2022年W杯に採用された「水面に浮かぶ家」が、オシャレすぎる!

自然と調和して暮らしたい(しかも、快適性も担保しつつ…)。そんな住宅がついに登場! なんとこの家、水に浮かんでいるらしいんです。

水面にポッカリ浮かぶ
デザイナーズ住宅

WaterNest 100-01

ローマに拠点を置く、イタリア人建築家Giancarlo Zema氏は、海洋公園や水中庭園、フローティングスペースをはじめ、水辺の建造物に特化した異色の建築デザイナーです。ウォーターフロントを知り尽くした彼が、新たにデザインしたのは、生物たちの生態系を邪魔しない生活空間。

「Water Nest 100」は、太陽光発電を100%利用した、まさに生き物と同化する優しい未来型ハウスとして、現在、注目を浴びています。水辺の動植物の生息地に人間が“お邪魔する”気持ち。だから、98%リサイクル可能な資材にこだわり、穏やかな水面にまるで浮かんでいるかのように建てられています。
Zema氏のもう一つの特徴。それが「生物界からインスピレーションを得てデザイン」される、自然でなめらかなライン。この水面の家も「小枝を使って水面に巣をつくる水鳥」から着想を得たんだとか。

アレンジ自在の室内
太陽光パネルで100%自家発電

WaterNest 100-03WaterNest 100-04
屋根の上に配されたおよそ60平米の太陽光発電パネルで、家屋のすべての電力をまかなう仕組み。家屋を支えるメイン素材はラミネート加工の木材を組み合わせ、100平米の開放的な室内を支えています。直径12メートル、高さ4メートルの「Water Nest 100」は、パーテーションを組み変えるだけで、住居からオフィス、レストランやバー、ショップ、展示ラウンジへと用途に合わせてアレンジが可能な設計。
例えば、住居とした場合、ほとんど水面と目の高さが一緒になるため、ベッドで横になっていると、まるで水面に浮かんでいるかのような感覚になるんだそう。もちろん「Water Nest 100」は、湖だけでなく、川岸でも海岸線でも入江でも、穏やかな水の流れであればどこでも建設ができるそう。

サッカーW杯カタール大会で
ホテルとして採用!?

WaterNest 100-05

WaterNest 100-07

すでに中東の国カタールでは、先の「2022FIFAワールドカップ」開催に向けて、「フローティングホテルにWater Nest 100の採用が決定。 Zema氏に発注を開始した」と、「ArchitectureDesignDIY.com」は、このニュースを大々的に報じています。

ちなみに基本価格は、およそ50万ユーロ(約6,760万円)。水の上ということを意識すれば、これを高いと感じるか安いと思うか。セカンドハウスとして考えられなくもないのでは?

 Reference:ArchitectureDesignDIY.com
Licensed material used with permission by Giancarlo Zema Design Group

毎晩のように熱戦が続いていますが、ここで取り上げたいのは今大会のことではありません。かといって2022年のカタール大会でもなく、その次の話。
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
そんな光の波紋をずっと見ていたい。という気持ちに応えるルームライト。
スパイシーなコロッケ×8種の野菜×ピタパン中目黒にオープンした、ファラフェルサンド専門店Ballon〒153-0061 東京都目黒区中目黒3丁目2-19 ...
「カランダッシュ」は、エスプレッソマシンメーカー「ネスプレッソ」の「セカンドライフプロジェクト」のパートナーとして、「849 カランダッシュ+ネスプレッソ...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
誰もが一度は憧れる、四方を海に囲まれた水上での優雅な暮らし。そして、風を切って大海原を進む、ロマン溢れる船の旅。このふたつがひとつになった、驚きの水上ハウ...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそう...
ヒューストンに拠点を置くスタートアップOrion Spanは、2022年に宇宙ホテル「Aurora Station」を開業予定です。
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
オーストラリアのByron Bayで、世界で初めて完全にソーラー発電のみで走る電車の運行が開始されている。電車の屋根にはソーラーパネルが取り付けられ、ソー...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
あまりにクリエイティブなデザインをしているこの家。奇抜な形は、輸送コンテナをつなぎ合わせたものだからだそう。まだ着工には至っていなく、2018年からプロジ...
女の子なら一度は訪れて欲しい、カラフルでキュートな場所。
あのときを振り返ると、大喜利のようにキャッチーな言葉が飛び交ったのを思い出す。「五郎丸ポーズ」「サッカーのマイアミの奇跡よりも奇跡」「アイドルが格闘家に勝...
家に関して「常識」と信じられていることには、実は誤解がたくさんあります。それに基づいて家を建ててしまうと、住む人を不幸にしてしまいかねません。自著『住む人...
暮らし方ではなく、家そのものもエコにしよう。