気が早すぎる「2026年W杯」の話

4年に1度のサッカーの祭典が開幕してから、早いもので10日以上が経過しました。

毎晩のように熱戦が続いていますが、ここで取り上げたいのは今大会のことではありません。かといって2022年のカタール大会でもなく、その次の話。2026年(笑)。

あまりに先のためか、今大会の開幕前日にFIFA(国際サッカー連盟)総会で決定された開催国の話題もスルーされ気味。でも、ある2つの改革によって、これまでのワールドカップとは異なる大会になりそうなんですよ。

01.
史上初の「3カ国共催」

2026年大会の開催国は、アメリカ、メキシコ、カナダ。史上初の3カ国共同開催です。悲願の初開催を目指すモロッコとの争いになりましたが、投票の末に圧勝。

アメリカでは32年ぶり、メキシコでは40年ぶり、カナダでは初の開催。ちなみにこれまでの複数国共催は、ご存知のとおり2002年の日韓大会のみでした。

02.
出場国数が32から48へ増加

現行の出場国数は32。これを48まで拡大することが決定されています。試合数も64から80へ。

あわせて、各大陸に振り分けられる出場枠も増加。日本が属するアジアは4.5から8となり、シンプルに出場の可能性が高まることになります。

とはいえこの決定には、レベルの低下を懸念するネガティブな声が圧倒的多数。3カ国を1グループとすることから、最後に試合をする2カ国が勝ち点を計算した試合運びができてしまい有利になる点も問題視されています(現行の4カ国ではグループリーグ最終戦は同時刻キックオフ)。

そもそもこの3カ国、大丈夫?

誘致段階では「準々決勝以降の試合はすべてアメリカ開催」となっていたことも含め、今後も継続的に議論されていくポイントはあります。が、そもそもこの3カ国で大丈夫なの!?という意見も聞こえてきます。

というのも、ドナルド・トランプ大統領は、依然として不法移民を巡りメキシコと対立中。先日のG7(主要国首脳会議)では、カナダのジャスティン・トルドー首相から、鉄鋼やアルミニウムの輸入制限措置について「侮辱的だ」と非難されたばかりです。

アメリカは、メキシコ、カナダとともにW杯を開催する権利を手に入れた。おめでとう。素晴らしいハードワークだった!
(Donald J. Trump / @realDonaldTrump より引用)

米大統領が自身のアカウントでそうツイートしたのは、非難からほんの数日後のこと。

もちろんFIFAはスポーツへの政治的介入を一切認めていませんが、先が思いやられるという人は少なくないようです。果たして、サッカーの力はこの3カ国を結束させるのでしょうか。

Top photo: © iStock.com/piola666
4年に一度開催される、サッカーの祭典。各大陸予選を勝ち抜いた32ヵ国が世界一の座をかけて争う云々かんぬん……とわざわざ書かなくとも、ワールドカップについて...
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
スポーツをすると、カラダがスッキリとして気持ちも爽快になるものです。もしそんな気持ちを、恋人同士で共有することができたら素敵じゃないですか?「Elite ...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
一世を風靡した『北斗の拳』において、南斗六聖拳の一人で「聖帝」と称するサウザー。そんな彼を主役に据える『北斗の拳イチゴ味』をもとにした、2019ラグビーW...
ここで取り上げるのは、サポーターではなく「日本代表選手たち」が見せた美しきマナーについて。
ゲーリー・リネカー氏が韓国対ドイツ戦の結果を受けて、28年前に放った言葉を取り消すことに。
サッカーで何年も同じポジションをやっていると、その姿勢が人生にも反映されてくる…。そう語るのは、「Elite Daily」でスポーツ記事を書くAdam S...
Exeter Internationalがインフォグラフィックでまとめたのは、世界中の人たちがGoogleで「ある国」を検索する時に、あわせて「何を」検索...
自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。水面にポッカリ浮かぶデザイ...
街でも宿泊先でも、フリーのWi-Fiを利用すればいいだけの話かもしれない、けれど、それがいつでもどこでも快適に、ネット環境にアクセスできるとは限りません。...
心が強くなければ、戦えない。でも、強い心を手にするのは、決して簡単じゃない。トップアスリートはどのようにして“強い心”を手にし、それを発揮してきたのか。「...
付き合いたい女性の条件は、もちろん人それぞれ。ただその中でも、同じ趣味のパートナーを求める人は増えているようです。会話も合うし、同じ時間を共有できる。それ...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
日本ではルールが難しいというイメージがあるアメフト。だけど、いくつかのポイントに抑えて観戦をすれば、初めてでも楽しめます。ここでは数ある見どころを絞りに絞...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...