モコモコの「熊の寝袋」。製作理由が切ない

熊の寝袋「The Great Sleeping Bear」。手触りが良さそうなモコモコ感は、目の前にあったらつい触ってしまいそう。寝袋ということで、中に入ったらさぞかし温かいんだろうなと思うのです。が、気になるのはその顔。

なんだか妙にリアルじゃありませんか?そう感じた人は、この寝袋が作られた理由を知れば、納得するはず。

The Great Sleeping Bearを手がけたのは、オランダ在住の日本人アーティスト、石澤英子さん。この寝袋を作り始めたきっかけは、アルプス山脈を越えイタリアからドイツの人里に現れた熊を知ったとき。熊は、国境を渡ったというだけで、多くの人々に様々な感情を生みました。哀れみ、恐怖、悲しみ。熊は最終的に、危険とみなされ殺されてしまいましたが、そんな姿に心を動かされたのだとか。

この寝袋の製作は、追悼の意を表すためとも言えるでしょう。販売はされていないものの、この寝袋を欲しいという声も聞かれます。

©2007 Eiko Ishizawa
©2007 Eiko Ishizawa
©2007 Eiko Ishizawa
Reference: EIKO ISHIZAWA
Top image: © 2007 Eiko Ishizawa
他の記事を見る
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかが...
めちゃくちゃカワイイけれど、キャンプや登山で使うには、ちょっとリスクあり(?)な寝袋が話題になっています。そのビジュアルは、作者が「使用中に本物のクマに襲...
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ハンモックといえば夏。リゾートでの読書や、おしゃれな部屋のソファ代わりなどで使い、決してキャンプの必需品には成りえませんでしたが、昨今ではハンモック型の本...
行政も非常事態宣言を発令したり、フェンスを取り付けたりといろいろ手を打ってはいるそうですが、目立った効果はナシ。もう慣れちゃってるんですね、人に。
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
ヨーロッパの小国「ルクセンブルク」が、2019年の夏までに公共交通機関をすべてタダにすると発表しました。
ここで紹介するのはアイルランドのキュートな農夫カレンダー。社会貢献が目的で製作されました。ちなみに、2019年は10作目の発表なんだとか。(知らなかった!)
近所のスーパーで、おみやげにぴったりな見た目よし味よしのBIO製品を探してきました!
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
1826年創業と歴史が古く、ヨーロッパ各地の王室や貴族御用達と認められた、イタリア・トリノで最初のチョコレート会社カファレル。こだわりのある素材、製法、ホ...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...