気が早すぎる「2026年W杯」の話

4年に1度のサッカーの祭典が開幕してから、早いもので10日以上が経過しました。

毎晩のように熱戦が続いていますが、ここで取り上げたいのは今大会のことではありません。かといって2022年のカタール大会でもなく、その次の話。2026年(笑)。

あまりに先のためか、今大会の開幕前日にFIFA(国際サッカー連盟)総会で決定された開催国の話題もスルーされ気味。でも、ある2つの改革によって、これまでのワールドカップとは異なる大会になりそうなんですよ。

01.
史上初の「3カ国共催」

2026年大会の開催国は、アメリカ、メキシコ、カナダ。史上初の3カ国共同開催です。悲願の初開催を目指すモロッコとの争いになりましたが、投票の末に圧勝。

アメリカでは32年ぶり、メキシコでは40年ぶり、カナダでは初の開催。ちなみにこれまでの複数国共催は、ご存知のとおり2002年の日韓大会のみでした。

02.
出場国数が32から48へ増加

現行の出場国数は32。これを48まで拡大することが決定されています。試合数も64から80へ。

あわせて、各大陸に振り分けられる出場枠も増加。日本が属するアジアは4.5から8となり、シンプルに出場の可能性が高まることになります。

とはいえこの決定には、レベルの低下を懸念するネガティブな声が圧倒的多数。3カ国を1グループとすることから、最後に試合をする2カ国が勝ち点を計算した試合運びができてしまい有利になる点も問題視されています(現行の4カ国ではグループリーグ最終戦は同時刻キックオフ)。

そもそもこの3カ国、大丈夫?

誘致段階では「準々決勝以降の試合はすべてアメリカ開催」となっていたことも含め、今後も継続的に議論されていくポイントはあります。が、そもそもこの3カ国で大丈夫なの!?という意見も聞こえてきます。

というのも、ドナルド・トランプ大統領は、依然として不法移民を巡りメキシコと対立中。先日のG7(主要国首脳会議)では、カナダのジャスティン・トルドー首相から、鉄鋼やアルミニウムの輸入制限措置について「侮辱的だ」と非難されたばかりです。

アメリカは、メキシコ、カナダとともにW杯を開催する権利を手に入れた。おめでとう。素晴らしいハードワークだった!
(Donald J. Trump / @realDonaldTrump より引用)

米大統領が自身のアカウントでそうツイートしたのは、非難からほんの数日後のこと。

もちろんFIFAはスポーツへの政治的介入を一切認めていませんが、先が思いやられるという人は少なくないようです。果たして、サッカーの力はこの3カ国を結束させるのでしょうか。

Top photo: © iStock.com/piola666
今回紹介するのはサッカーのワールドカップです。だけど、プレーするのはホームレスの人だけです。
サッカーファンだけでなくビジネスパーソンにも関係がある!?イングランドのゴールデン・ジェネレーションが失敗した理由です。
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は、FIFA女子ワールドカップ2019で優勝したアメリカ代表の凱旋パレードに参加。その場で、アメリカサッカー界の男...
「ハワイ州観光局」が自宅でハワイを体験できる「おうちでハワイ」プログラムの提供を開始。「バーチャルハワイ」「癒しのハワイ」「学ぶハワイ」「音楽でハワイ」「...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
クリエイティブエージェンシーAKQAのプロジェクトのひとつとして、AIが新たなスポーツ「Speedgate」を作り上げました。
渋谷センター街の路上にて「ストリートサッカー」が初開催!小さなスペースでできる手軽さから渋谷の新たなカルチャーになることが期待されている。
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
史上最年少のクリケット日本代表、高橋和雅選手のインタビュー。
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
肌トラブルの原因になりやすい化学繊維や化学的加工を一切施さず、オーガニック100%のコットンを使用したこのマスクは、肌に優しく吸水性にも優れ、暑くて蒸れや...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
7月下旬、アメリカのニューメキシコ州とメキシコのチワワ州を隔てる壁に、シーソーが設置された。両国から参加した子どもや大人たちが交流を楽しんだ。シーソーは、...
ワールドカップ ロシア大会の真っ最中、雨がそぼ降る渋谷・円山町「WOMB」に集まった夜遊び大好きな大人たちの楽しそうなヒトコマを撮影させてもらいました。
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
シーズンは終了したばかりだが、早くも2020年に向けて動き出したアメリカの野球。MLBのコミッショナーが先日コメントしたのは、マイナーリーグの一部で「ロボ...
今、注目しておくべき「日本クリケット界」について。
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。