「すべてを捧げてひたすら描け」16歳の天才画家が両親から教わったこと

まずは、作品を見てみましょう。

52fa6fc02da9e5a6ebf21a1c20781ce866a72bb8

とても16歳の少女の作品とは思えない油絵ではないでしょうか。しかも、描いたディミトラ・ミランが本格的に絵の道を志したのは、わずか4年ほど前から。画家の両親が開いたアート教室で、描き方を学びはじめました。

それから、めきめきと才能を磨いていった彼女。今では多くのメディアに掲載され注目される存在になりましたが、もちろん努力あっての賜物。その裏には両親から学んだ、「仕事観」が大きく影響していたようです。

「すべてを捧げてひたすら描く」

F70011c7141d1c33ed554a065e76ea52a9c5c043

彼女は、両親から教えられた最も重要なアドバイスについてこう語っています。

「私は、両親の言葉や、仕事に対する姿勢から仕事観を学んできました。絵を描いている雰囲気を見せる必要はない。ただ描くこと。毎日、他のことはいいから、ひたすら朝から晩まで描く。情熱と責任と献身をもって取り組み続けること。その先に道がある」

芸術一家とはこうである…と勝手に納得させられてしまいそうな、眠気の覚める教えですよね。

89f198495367c37cab5b93f00c5c543e061b2690

彼女自身のコメントからも、その熱意がひしひしと伝わってきます。

「絵を描くことは、私の生きる目的です。アート作品を生み出すことは、自分自身の声を表現する究極の方法なのです。私は、心のなかにある美しい何かを創りだしたり、キャンバスの上に解き放つことが大好きです。アートには、世界を変えられるような力強さがあると本当に思います。私の絵の世界が、もうひとつの現実への入り口や、癒やしの場になってくれたらと願っています」

5239f6a92d7e97e751aab0358390b798af0e6b88652c5dc33762727eef9ea6d93ed226c18e003663F381a2201db296578f5fb499f6396ba5099fc40fAa84f8cd5fbe0f7c7ac95b11a990949a61052cc9Ef2738449afb55a8b3b52e05115fcb2a7124ef971220ea7946ce3657f018904ac470782d717fa5e0

絵を始める前は、旅行をして新しい文化に触れることが大好きだったそうです。動物がよく描かれていることも、彼女の愛情や冒険心の現れだとか。

色使いによって、水の中にいる感覚や、動物と触れ合う楽しさ、花の香を感じさせる作品作りを意識しています。そのほかにも、美しい作品の数々が彼女のwebサイトでチェックできます。気になった人は一度訪れてみては?

Licensed material used with permission by klick communications
フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の...
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
いろんなストーリーが浮かんできます。
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグ、スティーブ・ジョブズ、リチャード・ブランソン、ウォルト・ディズニー。学校を中退している「天才」は枚挙にいとまがありま...
アルベルト・アインシュタインやトーマス・エジソン、パブロ・ピカソ、そしてイチロー。生きた年代も専門分野もさまざまですが、彼らはいずれも「天才」と称された人...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
歯ブラシって、なぜか高機能そうでシャープなデザインばっかりでつまらない。アートな暮らしに憧れているなら、こんなところまで気を使いたい!
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
6歳のアイリス・グレースちゃんは、2011年12月、2歳の時に自閉症と診断された女の子。コミュニケーションがとても苦手でしたが、両親に連れられてヨガや音楽...
写真と見間違えるような、精密な肖像画。これ実は、たった1本の鉛筆で描かれているんです。手がけているのは、23歳のナイジェリア人アーティストKen Nwad...
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
数千のヌード絵をデータとして取り込んだAIが描いた作品が、Twitter上でちょっとした話題になっている。「次世代のアートが生まれたかもしれない」って。
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。興味がない人か...
カリブ海に浮かぶ小国ハイチ。フランス領だったこの土地は、食の影響も多分に受けているようですが、この味だけはローカル(クレオール料理)かも。
フランス人アーティストのXavier Casaltaさんは、点の集まりだけで絵を描く、「点描画家」。紹介した作品「Leopard」は、ペン先の太さわずか0...
もはや、自分のような素人にはよく分かりません。しかし、彼の作品がとんでもない高値で取り引きされている事実があります。きっと、分かる人には分かるのでしょう…...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
あなたの身近にも、心配性で考えすぎの人はいますよね?こちらがどれだけポジティブな言葉をかけても、まったく効果なし。時には、イライラしてしまうこともあるでし...
そう、これはどんなおうちにも転がっている、あの「タマゴ」の話。料理に欠かせない食材であることは誰もが知っていますが、まさかアートに昇華しちゃうなんて。これ...