韓国のバリスタが入れた「カフェアート」に目を奪われた

日々、進化をしているラテアート。これまで、世界中のカフェで驚いたことは1度や2度ではない。でもでも、今回紹介する韓国のバリスタのつくるラテアートは、もはや別次元。ひと目でぶっ飛んだ。だって、カップの中に見えるのは芸術作品の佇まいなのだから…。

#1 

#2

#3

#4

#5

#6

#7

#8

#9

#10

どうだろう、この繊細なタッチ。驚くばかりだよね。僕なんか、紙の上だってこんな絵は描けない。もし、どうやって描くんだろうと気になったら、彼のInstagramへ。他の作品や動画制作の様子もチェックもできる。

「えっ、彼!?」とビックリした。そうなのだ。じつは、一連の絵を描いたLee Kanbinは男性のバリスタ。では、視点を変えて#1から観賞しようか。芸術は、何度でも味わえるものだからねっ。

Licensed material used with permission by leekangbin91
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
ヨーロッパやカナダで販売されているお菓子、ワインガム。ガムというよりも、グミみたいな食感で、国によってはかなりメジャーな存在です。
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
プロのバリスタは聞いたことがあるでしょう。では、ラテアーティストのプロがいることは?ここに紹介する動画にある華麗な爪楊枝さばきを見れば一目瞭然。みるみるう...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
ラテアートのようにスキルを競い合うほど進化したカルチャーにはならないかもしれないけれど、「泡」を媒体として飲む人同士をつなぎ合わせる「ビアアート」に、“ノ...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
台湾にあるカフェ「My Cofi」で提供されるゴキブリラテアート。経営難に陥った時に起死回生の策として編み出したアイデアだったのだそうですが……意外と人気...
サムギョプサル、ダッカルビ、サムゲタン…韓国料理というとどうしても「肉」のイメージが先行してしまいますが、韓国にももちろん新鮮な魚介を使った料理があります...
日本に留学中の韓国人大学生スヨンさん。韓服に身を包んだ彼女は、手書きのサインボードを掲げ、京都の街に立ちました。「韓国人です。いっしょにハグしませんか?」...
韓国では、妊娠ママたちが出産を終えたあとの数週間(人によっては3ヶ月くらい)、毎日食べた方がよいとされるメニューがあります。日本でもおなじみの「わかめスー...
韓国の英字新聞「The Korea Times」の記事によれば、同国にあるアメリカ大使館は、1980年から現在までの約40年間、賃料を払っていないとのこと。
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
森美知典さんの著書『日本を飛び出して世界で見つけた 僕らが本当にやりたかったこと』(実務教育出版)では、海外で活躍している日本人の元へ取材に出向き、その略...