテーブルを手に思い思い散っていく。足早に次のライブ会場へ、EL CAMIONが提供するクラフトビールのトレーラーへ。

心地いい高揚感のなか、メインストリートから外れた道を歩いてみた。

職人たちのいない工場。回収してきた鉄くずをうず高く盛り上げた鉄の山。削り出した金属片。何台も連なる重機……初めて目にする光景を必死にカメラを伸ばして撮影する人たちがいる。

フェスがなければ、きっとこの島にくることもなかったろう。僕らフェスに参加する側からすれば、この島自体が非日常の空間そのものだ。

16:00〜 
京浜島防災広場からお届けします。
移動式FMラジオステーション

©2019 NEW STANDARD

フードトラックが並んだ京浜島防災広場の中央付近、一台のリヤカーに目が止まった。Naomi Yamaguchiによる「Mobile Mini-FM Station~ドローカルの情報発信!~」。ここからFM放送のライブ配信をしている。

昨年度京浜島の見学を経て、アイデアを募集した公募企画「鉄工島アイデアジャンボリー」においてグランプリを受賞したのが彼女だ。

17:00〜 
夕暮れに佇む、鉄工島の夜の顔。

©2019 NEW STANDARD

薄曇りの西の空に太陽が落ちてきたころ、光機械製作所へ向かう。

西野達の作品『鉄工島の夜の主役たち』。職人が帰ったあと、京浜島の主役(運搬トラック、冷蔵庫、街灯、事務所の椅子やソファ)が、ここぞとばかりに自己主張をはじめた。

17:30〜 
旋盤の匂いが染み付いた空間
“間借り”ライブ@清新工業所

©2019 NEW STANDARD

清新工業所内では、成山剛(sleepy.ab)の無重力的で浮遊するような歌声が電球で照らされた作業場のなかに響いていた。

台車もガラ袋も扇風機も全部そのままのステージ。と言うよりも、工場の日常に演者が身を置いている。鉄工島フェスを象徴するようなライブ空間だ。

18:30〜 
またたく灯りが人を呼ぶBUCKLE STREET

©2019 NEW STANDARD

今や遅しと石野卓球の登場を待つ人であふれ返ったBUCKLE STREET。エレクトロサウンドを借景ならぬ“借響”にした、特殊照明作家、市川平による路上パフォーマンス。須田鉄工所から漏れてくるSEに合わせて、無数の照明が自在にまたたいていた。

19:00〜 
大トリはやっぱり、石野卓球

©2019 NEW STANDARD

大トリを務めるのはこの人、石野卓球。闇をさく大音量にレーザーが飛び交う場所はライブハウスでも山間のステージでもなく鉄工所。そんなベルリンさながらのファクトリー感も相まっての熱狂。

踊り、叫び、あっという間の1時間。と、それまで我慢していた雨粒が落ちてきた。それが心地よくてたまらなかった。

11月6日 
日常を取り戻した京浜島

©2019 NEW STANDARD

フェスから2日後の京浜島。職人たちが戻った島は規則的な金属音をかなで、鉄棒のあとの手についた錆びた匂いが漂っていた。いつものように大型トレーラーが走り、いつものように離陸した飛行機が頭上をかすめて飛んでいく。これが、鉄工所の島の日常だ。

つわものどもが夢の跡──。

アートも、ライブも、作品との出会いはほんのつかのま。なのに、島内を歩けば夢譚のようなあの記憶が蘇ってくる。多くの人にとっては、いまだ未踏の島。フェスを通してものづくりの最前線を垣間見ることができた人は、ほんの一握りにすぎない。

それでも、未来あるこんな話を最後に。

今年、京浜島のとある工場の代表者(40代だそう)や複数の工場の20代、30代の従業員が新たにフェス実行委員メンバーに加わった。80歳近くになるベテラン職人がまだまだ現役のこの島では、働きざかりの年齢層。

来年、再来年、あるいは10年後。一年でたった一度だけ許された、ものづくりの島のブロックパーティーは、僕らの想像をはるかに超えた「祭り」へと成熟している気がしてならない。

©2019 NEW STANDARD
Top image: © 2019 NEW STANDARD
大田区京浜島にて11月3日(日)「鉄工島フェス2019」が開催される。今年で3年目を迎える音楽とアートの祭典に注目!
大田区京浜島で開催される「鉄工島フェス」。今年で3年目を迎えたアートと音楽の祭典は、いかにして誕生したのかに迫ります。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
町工場×DJの音楽レーベル「INDUSTRIAL JP」
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
水中で、息継ぎしながら、音楽ライブ!?
イギリスの「LoveFit」は、ウェルネスのフェスでありながら、音楽も楽しめる“欲張り”なイベント。日中は、ヨガやキックボクシングなど、さまざまなアクティ...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
チェコのフェス「Colours of Ostrava」。特筆すべきはその会場です。以前、鉱山や製鉄所があった場所なので、辺りには鉄骨がむき出しになった無骨...
イスラエルで開催されるフェス「Zorba The Buddha Festival」。イスラエル最大級のヒッピーフェスともいわれている同イベントでは、音楽や...
12月20日、「UNIT + B1FLAT」にて23時から「ライゾマティクス」がオーガナイズするイヤーエンドパーティーが開催。なかなかのアツい夜になりそうだ。
ブルガリアの山中にある小さな村で開催される「Meadows In The Mountains」は、数日かけて開催される音楽フェスでありながら、ヨガやアーユ...
真冬のモントリオールで、極寒の中開催される音楽フェス「igloofest」。今年は1月17日〜2月2日の間、毎週木・金・土の開催。
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
この木に吊るされた15個のヘッドフォンからは様々な音楽が流れます。大人も無邪気に笑顔になってしまうアートには製作者の「音楽に出会う喜びを感じてほしい」とい...
映画にもなった「奇跡のリンゴ」を育てた木村秋則さんが作ったという完全無農薬米「ささしぐれ」。この米を使った江戸前寿司が、12/5にオープンした「東急プラザ...
12月9日、傘のシェアリングサービス「アイカサ」が東京駅周辺エリアでもサービスを開始。新たに41ヵ所のスポットで利用可能となる。
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
ポーランドの人にとって石炭は切っても切れない存在。南部の工業都市カトヴィツェにある役目を終えた炭鉱は、今、音楽フェスなどを開催するイベントスペースとして活...
ぶっちゃけ去年は大赤字!だけど、満足度の高さは伝説的。今年はどうなる!?
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
音楽プロディーサーのChristian Pierinは、廃棄された音楽機材やレコードで、ジミ・ヘンドリックスやジョン・レノンなど、偉大なアーティストたちの...
メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...