とことんまで寝ごこちを追求したハイブリッド寝袋「Bundle Bed」

正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかがでしょう?まるで自分のベッドで寝ているような心地よさが得られるんです。

重い・デカい・かさばる
それは、すべて最上の
寝ごこちを生むため

実際、手荷物のコンパクトさだけを求めるならば、この寝袋は「難あり」の烙印を押されてしまうはず。なぜって、この「Bundle Bed」のサイズは190cm × 60cm。シングルベッドと比較しても、そう変わらない存在感があるから。これは、本物志向のキャンパーたちからすれば、自然のフィールドに持って行くパートナーとしては、それこそあり得ないサイズ感でしょう?

では、いったいなにゆえこれほど大きなサイズになってしまったのか?理由は明快ただひとつ、とことんまで「寝ごこち」にのみこだわった寝袋だから。

ロンドン在住のアウトドア好きカップルが考案したのは、言うなればベッドの寝ごこちを再現した寝袋。その特徴は上の写真を見たら一目瞭然でしょう。
ボストンバッグ型に丸められた寝袋本体のサイドファスナーを開いていくと、中から立派な掛け布団が。この布団がまたちゃんとしているんです。撥水性のある羽毛布団を贅沢に使ったあったか仕様。さらにはご丁寧に枕(こちらも合成ダウン)まで。みずからネーミングに「Bed」を配すあたり、多少の重さや厚みは関係なし!といった潔さを感じませんか?つまりコレ、一味違ったキャンプ体験を味わえるハイブリッド寝袋なのであります。

空気でふくらむ
厚さ5cmのマットレス

最高の寝ごこちを追求するための工夫は掛け布団だけにあらず。もう一つの特徴が、およそ5cmの厚みにふくらむマットレス。ノズルを回すだけで自動で空気が注入できる仕組みです。

マットレスカバーは洗濯可能

さらに、マットレスカバーはシーツ同様にはがして選択することも可能。汚れを落として日干しするタイプの寝袋よりも衛生的かも。

キャンプシーンだけでなく
日常使いも◎!

たとえば、友だちの家でのお泊まり会にも布団代わりに持参すれば、寝床を急ごしらえしてもらう必要もありません。と言うよりも、寝具としての機能を十分満たしているから、これを普段からベッド代わりに使うなんてこともアリ。部屋をベッドで占領されたくない人には、敷布団で万年床よりもこの方がコンパクト。

外泊用にも、サブベッドにも、もちろんアウトドアシーンでも、ベッドと同じ寝ごこちが得られると思えば、このサイズ感にも納得がいく。という人にのみ受け入れられるある意味ニッチな寝袋ではあります。それでも、「Kickstarter」では、すでに目標額の2倍の出資金を集める人気ぶり。先行販売価格は、子供用が日本円にして約1万3,000円、大人用が約1万8,000円から。

Licensed material used with permission by Bundle Beds
スマートフォンで操作して電気で温める寝袋。
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「SHOES CASE」。超ストレッチ素材を使用したシューズケースだ。
なんだか妙に顔がリアルな熊の寝袋。手がけたのは、オランダ在住の日本人アーティスト。作り始めたきっかけは、アルプス山脈を越えてドイツの人里に現れた熊が、捕ま...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
ハンモックといえば夏。リゾートでの読書や、おしゃれな部屋のソファ代わりなどで使い、決してキャンプの必需品には成りえませんでしたが、昨今ではハンモック型の本...
アウトドアがまたひとつ難解になった。週末のたびに野山にこもったり、シーズンごとに登場するギアをウォッチするほどのギークではないけれど、クライマーやハイカー...
めちゃくちゃカワイイけれど、キャンプや登山で使うには、ちょっとリスクあり(?)な寝袋が話題になっています。そのビジュアルは、作者が「使用中に本物のクマに襲...
アメリカの11州では、雪で覆われた自動車を運転していると罰金を取られる可能性があるのだ。
「RhinoWolf」は、できるだけ荷物を減らしたいというアウトドア派の切実な願いに応えてくれる、一人用の小型テント。エアマットレスと寝袋が一体になってい...
手のひらサイズの「TROPO」は、電動空気入れです。海水浴では浮き輪を、キャンプでは寝袋用エアーマットを膨らますことができます。逆の機能もあって、圧縮袋か...
2枚のマットレスはソファに変身する!?組み立て方はじつにカンタン。①マットレスを2枚重ねて、円柱状の台にかぶせる。②ジッパーで固定する。③くぼませる。たっ...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
「ぐるなび総研」が毎年選定する「今年の一皿」、2019年は空前のブームに沸いた「タピオカ」に決定。
「オリィ研究所」が開発を手掛ける分身ロボット「OriHime」が、カフェ「WIRED SHIBUYA」に12月15日までの期間限定でサービススタッフとして...
今、キャンプ場でテントを張らずにハンモックで寝ることが多くなってきているらしい。これには様々な理由があって、スペースをあまり取らないために場所を選ばないし...
「第4のワイン」として注目されはじめている「オレンジワイン」はじつはアウトドアに最適なアルコール。ここではその理由と、キャンプとワインを愛するソムリエがオ...
衝撃の旅の手段・・・それは、ベッドサーフィン!?ある方法で中国を横断しようと試みる上海の19歳の女子大生が話題になっている。中国の掲示版サイト「Weibo...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
〈3sun〉の「パッチワークキルトラグ」は、車の中に一枚あると便利。ハンドメイド感たっぷりのデザインは、アウトドアはもちろんインドアでも。
アウトドアブランド「DOD」から、11月下旬、防寒着&焚き火ジャケットとして“着る”ことができ、寝具(シュラフ)にもなるスグレモノ「ジャケシュラ2」が発売。