曇りときどき「テキ〜ラ!」。メキシコの陽気な観光誘致プロジェクト

雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどんよりムード。

そんなふさぎ込んでしまう気持ちを晴らすなら「オレたちの国がイチバン!」と、メキシコ観光局がベルリンで今年2月、ご機嫌なキャンペーンを展開していました。

テキーラを雨のように振らせる雲

アメリカの広告制作会社とのタイアップで登場したメキシコ観光誘致のブース。会場の真ん中、台の上になにやら白くもやもや浮かぶ物体が。

見ればこの雲のような物体、稲妻が光ったり、中から霧がじんわり台の下まで降りてきたり。そう、これは雲。雨が降ると雲の内部に仕掛けられた加湿器から水蒸気が噴射される仕掛け。

だけどこれ、ただの水蒸気ではないんです。正体は、なんとあのテキーラ。

飲んでアミーゴ!
メキシコにおいでよ

グラスを近づけると、文字通り雨のようにテキーラが注がれてショットが完成するという、なんともご機嫌な体験型プロジェクトに、ベルリンっ子も大盛り上がりだったようですよ。

Forget the Winter, Have a taste of MEXICO.
長い冬のことなんて忘れて、メキシコを味わいにおいで。

ネガティブな側面に着目して、とびきりの仕掛けで喚起を促す。ナイスなアイデアだけど、流れ出たテキーラの水蒸気で、会場にいた人たち全員酔っ払っちゃったりは、しなかったんでしょうかね。

Licensed material used with permission by LAPIZ
他の記事を見る
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
野暮ったくも素朴なメキシコの絶品とんこつスープ。
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
一見気づきにくいほど周囲の自然に溶け込んだ小屋が、メキシコの西海岸にある田舎町サン・ファン・デ・アリマにあります。小屋とはいえ、中はホテルのロビーみたいに...
メキシコ・オアハカで、12月29日から1月3日にかけて開催される「Restival」の紹介です。
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
以前まで、フェイスブックの検索バーに「Mexicans are」と入力すると酷い言葉がズラリ。それを変えたのがメキシコのビールメーカー。努力が実り、なんと...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
オフラインでも使える観光アプリ「Nexto」。情報を得るには、チャット機能やARを使って、ユーザーが楽しむことができるそうです。
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「JoinMyWedding」は、式に参加して欲しいインド人ファミリーと、式に参加したい旅行者をマッチングするサービスです。
フォトグラファーのAgus Nonot Supriyantoさんは、水たまりに映る世界をモノクロで撮影しています。そこに広がるのは、晴れの日には決して見る...
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...