韓国のバリスタが入れた「カフェアート」に目を奪われた

日々、進化をしているラテアート。これまで、世界中のカフェで驚いたことは1度や2度ではない。でもでも、今回紹介する韓国のバリスタのつくるラテアートは、もはや別次元。ひと目でぶっ飛んだ。だって、カップの中に見えるのは芸術作品の佇まいなのだから…。

#1 

#2

#3

#4

#5

#6

#7

#8

#9

#10

どうだろう、この繊細なタッチ。驚くばかりだよね。僕なんか、紙の上だってこんな絵は描けない。もし、どうやって描くんだろうと気になったら、彼のInstagramへ。他の作品や動画制作の様子もチェックもできる。

「えっ、彼!?」とビックリした。そうなのだ。じつは、一連の絵を描いたLee Kanbinは男性のバリスタ。では、視点を変えて#1から観賞しようか。芸術は、何度でも味わえるものだからねっ。

Licensed material used with permission by leekangbin91
他の記事を見る
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
原宿駅から徒歩2分の立地にあるカフェ「dotcom space Tokyo」。ここには、「Drip」という名の自動ハンドドリップマシーンが設置されていて、...
韓国をベースに活動するタトゥーアーティストZzizzi Boyさん。Instagramのプロフィール画像は、『魔女の宅急便』に登場する黒猫ジジ。縁がありそ...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
韓国を代表する筆記具メーカーの「monami」が、本社にinkLabをオープンさせました。このコンセプトストアでは、世界にひとつだけのオリジナルインクを作...
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
ソウルじゃなくて、釜山でもなくて、第三の都市・大邸(テグ)。ここは甘党向けです。
韓国・仁川(インチョン)にあるカフェ「LAS Coffee」の紹介です。デザインのベースになっているのはコンクリートですが、もともと古民家だったことを生か...
プロのバリスタは聞いたことがあるでしょう。では、ラテアーティストのプロがいることは?ここに紹介する動画にある華麗な爪楊枝さばきを見れば一目瞭然。みるみるう...
日本にもたくさんの宿坊がありますが、韓国もなかなか。WEBサイト「Templestay」を覗いてみると、法住寺(Beopjusa)、仏国寺(Bulguks...
2016年、韓国・大邱にコンテナを利用した小学校が建設されました。
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
Hyung Joon Wonさんは、韓国と北朝鮮の非武装地帯でコンサートを行いました。その目的は、平和的な南北統一を目指すことでした。
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
ラテアートのようにスキルを競い合うほど進化したカルチャーにはならないかもしれないけれど、「泡」を媒体として飲む人同士をつなぎ合わせる「ビアアート」に、“ノ...
真冬とチョコレートのかけ算はズルさがある。たとえ、オーナーが有名バリスタで、本格派コーヒーを出す店『COFFEEHOUSE NISHIYA』でも、ホットチ...
新しい韓国旅なら大邱(テグ)。直行便が増えたことで、注目度が高まっています。
目度が高まる韓国第三の都市、大邱(テグ)。この街には「麻薬パン」と言う名物があります!