「砂漠に咲く花」の家

カリフォルニア州のジョシュア・ツリー。砂漠地帯でありながら、フェスが開催されたり、国立公園があり、時折その名を聞くことがあるだろう。

この地に、珍しい外観でユニークな形をした家を建てる計画をしているデザイナーがいる。ロンドンを拠点に活動しているJames Whitaker。彼が公表した、2018年スタート予定のプロジェクトがこれ。

奇抜なデザインは、輸送コンテナをつなぎ合わせるという発想から生まれているのだそう。周囲に生えている低木と見た目が少し似ている気がするが、砂漠に咲く花をイメージしたものということだ。

元々依頼をしてきたのは、LAに住むWhitakerのクライアント。男性は、ジョシュア・ツリーへ行った時、一緒にいた友人から、初めて輸送コンテナの家のデザインを見せられたという。「この景色とマッチするわ」と。

その後、ロンドンを訪れた彼は、Whitakerに連絡。実は、デザインそのものは数年前につくられたものだということだが、この機会に2人でプロジェクトを進めることに。

何もない砂漠に住まう

窓の外は、地平線を邪魔するビルもなく、このように乾いた大地が目の前に広がる予定。これぞまさに「最高の景色」と言えるだろう。窓も多くて、開放感溢れるつくりだ。

外へ突き出た輸送コンテナの内部は、寝室などになる予定。見る限り、十分なプライベートが確保できそう。他にも、キッチンやリビングルーム、車を停められるガレージもつくられるそう。

将来的に、Whitakerのクライアントがこの家に住むのか貸し出されるのかは不明だが、機会があればぜひ一度泊まってみたいものだ。

Licensed material used with permission by Whitaker Studio
昨年からアメリカのメディアを中心に、この何もない砂漠が話題となっています。それはこの土地になんと8兆円もの投資を行う者が現れたから。
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
3回の引越しを経て彼女が選んだのは、有名住宅メーカーの家……ではなく、「無印良品」が展開する家でした。
食品ベンチャー企業「ウェルナス」が、世界で初めて「ナス」の睡眠改善効果を臨床試験で確認した。これは関与成分である「ナス由来コリンエステル」が、自律神経調に...
日本では大したことないと思われるかもしれない改良でも、高さをとるだけで、ブルックリンの人には大きな助けになる。
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
Luca Tomboliniさんは大判カメラを使用して、世界各国、人類誕生の原風景を撮影するミラノ出身のフォトグラファーです。生命の息吹も人々の活動も消え...
「ナイキ」が、ランナーが怪我をせず速くなることをサポートするランニングシューズの新作を今月、来月と続けてリリース。
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
スタートアップ企業「Jupe」によって製造されているこのポータブルシェルターは、約10㎡の土地さえあれば、わずか数時間で組み立て&分解が可能とのこと。元「...
4月9日、米国発のスタートアップ「Aero Farms」は、アブダビ投資事務所(ADIO)のバックアップのもと、アブダビに世界最大級の約8300平方メート...
現在、「ドバイ政府」と「ドバイ電気水道局」が協力し、雨水の溜まる湖の水面に浮かぶソーラーパネルを設置している。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
産直の新鮮野菜をお得に、しかも非接触で買えると人気の「ドライブスルー八百屋」が再開!
「水で洗って何度も使えるノート」が、新たな進化を遂げた。メモすることのハードルを徹底的に下げたデジタル時代の革新的ノートが完成した。
イギリス人写真家のLloyd Evans。彼の作品が注目される最大の理由は、劇場の照明デザイナーという専門スキルをもつフォトグラファーだからと言えるでしょう。
アフリカ大陸南部の国ナミビアには、ゴーストタウンと化したコールマンスコップという場所がある。
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
写真家のIsabelle Chapuisと、フラワーアーティストのDuy Anh Nhan Ducの2人による作品。それぞれの男女が一輪の花のように咲く姿...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。
鉛筆を差し込み、くるくる回すと”花が咲いた”ーー。だれでも一度は経験があるかもしれません。捨てるにはもったいない輪冠状の削り屑。そこに着目したのが、日本人...