パーソナルな「TOKYO」の地図を、50人分集めてみた本

手描きの地図、というものについて考えることがあった。

今年の春、下北沢のとある書店でお手伝いをしていた私は、店長におつかいを頼まれた。とはいえ、私、下北沢には全然詳しくない。店長はそれを見越して、白いメモ帳にペンでささっと地図を描いてくれた。

手描きの地図なんて久しぶりだ。

当たり前だが、Google Mapとはまったく違う。すべてのビルや通りが描かれているわけではなく、角のセブンイレブン、突き当たりのドラッグストア、2本目の道、道中の目印がかいつまんで描かれている。

それは一見、ただ目印を効率的に描いてくれたように見える(実際、店長もそうだったのだろう)。だけどふと「今この手のひらにあるものは、もしかするととてつもなく尊いものなんじゃないだろうか」と感じたのだ。

——のは、もうすでに半年以上前のこと。私がその出来事を突然思い出したのは、代官山蔦屋書店でこの本を見つけたからだった。

特別な場所の、手描きの地図

8a4554f4684215494beb17fa5930caa68985ce0d

これは、50人分の手描きの地図が収められている『TOKYO 35°N』だ。

発行しているのは、東京発のインディペンデントマガジン『TOO MUCH Magazine』を発行しているEditions OK FRED。都市空間の人々の記憶を書籍としてまとめ、アーカイブしていく「Romantic Geographic Archive」シリーズ第一弾として、この本を編集・出版した。

そして、著者はロサンゼルス在住のフォトグラファー、エイミー・スーだ。

彼女はこのプロジェクトを実現するために、東京在住のアーティスト、写真家、ファッション・デザイナーなど50人に声をかけ、大切な場所を手描きの地図で表現してもらうよう依頼した。同時に、

Q1. あなたが選んだ場所はどこですか?
Q2. その場所は、あなたにとって何が特別ですか?

という質問を投げかけた。そして、来日のたびにその地図をたよりに東京および東京近郊をめぐり、それぞれの場所をカメラに収めていった。

83d7c575c4821bce88e21dd675b86903ce81368e0650735958de153771b1ea248b5ad3eaf42c31b6

ある人にとってはパワースポット、ある人にとっては60年代の思い出、ある人にとっては帰る場所。エイミーは2013年から2016年の3年間、四季を通して50人分の「TOKYO」を辿り、この本を作り上げた。

ただの地図が
ロマンチックな理由

編集後記に「都市は、人々の記憶の集まりだ。」という言葉があった。私はそれに深く頷いた。半年前、あの店長の手描きの地図を見て抱いた尊さは、それが「記憶」だったからだと気づいたのだ。

『TOKYO 35°N』が「Romantic Geographic Archive」——そう、「ロマンチック」である理由は、ここに記憶があるからである。

では、なぜそれがロマンチックなのだろう。
それは、私たち人間は元来、寂しいからなのではないかと私は思う。

私たちは日々、あらゆるものを記憶していく。なんでもない景色や、日常や、時代。それらのほとんどは取るに足らないもので、自分という人間がいなくなれば一緒になくなってしまう、儚いものだ。

私たちはそれがわかっていて、当たり前のことと受け入れながらも、やっぱりどこか寂しいのである。できれば自分が死んだあとも、宇宙の隅にでもいいからそれが残っていてほしいと、少しくらいは願ってしまうものなのではないか。

だから、手描きの地図という記憶がアーカイブされるという事実は、限りなくロマンチックなのだ。そして私たちが記憶をもつ生き物であるかぎり、この本はきっと永遠に、ロマンチックなものとして作用するのだと思う。

Licensed material used with permission by Editions OK FRED
代官山 蔦屋書店で2017年11月19日(日)まで行われている『「奈良の木」のあるくらし ~森からの贈り物~』。蔦屋書店のコンシェルジュと、日本を代表する...
2016年1月10日(日)、京都・岡崎に国内6店舗目となる「蔦屋書店」がオープン。西日本では「梅田 蔦屋書店」に次ぐ2店舗目。主に関西人から熱い視線が注が...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
「一つひとつが持っている字の意味が合わさって、新たな言葉が作られるところが魅力です。例えば、寺で日の光を見ていると『時』になったり、女性が家(屋根の下)に...
昨年の夏、蔦屋書店がカネジュウ農園とタッグを組んで開発・発売したお茶、その名も『本を読むときのお茶』。試飲会に参加すると、そこにはカネジュウ農園のTEA ...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
普段何気なく暮らしている東京の街を、外国人が見るとどう感じるのか?こうしたコンテンツは、文化の違いが見てとれるのでかなり好物。「そんなものに興味を示すの?...
これらの写真を見ていて、映画「ブレードランナー」を思い出した。1982年に公開された作品は、サイバーパンクSFという新ジャンルを確立した。その世界観は、退...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
肉を買うときは、切られて並べてあるものから選ぶのが一般的。でも、この「TOKYO COWBOY」はそうしたスタイルに一石を投じます。コンセプトは「あなただ...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
文学作品は世界各国の言語や文化、美意識や歴史が反映されたその国の鏡のようなもの。どんな作品が好まれているのかを知ることは、その国を知るための重要な一歩にな...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
2016年4月東京・中目黒にオープンして以来、美容・健康意識の高い女性たちだけでなく、買い物や街ブラでこの地を訪れる人たちまでもが、「見た瞬間に一目惚れす...
ホストが書店員として接客し、且つそれぞれの客に合う本をおすすめしてくれる。「LOVE」をテーマとしていて、「黒いLOVE」「赤いLOVE」「ピンクのLOV...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
ちいさな路地が網の目のように続き、どこも人で溢れかえる下北沢。この町をさまよう人たちは、それなりにみな目的がある。古着屋を物色し、小劇場やライブハウスに通...
2017年はどんな年でしたか?2018年はどんな年にしたいですか?そんなことを考えるあなたのそばに、お茶があるといい……かも?11月29日(水)、12月1...