モコモコの「熊の寝袋」。製作理由が切ない

熊の寝袋「The Great Sleeping Bear」。手触りが良さそうなモコモコ感は、目の前にあったらつい触ってしまいそう。寝袋ということで、中に入ったらさぞかし温かいんだろうなと思うのです。が、気になるのはその顔。

なんだか妙にリアルじゃありませんか?そう感じた人は、この寝袋が作られた理由を知れば、納得するはず。

The Great Sleeping Bearを手がけたのは、オランダ在住の日本人アーティスト、石澤英子さん。この寝袋を作り始めたきっかけは、アルプス山脈を越えイタリアからドイツの人里に現れた熊を知ったとき。熊は、国境を渡ったというだけで、多くの人々に様々な感情を生みました。哀れみ、恐怖、悲しみ。熊は最終的に、危険とみなされ殺されてしまいましたが、そんな姿に心を動かされたのだとか。

この寝袋の製作は、追悼の意を表すためとも言えるでしょう。販売はされていないものの、この寝袋を欲しいという声も聞かれます。

©2007 Eiko Ishizawa
©2007 Eiko Ishizawa
©2007 Eiko Ishizawa
Reference: EIKO ISHIZAWA
Top image: © 2007 Eiko Ishizawa
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
スマートフォンで操作して電気で温める寝袋。
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかが...
めちゃくちゃカワイイけれど、キャンプや登山で使うには、ちょっとリスクあり(?)な寝袋が話題になっています。そのビジュアルは、作者が「使用中に本物のクマに襲...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...