ビールメーカーがメキシコ人批判に猛抗議!その結果がスゴかった

今年の10月まで、Facebookの検索バーに「Mexicans are(メキシカンたちは)」と入力すると、その後の予測変換にひどい言葉ばかり表示されてたらしいんです。動物だとか、怠け者だとか、ドラッグディーラーだとか。

それをガラッと変えちゃったのが、メキシコのビールメーカー「Estrella Jalisco」の広告プロジェクト「#ShareForGood」。

宣伝文句はコレ。

ビターじゃない世界にしたいなら「#ShareForGood」を。

プロジェクトのアクションとしては、メキシコ人のチャームポイントを強調すべく、GIF画像や映像作品、WEBサイトなどをプロジェクトメンバーのアーティストたちがつくってFacebookに投稿しまくる!というもの。

結果、それらのコンテンツが拡散され、検索アルゴリズムを強制変更することに成功。およそ1ヵ月後には「awesome」「inspiring」「creative」など、いい言葉がズラッと表示されるようになったというからスゴい。地道な努力が実を結んだというわけです。

検索してみたくもなるし、ビールも飲んでみたくなります。お見事!

© Estrella Jalisco/YouTube
Top image: © iStock.com/melazerg, 2018 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
メキシコの音楽フェス「Inception Music Festival」は世界有数のリゾート地カンクンで開催されます。期間はなんと「30days & 30...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
派手さのないメキシコ料理。けれど心地よい野趣があります。
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
キャンプでも、屋外パーティーでも、みんなで集まって飲む機会が増える夏。そんなときに最高に盛り上がるビールがこちら。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
ネスプレッソのようなカチャッとカプセルを入れるタイプのコーヒーメーカーが常識になった今、亜流とも捉えられる「Flatev」。同じように手軽さがウリですが、...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
カメラの前で老若男女、メキシコ人が揃いも揃って「変顔」に挑戦しました。くしゃ顏、キス顏……ん、でもちょっとヘン?もうお分かりのとおり、世界で最も辛いと言わ...
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。