食べながら立ち止まると罰金!フィレンツェの新条例

「フィレンツェを愛する人だけがフィレンツェに相応しい」

これはダリオ・ナルデッラ市長による9月3日のツイートです。別に右よりな発言ってわけじゃありません。

フィレンツェでは観光客のマナーが問題となっており、市長のツイートの翌日には“食べながら車道や歩道、家や店の前で立ち止まること”を禁止する条例が施行されました。

ちょっとややこしいですが、どうやら“食べ歩き”はOKだけど、“通りで座り込んだりして食べる”のはNGってことみたい。

たしかに住民からすれば、家の前で観光客がモグモグやってたら嫌ですよね。世界的な観光都市ならではの悩みと言えそうです。

ちなみにこの条例が適用されるのは、「Via de’Neri」「Piazzale degli Uffizi」「Piazza del Grano」「Via della Ninna」の4つの通り。時間は12時〜15時と18時〜22時。罰金は150〜500ユーロ(約19,000〜64,000円)とのこと。

結構、罰金が高いです……。

旅先でのマナーには気をつけましょうって話ですね。

Top image: © iStock.com/KavalenkavaVolha
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
サンフランシスコ市議会は、市内で電子タバコの販売を禁止する条例を可決。市長も署名する意向を示しており、成立すればアメリカの主要都市では初めての試みとなる。
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
アメリカのフィラデルフィアで、「現金お断り」のお店が禁止される条例が可決されました。背景には、クレジットカードや銀行口座を持っていない貧困層に対する配慮が...
The Pedestrian Council of Australia(オーストラリア歩行者協議会)が、“歩きスマホ”をする歩行者に対しペナルティを科すよ...
オーストラリアのフリーマントル市議会は、市内における「バルーンリリース」を禁止する条例を可決。港湾都市として、海や海洋生物など環境に配慮した政策に取り組む。
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
とにかく完全に食器を洗う「スポンジ」が再現されています。
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
デリバリーサービスを提供している企業『Sorted』が、事業を拡大するためにアシスタントディレクターの求人募集を開始しました。
スリランカといえば動物の「象」というのは、海外でも広く有名。現地では多くの象が、観光客を魅了していますが、動物の象だけが観光客を迎えているわけではありませ...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
年越しそばを食べたり、108回鐘を鳴らす文化が日本にあるように、世界各国には独特の新年の祝い方があります。なかでも、ヨーロッパ諸国のクセがすごい。中央ヨー...
歯垢を除去。歯周病予防。息さわやか、などなど──。歯磨き粉においてそんな特徴は、もはや当たり前。じゃあ一体、何で差をつけるべき?そんな問いに対するイタリア...
1826年創業と歴史が古く、ヨーロッパ各地の王室や貴族御用達と認められた、イタリア・トリノで最初のチョコレート会社カファレル。こだわりのある素材、製法、ホ...
衣装や武器などが飾られるだけでなく、最先端テクノロジーを使用したインタラクティブな体験もできるとのこと。
これまでも環境対策などで率先して規制などを導入してきたハワイ。今回は全米の主要都市を率先して歩きながらの携帯電話、その他手元で使える電子機器の使用を禁止す...