パーソナルな「TOKYO」の地図を、50人分集めてみた本

手描きの地図、というものについて考えることがあった。

今年の春、下北沢のとある書店でお手伝いをしていた私は、店長におつかいを頼まれた。とはいえ、私、下北沢には全然詳しくない。店長はそれを見越して、白いメモ帳にペンでささっと地図を描いてくれた。

手描きの地図なんて久しぶりだ。

当たり前だが、Google Mapとはまったく違う。すべてのビルや通りが描かれているわけではなく、角のセブンイレブン、突き当たりのドラッグストア、2本目の道、道中の目印がかいつまんで描かれている。

それは一見、ただ目印を効率的に描いてくれたように見える(実際、店長もそうだったのだろう)。だけどふと「今この手のひらにあるものは、もしかするととてつもなく尊いものなんじゃないだろうか」と感じたのだ。

——のは、もうすでに半年以上前のこと。私がその出来事を突然思い出したのは、代官山蔦屋書店でこの本を見つけたからだった。

特別な場所の、手描きの地図

これは、50人分の手描きの地図が収められている『TOKYO 35°N』だ。

発行しているのは、東京発のインディペンデントマガジン『TOO MUCH Magazine』を発行しているEditions OK FRED。都市空間の人々の記憶を書籍としてまとめ、アーカイブしていく「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾として、この本を編集・出版した。

そして、著者はロサンゼルス在住のフォトグラファー、エイミー・スーだ。

彼女はこのプロジェクトを実現するために、東京在住のアーティスト、写真家、ファッション・デザイナーなど50人に声をかけ、大切な場所を手描きの地図で表現してもらうよう依頼した。同時に、

Q1. あなたが選んだ場所はどこですか?
Q2. その場所は、あなたにとって何が特別ですか?

という質問を投げかけた。そして、来日のたびにその地図をたよりに東京および東京近郊をめぐり、それぞれの場所をカメラに収めていった。

ある人にとってはパワースポット、ある人にとっては60年代の思い出、ある人にとっては帰る場所。エイミーは2013年から2016年の3年間、四季を通して50人分の「TOKYO」を辿り、この本を作り上げた。

ただの地図が
ロマンチックな理由

編集後記に「都市は、人々の記憶の集まりだ。」という言葉があった。私はそれに深く頷いた。半年前、あの店長の手描きの地図を見て抱いた尊さは、それが「記憶」だったからだと気づいたのだ。

『TOKYO 35°N』が「Romantic Geographic Archive」——そう、「ロマンチック」である理由は、ここに記憶があるからである。

では、なぜそれがロマンチックなのだろう。
それは、私たち人間は元来、寂しいからなのではないかと私は思う。

私たちは日々、あらゆるものを記憶していく。なんでもない景色や、日常や、時代。それらのほとんどは取るに足らないもので、自分という人間がいなくなれば一緒になくなってしまう、儚いものだ。

私たちはそれがわかっていて、当たり前のことと受け入れながらも、やっぱりどこか寂しいのである。できれば自分が死んだあとも、宇宙の隅にでもいいからそれが残っていてほしいと、少しくらいは願ってしまうものなのではないか。

だから、手描きの地図という記憶がアーカイブされるという事実は、限りなくロマンチックなのだ。そして私たちが記憶をもつ生き物であるかぎり、この本はきっと永遠に、ロマンチックなものとして作用するのだと思う。

Licensed material used with permission by Editions OK FRED
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
飲んで、食べて、腕を磨く。渋谷にある「卓球タウン」T4 TOKYO〒150-0041 東京都渋谷区神南1丁目12−16 ASIA BUILDINGhttp...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
女性が激しくお尻をフリフリする動き。あれはトゥワーク(Twerk)と言うダンスのひとつ。そして、それに着想を得てつくられたのが、今回紹介する「Twerk ...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
これらの写真を見ていて、映画「ブレードランナー」を思い出した。1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
肉を買うときは、切られて並べてあるものから選ぶのが一般的。でも、この「TOKYO COWBOY」はそうしたスタイルに一石を投じます。コンセプトは「あなただ...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
イギリスの書店のあるツイートが驚異的に拡散され話題になりました。1991年からずっと売れ残っていた本が、ついに売れたんだとか!
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...