バリスタの概念が変わるカフェ
原宿「dotcom space Tokyo」

本日、原宿駅から徒歩2分の立地にオープンするカフェ。その名も「dotcom space Tokyo」。

ここ、もしかしたら将来的に、バリスタという概念を変えてしまう場所になるかも。

理由は、カウンターに設置されている「Drip」という名の自動ハンドドリップマシーン。これ、蒸らし時間やお湯の温度、抽出時間やドリップ時の動きを専用アプリに入力すると、その通りにコーヒーを淹れてくれるというもの。

まだプロトタイプのため、店頭でデモストレーションを行うまでにとどまりますが、商品化されればバリスタの代わりにこのマシーンがコーヒーを淹れてくれることになるんだとか。

……でもそれって、バリスタの仕事を奪うことになるのでは?そう思う人もいるかもしれません。でも、それこそがdotcom spaceの狙いなんです。

バリスタは、空いた時間でコーヒーの開発に専念でき、店内やカウンター越しにお客とよりよいコミュニケーションがとれるようになります。また、その日どんなコーヒーが飲みたいかを聞いて、一人ひとりに合った一杯の提供もできるようになるかもしれないんだとか。

今後、バリスタ、そして日本のコーヒー業界にまで変化をもたらすかもしれないこの先駆的なカフェに一度足を運んでみてはどうですか?

ちなみに、Instagramをチェックすると、店頭で行うデモンストレーションの時間も今後お知らせしてくれるとのこと。淹れる様子を見たいという人は、ぜひ!

©bubble lab
©2019 photo Takumi Ota
©2019 photo Takumi Ota
© bubble lab/YouTube

『dotcom space Tokyo』

住所:東京都渋谷区神宮前1-19-19 エリンデール神宮前B1F
アクセス:JR原宿駅「竹下口」(徒歩2分)
営業時間:09:00〜21:00 月曜・年末年始 休


 

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事