アメリカの「家」系ラーメン

こってりとした豚骨醤油ベースのスープが特長の家系ラーメン。吉村家というお店から暖簾分けされ、「〜家」がついたお店が多くなったことから、こうした通称で親しまれるようになりました。

で、紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。

彼らのWEBサイトによれば、発音は「nakamura ke」となるそうです。読み方が少し異なっても、これは家系ラーメンを意識しているとしか思えませんっ!

そして、名前よりも注目したいのが、提供されるラーメンの見た目。暗闇で麺やスープが光るんです。

ちなみに、ベジタリアンやヴィーガンにも対応してくれます。ラーメンとして、見た目だけでなく多様性という意味でも、日本のソレよりも進んでいるのかもしれません(笑)。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本一煮干しを追求したラーメンでおなじみ「ラーメン凪」とロンドンの人気ラーメンバー「Bone Daddies」のコラボ。10月27日まで!
インスタントラーメンが、アメリカの刑務所内でタバコに取って代わる“通貨”となった。「The Guardian」が報じたこのニュース、クライム映画やドラマに...
次のトレンドをつくるかもしれない「ネオ料理人」のひとり、横山祥太郎をインタビュー。専門学校で寿司を学び、フリーランスのラーメン屋になった料理人が考案する「...
ジョッキに麺が入っています。衝撃!
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...