アメリカ・メキシコ国境でおこなわれた「結婚式」が、多くの人々の心を動かす。

不法移民対策などとして、トランプ大統領が計画しているアメリカ・メキシコ国境に沿った壁建設。建設が実現しようともしなくとも、国境の大部分にはもともと、壁やフェンスなど何かしら仕切りになるものが設置されています。

治安が心配される、そん国境沿いのある場所で、先日ハッピーな出来事がありました。それが今、大きな話題となり感動を呼んでいます。

愛はあらゆる障害を越える
それが「壁」であっても

A964911390c21acee9948cc51e064d585654f9b3
Photo by Sandy Huffaker/Getty Images

メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。

アメリカ側の警備隊によって開放されたのは、サンディエゴの「Border Field State Park」内にある、「希望の扉」と名付けられたゲート。

ここで2人が結婚式を挙げることとなった理由は、Eveliaさんが法的にアメリカに入国できないという事情があったからなのだそう。

Los Angeles Times」によると、人権団体の働きかけによりこれまでも何度かゲートは開かれていて、今回で6度目。ただ、結婚式がおこなわれたのは初めてだったということです。

また、同メディアは新郎の言葉をこのように伝えています。

「『愛に国境はない』というメッセージを発信したかったのです。ここでは大きなフェンスで分けられているけれど、私たちの愛が変わることはありません」

式では、花嫁と花婿を家族や友人らが祝福。2人は書類にサインしたり記念撮影をしたのだそう。

「愛に国境はない」を体現し、多くの人々の心を動かしたEveliaさんとBrianさん。結婚式を通して力強いメッセージを発信するという行動力に乾杯です!

Top Photo by Sandy Huffaker/Getty Images
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
結婚式は一生に一度の素敵な時間……と思いきや、24カ国で、24回も結婚式を挙げることにしたカップルがいました。いったいどうして? そこにはちょっぴり深い理...
60年前に挙げた結婚式、思い出せるような写真が一枚も残っていなかった老夫婦がいました。その後、9人の子ども、16人の孫、そして4人のひ孫に囲まれて幸せな時...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
2017年9月、アメリカ南部を中心に猛威をふるったハリケーン「イルマ」の被害に遭い、大切な結婚式を中止にせざるを得なかったカップルがいます。けれど二人はそ...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
ごく普通のカップルの結婚式が、メディアで話題となり、「式の動画が涙を誘う」と注目を浴びているのは、いったいなぜ?それは、このカップルが4年半の長きに渡り貫...
ある調査によると、プロポーズから実際に式を挙げるまでに費やした期間を、約半数のカップルが10ヶ月以上かかったと回答したそうです。式場や招待客を決め、ドレス...
家族で運営しているクリエイティブスタジオ「Studio 1208」は、3年間で19カ国以上をまたいで結婚式を撮影してきました。ニックは映像を録り、妻マリア...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
結婚式を大好きな遊園地のジェットコースターで挙げたカップルは。140人もの人を招待して、乗車から戻ってくるところまで盛り上がりました。自分が好きな場所で式...
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
ディレクターArthur Jonesがドキュメンタリーでスポットライトを当てるのは、タイタニック号から生還した6人の中国人。アメリカの歴史から消された彼ら...
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
上空10,000メートル!航空機の中で結婚式を行ったカップルが話題に!More ABC US news | ABC Health News2014年11月...