画家の人生は作品の値段に現れる。フランス近代絵画の歴史を探る

「芸術の都」と呼ばれるパリ。そこは、数多くの画家たちが切磋琢磨する場所でした。セザンヌ、モネ、ルノワール、ゴーギャン…。パリを舞台に活躍した画家は、のちに巨匠と呼ばれる人物ばかりです。

フランス近代絵画に造詣が深い高橋芳郎さんの著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』(幻冬舎)では、19世紀後半のフランスにおける近代絵画の「隆盛の歴史」を学ぶことができます。

世代で見る
「フランスの近代絵画」

7606a4e0533e44af461341348772afb5392fd86c

まずは、フランス近代絵画発展の歴史を、画家の生まれた年代によって簡単に振り返ってみましょう。

1830年前後生まれ…マネとトガ
この2人は印象派の先駆けとなった人物ですが、マネは印象派展に参加せず、サロン(官展)への出展にこだわりました。ドガは計8回の印象派展のほぼすべてに参加しましたが、あまり印象派的といえない作風を好んで発表した経緯があります。

1840年前後生まれ…モネとルノワール
いわゆる印象派のイメージを最もよく体現している2人です。年齢も1歳しか違わない両氏は、公私ともに仲が良く、ルノワールが78歳で亡くなったときに、79歳のモネは「彼とともに私の人生の一部も一緒に旅立ってしまった」と嘆きました。

1850年前後生まれ…ゴーギャンとゴッホ
ポスト印象派の代表的な2人。両氏は、5歳離れていましたし性格も真逆でしたが、アルルで短期間ながら共同生活を行いました。どちらも世間からの低評価に苦しんだ過去を持っています。

1860年前後生まれ…スーラとシニャック
2人は最後の印象派展に参加した人物です。色彩分割を点描で表現するなど、新しい技法を使い話題になりました。

1870年前後生まれ…マティスとルオー
野獣派(フォーヴィスト)の2人です。しかしフォーヴィストの絵を描いていた時期はごくわずかで、その後はそれぞれの作風を追求しました。

1880年前後生まれ…ピカソとブラック
2人は立体派として意気投合し、同じアトリエで共同作業を行い、似通った絵を描いていました。しかし、1914年に第一次世界大戦が勃発し、フランス人のブラックが故郷を守るために出征したために、2人の仲は途絶えてしまいます。戦後、2人は立体主義から離れて、それぞれの道を歩みました。

1890年前後生まれ…藤田嗣治とシャガール
この2人は生まれ故郷を離れ、パリに来て絵の修行をしました。当時のパリには同様に芸術の都に絵を学びに来ていた外国人が多く、彼らはまとめてエコール・ド・パリ(パリ派)と呼ばれていました。

これらのフランス近代の画家たちは、いずれも現在の絵画マーケットにおいて、高く評価されています。

芸術家と職人の違いとは?

50c6f64fefcda8762ea212ea79f585ff34e58647
オリビエ・デヴォー『振付師』油彩10号

絵を描く人や彫刻を作る人は、昔から数多くいました。しかし、彼らは芸術家というよりも、職人と呼ぶべき存在でした。

では、近代に現れた芸術家と職人の違いは何なのでしょうか?

大きく異なっているのは「製作目的」です。仮に、両者の成果物が似通ったものになったとしても、その背景にあるものが大きく違うのです。芸術家とは内なる欲求に突き動かされて表現するものですが、職人は他者からの注文を受け、それに応えるために製作を行います。

もちろん、100%の芸術家や100%の職人といったものは存在しません。どのような芸術家にも、職人的な発想で他人のニーズに応えようとする部分はありますし、職人だって発注者からの注文が曖昧な点は、自らの好む表現で補おうとするからです。

しかし、その人が主に芸術家として作品を制作しているのか、それとも主に職人として制作をしているかで、アイデンティティや生き方に差が出ます。たとえば、レオナルド・ダヴィンチやミケランジェロ、ラファエロといったルネサンスの三大巨匠は、基本的には職人でした。彼らの作品はすべて、貴族やパトロンの依頼を受けて制作されたもので、相手の注文や好みに応える形で修正もされています。

それに対して20世紀の画家。ゴッホやピカソの絵を見比べてみれば、美術に興味がない人でも、その違いが分かるはず。それほど彼らの絵には「らしさ」が厳然と存在するのです。例外はいくつか存在するものの、ゴッホやピカソは、基本的に誰かの注文で絵を描いていたわけではありません。

このように芸術家は他者から指示されることなく己が探求する世界を表現し、職人は依頼主のオーダー通りに製作をしていたのです。

絵画の値段を見れば
「画家の人生」が見える

7283021cead1388f18cdf25ba8d3b464b8b3c5b0

現在、19世紀の印象派の絵画を入手しようとしても、庶民には手が届かないほどの高値がついています。人気があるうえ、当時の画家は全員亡くなっているため作品の新たな供給がないからです。

ピカソの場合は作品数が膨大です。特に版画のように同じ絵柄が複数存在するものは、比較的手頃な価格で手に入れることができます。また、晩年の作品はあまり人気が高くありませんから、全盛期の作品に比べれば入手が容易です。

ちなみに、オークション・レコードとなって何十億もの価格がつくのは、たいてい誰が見ても素晴らしいと感じるその作家の代表作です。しかし、ちょっと格の落ちる作品となると、一桁くらいは価格が下がってしまいます。誰もが知っている代表作には多くの人が関心を持ちますが、そうではない作品は、本当に好きな人でないと注目しません。逆に言えば買いやすい作品となります。

ピカソならピカソの作品がすべて同じようなものだと思ってしまいがちですが、同じ作家でも、作品の種類や制作年代によって価格はまちまちです。ひとりの画家の低迷期から絶頂期までの絵画の価格を見れば、その人生の起伏を如実に読み解くことができるのです。

フランス近代絵画に魅せられ、画商として約30年間で2万枚もの絵画を売買してきたという、高橋芳郎さん。自身の著書『「値段」で読み解く魅惑のフランス近代絵画』...
数年前、1982年にゴーギャンが描いた油絵『いつ結婚するの』に、3億ドル(当時のレートで約355億円)の高値がついて世間の注目を集めました。興味がない人か...
今では「近代絵画の父」と呼ばれる画家ポール・セザンヌ。その作品は、世界中の名だたる美術館に所蔵されている。しかし、現在の不動の評価を得たのは、没後のことだ...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
ルネッサンス時代や19世紀〜20世紀末頃のサロンに強く惹かれたウクライナ出身のAlexey Kondakov。彼は、自らの手で現代を憧れの時代へと変える作...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
お土産としてもおなじみ「油みそ」は、ウチナーンチュの常備菜として愛される家庭の味。これを自宅でかんたんに再現したレシピをどうぞ。
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
「絵は誰にでも描ける」90年代前半に放送されていたNHKのテレビ番組『ボブの絵画教室』で人気を博したアフロとヒゲのもじゃもじゃ画家、ボブ・ロス氏。30分間...
歴史に残る名画に、“動き”をつけたらどうなるか?そんな疑問を、「モーフィング」という映像技術を使って再現してしまったのは、イタリア人映像作家Rino St...
ニルヴァーナのカート・コバーンによる絵画やスケッチが8月上旬にアメリカはシアトルで開催された「Seattle Art Fair」で公開されました。中には1...
世界で最も有名な美術館と言えば、たくさんの人々が口にするのがパリにあるルーヴル美術館だろう。そのルーヴルが長い歴史を継承しながら、新たなプロジェクトに積極...
そんな面白い取り組みをしたのは、パキスタンの広告制作会社Serial Kolor。歴史的絵画の一部をInstagramの投稿風に切り取ると、新しい世界が待...
書いて削って、短くなったら終わり、がこれまでの鉛筆。けどSproutには続きがありました。
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
Samsung(サムスン)が「The Frame」という名の新しい薄型テレビを発表。その名の通り、まるで額縁の中に飾られているような、アーティスティックな...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...