「ミニ・モネ」と呼ばれる、弱冠14歳の天才画家

もはや、自分のような素人にはよく分かりません。しかし、彼の作品がとんでもない高値で取り引きされている事実があります。きっと、分かる人には分かるのでしょう…。

その価値なんと
2億6千万円以上!

F4538fa1c03ebcffa42a1295c9a033746af83546

彼はキーロン・ウィリアムソン君、もとい、キーロン・ウィリアムソン先生。とはいえ、イギリスに住む14歳の少年です。

初めて絵を描いたのは5歳の頃。家族で旅行に行った際に目にした「海」がテーマだったのだそう。以降、風景画を描き続けたところ、その才能に世界が惚れてしまい、今では「クロード・モネの再来」「ミニ・モネ」などと呼ばれています。

「The Telegraph」によると、彼の価値は260万ドル、日本円にして約2億6千万以上。まさに桁違いの逸材というわけ。

そんな彼の作品の一部を
一気にどうぞ。

Bc4e5bbb8765b380c981097b7893c4328dd859d20e05ceed57612bb89dbeffc1d89637596bfa1122F093b09f2ef44f0b3cbbe1ac9b2bcff819c24cac288c480572f213f01a0f214e7a24260f697df94b6247fd2983bf8e2707e503113c798ba72ebfb73c51855653a611e7024c05a67d842249e75f2967e5D9372331d900c01c9e2bf3edf8b667f8a432c9f275cee1f11ac474f80e8889478d3c74670ca6fd0e967211083274b3f824cd71e9e8ab24068a9273b3B0f97fe4210a3f2a377c21c7a9a5143d8a2952c6Ec1249637c8234c97067feaa41e93263946c736bE7d88ef6daeb5b364726ce595c21642de8270d6aDd5f02eaebe441f616c0e6060fac824a071a905a

舞台の多くは生まれ育ったノーフォーク。専門的な批評はさておき、そのタッチは確かにモネを彷彿させる、気がします。

今となっては、世界中のバイヤーたちがこぞって彼の絵を求めており、これまでの最高額は1枚6万ドル(約610万円)。過去には、24点の新作が販売開始からわずか15分で売り切れたこともある模様。

「Mental Floss」によると、今後はイギリス国内を旅し、いろいろな風景を目にすることでインスピレーションを得たいとのこと。歳を重ねるごとに作風がどのように変化していくのか。末恐ろしい大器に世界が注目しています。

Licensed material used with permission by Kieron Williamson 2016
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
葛飾北斎——誰もが知るその名前。でも、私たちは同じ日本人であるのにも関わらず北斎の本当の凄さを知らないのかもしれない。現在開催中の「北斎とジャポニスム」展...
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
まずは、作品を見てみましょう。とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わ...
モネやフェルメールの作品が、見る側に自然な輝きを感じさせるのは、色を細かく重ねることで「光の表情」を巧みに捉える描写ゆえ。彼らは光の画家と称されてきたわけ...
岐阜県関市の山あいに、カメラ愛好家が注目する“幻の池”があります。わざわざ、遠方からこの地に足を運ぶ観光客が後を絶たない人気の秘密は、根道神社境内の前に広...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
自然の風景の断片を切り抜き、鉢の中に閉じ込める盆栽。ハサミを手に、難しそうな顔つきで剪定する“年配者の趣味”くらいにしか思っていないかもしれませんが、近年...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
最近は栄養バランスが取れたドッグフードがたくさんあるけれど、米・テキサスに住むAshtonさんのママは、毎日愛犬のパピヨン「Tiny」のために、家族と同じ...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
LA在住の31歳、Brent Estabrookさんは、ある日Redditにこう書き込みました。「やぁ、みんな。僕は自分の大好きなもののために、すべての時...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
ゴールデンリトリバーのElla(エラ) Fitzgeraldは、絵にうるさい。なんてったって、自分の気に入った作品以外には目もくれない。彼女が絵画を鑑賞す...
くりくりお目々がチャームポイントの男の子、Tima Kuleshovくん。彼の得意技は、かけっこでもテレビゲームでもありません。こんなに可愛らしい顔をして...