楽しくて眠るのがもったいない!「BOOK AND BED TOKYO」リニューアル・オープン

以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO 東京店」に生まれ変わりました。フロントでもある「BOOK AND BED AND BAR」と称したバースペースで、宿泊者向けにドリンクを販売します。あの泊まれる本屋は、飲める本屋に生まれ変わったのです。

エレベーターが開くと、フロントを兼ねたバーカウンターが現れる。

おいしいドリンク片手に、
大好きな本を読む贅沢

「HAVE A BOOK NIGHT!」。フロントで支配人の掛け声に背中を押されるように〈STAFF ONLY〉の扉を開けると、そこには夢の世界が広がっていました。靴を脱いで、ふかふかのスリッパに履き変えれば、準備はオーケー。あとはもう、お好きなように、くつろいで!

本棚の中に眠る感覚。やわらかい光が眠気を誘う。

時間を忘れて読書に夢中になれる、広々とした共有スペース。

天井にはカラフルに吊るされた〈ホンデリア〉。

ひとりで来ても、誰とでも、のんびり心地良い。

街の喧騒から離れて、ひとたび中へ入ると、そこは別世界。と言っても、とくべつな緊張感はなく、まるで、仲のいい友だちの家に遊びに行ったような感覚です。リニューアル前に引き続き、内装デザインは「SUPPOSE DESIGN OFFICE」、選書は「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)」、グラフィックデザインは「Soda design」が担当しています。それぞれのこだわりは、温もりのある、居心地の良さとなって表れています。

すべて手に取りたくなる、
気になるタイトルばかり!

今回の選書について、BOOK AND BED TOKYO ディレクターの力丸聡さんと、選書担当であるSPBSの鈴木美波さん、お二人にお話をおうかがいしました。

力丸さん:こうして、壁一面に本を並べてしまうと、本好きによる、本好きのための空間のように思えてしまうのだけれど、決して、本好きの人だけを相手にしている場所ではないんです。たとえ、読書ビギナーでも、そういう人たちの感覚まで理解したうえで、選書をしていただいています。だから、どれもつい手に取りたくなる本ばかりなんです。

鈴木さん:本が好きな人も、そうでない人も、どんな人でも行くたびに発見があるような本屋さんを目指しています。そんな、入り口の本屋さんであるSPBSと、読書体験の入り口であるBOOK AND BEDさんは、コンセプトがとても近いように思いました。「なにこれ、読んでみたい!」とか、「あ、これ、読んでなかったけれど、読みたかったんだよね。」とか、そんな想いを大切にしたくて、新刊と古本を分け隔てなく選んでいます。きっかけは何であれ、知らない本にたくさん出会えてもらえたら嬉しいです。

お二人のお話を聞いてから、本棚から気になる本を選んでみました。上は、2006年に発行された『A Year of Mornings』。アメリカの東と西に離れて暮らす二人が、朝の風景を撮影して、毎日メールで送り合うという内容で、差し込む光がとても美しい写真集です。下の『東京夜ふかし案内』には、起きていればずっと続いていく東京の夜の楽しみ方について載っていました。映画館のドリンクホルダーを真似て作ったという木箱に、エルダーフラワーソーダをセットして読書を始めると、とっておきの秘密の場所を知ってしまったような、そんな気持ちになるから不思議です。

楽しくてしょうがなくて、ほんとうは眠りたくないんだけれど、気づいたら眠ってしまっていたという、とっても心地よい体験。外を出たら「HAVE A BOOK DAY!」なんて、思わず挨拶したくなってしまいますね。

Licensed material used with permission by BOOK AND BED TOKYO, SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
街の本屋さんが次々と灯りを消していくなかで、個性を出しながら本好きの心を奪う店が増えてきている。北海道・札幌の北18条にある古本屋「BOOK LAB.」も...
本を読みながら寝落ちするという幸せな体験がコンセプトになったのは、ご存知「BOOK AND BED TOKYO」。で、その「読書」を「音楽鑑賞」に置き換え...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
毎年この時期になると、世界各地で国際的なブックフェアが開催される。なかでも『NY Art Book Fair』はアメリカを代表するブックフェアで、アーティ...
50人分の手描きの「TOKYO」の地図が収められている『TOKYO 35°N』。「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾書...
天井まで届く棚に1300本以上のウィスキー 特別な空間を満喫できる表参道のバーラウンジTOKYO Whisky Library〒107-0062 東京都港...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
本を選ぶ時、書評欄や書店員さんなど誰かのオススメから選ぶ方は多いでしょう。しかし、今や本もAIがオススメしてくれる時代なんです。ということで話題のAI書店...
ひとくちに「本屋さん」と言っても、いろいろあります。セレクトが魅力的な小さな書店に、品揃え豊富な大型店舗、なかにはお酒が飲めたり、泊まれたりする場所もあっ...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
2015年12月、浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中でふと感じ...
ホストが書店員として接客し、且つそれぞれの客に合う本をおすすめしてくれる。「LOVE」をテーマとしていて、「黒いLOVE」「赤いLOVE」「ピンクのLOV...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
正直言って、本格アウトドアを楽しむキャンパーたちからは見向きもされない商品かもしれません。けれど、もっとライトに野外泊を楽しみたい層に、こんな寝袋はいかが...
本を開いてパッ!と現れたは、円柱型の空間?そう、これはページをめくるのではなく、ひらいて楽しむ3D絵本なんです。真っ赤なお日さまや霞のような雲、鶴もいて日...