食べながら立ち止まると罰金!フィレンツェの新条例

「フィレンツェを愛する人だけがフィレンツェに相応しい」

これはダリオ・ナルデッラ市長による9月3日のツイートです。別に右よりな発言ってわけじゃありません。

フィレンツェでは観光客のマナーが問題となっており、市長のツイートの翌日には“食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まること”を禁止する条例が施行されました。

ちょっとややこしいですが、どうやら“食べ歩き”はOKだけど、“通りで座り込んだりして食べる”のはNGってことみたい。

たしかに住民からすれば、家の前で観光客がモグモグやってたら嫌ですよね。世界的な観光都市ならではの悩みと言えそうです。

ちなみにこの条例が適用されるのは、「Via de’Neri」「Piazzale degli Uffizi」「Piazza del Grano」「Via della Ninna」の4つの通り。時間は12時〜15時と18時〜22時。罰金は150〜500ユーロ(約19,000〜64,000円)とのこと。

結構、罰金が高いです……。

旅先でのマナーには気をつけましょうって話ですね。

Top image: © iStock.com/KavalenkavaVolha
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
サンフランシスコでは、今年5月に可決された、実店舗やレストランで完全キャッシュレス支払い禁止を要求する条例が、小売店などで有効になっている。違反をした場合...
「浦霞醸造元 株式会社佐浦」より蔵出しされた「オーク樽貯蔵 本格焼酎 浦霞」。「被災地支援への感謝」と「希望に満ちあふれる未来への祈り」をこめて、数量限定...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
米ウィスコンシン州のウォーソー(Wausau)では「雪合戦」が条例で禁止され、違反すると罰金が科される可能性も。その町では「雪玉」は危険物と同じ扱いらしい...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「コロナ禍で苦慮する“祭り”を応援したい」、そんな想いから企画され、3月3日に発売されるのが、祭り主催者に売り上げの10パーセントを寄付する祭り応援ビール...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。