「泊まれる本屋」が新業態のカフェを高田馬場にオープン

泊まれる本屋「BOOK AND BED TOKYO」が、新業態のカフェ「STAND by bookandbedtokyo(スタンドバイブックアンドベッドトウキョウ)」を、8月26日より、JR高田馬場駅構内にオープン。

店内には「誰もが自由に本の貸し借りができる本棚」を設置。誰かのイチオシや思い出の本が並ぶワクワクと、普段なら手に取ることのない本との出会いが待っている。

BOOK AND BED TOKYOでおなじみの、フードからドリンク、お皿までもが黒で統一された“オールブラックメニュー”に加え、今回新たにドリンクやアルコールも展開。

ニュージーランド・ウェリントン発の人気コーヒースタンド「Coffee Supreme」のコーヒー豆を使用したこだわりのコーヒーのほか、京都の人気サワースタンド「sour」と共同開発した夜の看板メニューとなるサワーにも注目だ。

誰かの想いがこもった本を、おしゃれなカフェメニューと一緒に楽しめる駅近カフェ。気になる人はコチラをチェック。

©アトリエブックアンドベッド
©アトリエブックアンドベッド
©アトリエブックアンドベッド
Top image: © アトリエブックアンドベッド
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

以前、TABI LABOでご紹介した「BOOK AND BED TOKYO」の1号店が、1月21日にリニューアルして「BOOK AND BED TOKYO...
関西のみなさん、お待たせしました。これまでにない斬新なコンセプトで大反響を呼んだ「BOOK AND BED TOKYO」が、ついに京都に上陸です。しかも、...
2015年11月5日(木)、東京・池袋にこれまでにない斬新なコンセプトのホステルが誕生。提供するのは、「最高の寝心地」ではなく、あまりにも幸せな「寝る瞬間...
本を模したライト「Book Light」。色は5種類で、“本”の開閉により変えることができます。本が好きな家族、友人、恋人に送ってみては?
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
「日本ミャンマー・カルチャーセンター」所長が語る、高田馬場・リトルヤンゴンの誕生の理由と歴史、そして未来。
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...