結構多いはず「アウトドアなアイテムを日常使いしたい」って人。このブランドはどう?

ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置いても意外とおさまりがいい。無造作な感じが逆に洒落て見えたりして。

「INDIGO LABEL」は、本格的なアウトドア仕様でありながら、インテリアとしても機能するブランドだ。名前の通り、INDIGOプリントをモチーフに、テントからバックパックまでが揃う。

例えば、「外でも家でも使いたい」あるいは「キャンプとか行かないけど、インテリアとしてアウトドアを取り入れたい」という人にオススメするなら、このあたり。

INDIGOカラー&高さのある背もたれが、いい感じ。

E51fb360e3f57504c90bc972c26b8253a4b9ce3c

キャンプシーンでは定番の折りたたみ式のチェア。いろんなサイズやデザインのものが発売されているけれど、「INDIGO LABEL」のレイチェアはカラーと背もたれに注目だ。

ブランドのアイコンでもあるインディゴカラーは、自然の中でも室内でも馴染むのが特徴。肘掛けやフレームのカラーリングも、インテリア向き。

一方、背もたれが高いところもポイント。映画を観たり、音楽を聴いたり、うたた寝したり…。 

テーブルにレイアウトするだけで、サマになる。

9ae8535e1ac491b73656e4c7d90c4e6d1bae391a

ランタンは2種類。

左のルミエールランタンは、2017年の新作で、クラシカルなゴールドフレームが雰囲気バツグン。「INDIGO LABEL」のデザイン性の高さが伺える。

右のノーススターLPガスランタンは、昨年からヒット中のブランドの定番。こちらはオリジナルの専用ケースも付属。

どちらもテーブル上に置くだけで、食卓がグッと洒落て見える。

そこいらの布団よりもイケてるスリーピングバックは、来客用としても。

35bfbb14f99e96ec7da2d7442c63eae7993ff709

「INDIGO LABEL」のアイテムでコーディネイトしたテント内。このなかで推したいのが、エアベッドの上にセットされているスリーピングバック(寝袋)だ。

オリジナルファブリックは、ちょっと派手に見えるかもしれないけど、インディゴカラーのみなので、案外どんな部屋に置いてもいい雰囲気に。

用途はそのまま布団として使ってもいいし、毛布のようにかけたり、あるいはベッドカバーとしても。コンパクトに収納できるので、来客時の布団としてストックしておくのもあり。

コンセプトは“ボーダーレス”

「INDIGO LABEL」は、ColemanとMonroのコラボレーションによって生まれたレーベルだ。両者ともアウトドアに強いブランドだけれど、「INDIGO LABEL」のコンセプトはBORDERLESS(ボーダーレス)。

アウトドアとかインドアっていう垣根を越えたところで、自分のスタイルを楽しもうという提案は、多くの人に響くと思う。

ちなみにデビューシーズンの2016年には、アイテムによっては即完売なんてこともあったようなので、気になる人はZOZOTOWNによる先行予約をチェックしたほうがいいかも。

下は、レーベルの世界観が垣間見える「INDIGO LABEL CAMP」のムービー。上で紹介したアイテムも登場してる。

『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
BKFチェアをカジュアルにしたような、このタイプのチェアはいろんなアウトドアブランドから発売されています。どれも甲乙つけがたいのですが、〈All Abou...
むつかしい本も、読めるようになった今だから。
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかが...
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
愛知県犬山市(いぬやまし)は、日本最古の城「犬山城」がそびえ立ち、雰囲気のいい城下町が今も元気だ。そこに、かつてはタカラヤという名の家具屋さんだった、5階...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
アウトドアでもリビングでもいい。とにかく、ゆらゆらと週末の時間を楽しむのにピッタリな椅子だと思う。
〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
フランスのアウトドアブランド〈Lafuma(ラフマ)〉の「Futura」です。屋内外どちらでも使える、折りたたみ式リクライニングチェア。ただし、ここで言う...
アウトドアでは、タクティカルナイフ(軍用モデル)を愛用。〈EMERSON(エマーソン)〉というブランドのものです。アウトドアには不必要なギミックもあります...
疲れや悩みを取り払って、リラックスしたい日もありますよね。そういう時は、温泉にザブーンと入ってみるのも良い方法のひとつだと思うんです。ここでは疲れも悩みも...
キャンプやBBQなどのアウトドアでは、暑さだって醍醐味のひとつ。そういう考え方の人もいるかもしれない。でも、現実的な話をすれば、やっぱり涼しいほうが嬉しい...
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
〈3sun〉の「パッチワークキルトラグ」は、車の中に一枚あると便利。ハンドメイド感たっぷりのデザインは、アウトドアはもちろんインドアでも。
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
アウトドアといえば、自然の空気と一緒に楽しむBBQが醍醐味。でも、道具の準備などを考えるとちょっと手間。三重県にある「伊勢志摩エバーグレイズ」では、広々と...
これから夏に向けて、ますますキャンプが楽しい季節になってきました。ここで紹介するのは、アウトドアで使う一般的なテント、ではなくハンモック型のテント「テント...