電気でほんのり温める「寝袋」。モバイルバッテリーでもOK!

「電気毛布はあるのに、どうして電気シュラフはないんだろう」

そんな素朴な疑問から誕生した「電気シュラフ」は、スマートフォンで操作して電気で温める寝袋だ。足部分と腰部分の2ヵ所に遠赤外線温熱シートが内蔵されている。

本来、シュラフは人の体温だけで温かくなるものだが、これはその保温の手助けをするためのもの。電気毛布のように強力に温めるわけではなく、ほんのりと感じられる温かさを追求しているらしい。

温度設定やタイマーもスマートフォンで管理可能。設定温度になるとヒーターがいったん切れる仕組みになっており、長時間使用しても熱くなりすぎない。

雨や水に濡れると自動的に電源が落ちる設計も安心だ。もちろん、濡れた温熱シートやコントロールユニットは、乾燥させれば再び使用できる。

電源はACアダプター、モバイルバッテリーのどちらでもOK。丸洗いもできるので、特殊な洗剤や高額なクリーニング代も必要ない。

現在、「Makuake」にてクラウドファンディングを実施中

© 株式会社ALATAMA
© 株式会社ALATAMA
Top image: © 株式会社ALATAMA
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
2月15日から「Makuake」で先行販売中のモバイルバッテリー「BRICKSPOWER」の新シリーズは、無線給電、LEDライト、スピーカーなどに変化する...
「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
何がうれしいって、ケースが2つ付いているところだ。カセットテープのケースは不思議と1つだけじゃ物足りない。2つ以上あってはじめて格好がつく。重ねて置くとい...
はっきり言って、これよりも高機能なバッテリーはいくらでもある。ただ、このジャンルでは容量とサイズがだいたい比例するので、自分にとっていい塩梅を見極めること...
外出自粛の運動不足を解消!自宅で1日3分で出来る「お腹痩せトレーニング」をご紹介。先生は、自宅で簡単に取り入れられるトレーニングをSNSやYouTubeな...
「Elonroad」は、電気自動車のバッテリーを充電できる道路を整備するために、開発を進めています。
道路に埋め込まれたレールが電線の役割を果たし、電気自動車のバッテリーを充電できる仕組みを作り上げたプロジェクト「eRoadArlanda」の紹介。
どうやって?と思ってしまうような機能を持つ圧力鍋「SUR’POT」。料理をするのに、電気もガスも要りません。簡単にご飯を炊き上げることができるんです。
大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000」が、Amazonのカスタマーレビュー数1万件を達成(2月10日18:00時点)したこ...
なんだか妙に顔がリアルな熊の寝袋。手がけたのは、オランダ在住の日本人アーティスト。作り始めたきっかけは、アルプス山脈を越えてドイツの人里に現れた熊が、捕ま...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
キックスターターにて、earth technologiesから開発中の「Pluto by earth」のモバイルバッテリーがとてもスタイリッシュでコンパク...
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかが...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
「Newton Espresso」は、一切電気を使わないエスプレッソマシンです。熱いお湯さえあれば、キャンプ好きな人には、ピッタリな製品でしょう。
「NPO法人ミュージックフェスティバル協会」の呼びかけではじまったクラウドファンディング「フェス救済ファンド2020春」。音楽好きたちの支援の輪が広がっている。
今回は3月16日にオープンしたばかりの「Banh mi Tokyo」。バインミー専門店のこちらのお店のパンは米粉100%を使ったグルテンフリー!化学調味料...
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
LEDランタンがモバイルバッテリーとして使える。モバイルバッテリーがLEDランタンとして使える。この2つの機能が組み合わさっていて、かつ鞄に忍ばせておいて...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
〈OUTDOOR TECH.(アウトドアテック)〉のポータブルバッテリー「KODIAK MINI 2.0」です。容量は2,600mAh。スマホで約1.5回...
ドイツのスタートアップSono Motorsが2019年中に販売を始めるという電気自動車「Sion」の紹介です。