「絵画のなかの香り」を体感できる特別展、この夏開催!

オランダの「マウリッツハイス美術館」が、この夏、「Smell the Art: Fleeting – Scents in Colour(アートを嗅ごう:色彩のなかの儚い香り)」と題して、17世紀絵画に描かれた“匂い”を実際に楽しめる特別展を開催する。

この展覧会のポイントは、素晴らしい香りが漂ってきそうな作品だけでなく、鼻をつまみたくなるような絵画の匂いも再現していること。

たとえば、絵画に描かれる、400年前のアムステルダムの運河は、あらゆる種類の汚物が捨てられており、衛生状態の悪さはもちろんのこと、腐敗臭が酷かったという。

© Jan van der Heyden, Gezicht op de Oudezijds Voorburgwal met de Oude Kerk in Amsterdam, c.1670. Paneel, 41,4 x 52,3 cm. Mauritshuis, Den Haag

こうした悪臭は、健康を害すると考えられており、病気を防ぐためにほかの香りで抑えるべきだとされていた。

裕福な女性が身につけていた「ポマンダー」がその一例だ。アクセサリーであると同時に、ムスクアンバーグリスの芳香で、危険な臭いから身を守る手立てでもあったのだから。

© Pomander, probably Northern Netherlands, c.1620. Silver and silver-gilt, h. 6 cm. Rijksmuseum Twenthe, Enschede (on loan from the Martens-Mulder Foundation).

そのほかにも、宗教儀式で用いられた乳香(フランキンセンス)や、海外との盛んな交易がもたらしたスパイスタバココーヒー紅茶など、約50種類の作品と匂いとを、ディスペンサーで一緒に体感できる。

このご時世、現地に出向くのが難しい方に向けて、家庭用の「フレグランスボックス」「デジタルツアー」を近日発売予定。

最新情報を受け取りたい方は、コチラをチェック。

© Het Mauritshuis/YouTube
Top image: © the image is part of the Mauritshuis collection, The Hague.
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
もともとは宇宙飛行士のトレーニングの一環として、出発前の宇宙飛行士たちに宇宙の香りに慣れてもらうために作られた「NASA」謹製のフレグランス「Eau de...
シアトルのホームフレグランスメゾン「アンティカ ファルマシスタ」の「カーディフューザー」は、ほかにない香りが楽しめます。
漫画『ドラえもん』の1コマを選び、アートとして鑑賞する「ドラえもん1コマ拡大鑑賞展」が、渋谷PARCOで明日13日(土)から開催。
東京オリンピック・パラリンピックのチームUSA閉会式パレードユニフォームとアパレルコレクションを「ラルフ ローレン」が今月発表した。
360度に(なんなら床にも)映し出されたゴッホの絵画を鑑賞……というか、全身で体感!このteamLabのデジタルアートを彷彿とさせる展覧会を開催しているの...
フレグランスにこだわる人であればあるほど、お気に入りの香りがあって、それはもう人それぞれ。
世界的アーティストKAWSが日本初となる大型展覧会を7月に開催する。「ディオール」から「ユニクロ」まで幅広いファッションブランドとコラボするなど、時代を代...
創刊75年の老舗美術誌『美術手帖』が、今月21日(月)より有料会員記事「美術手帖プレミアム」の発信をスタートした。
フレグランスのセレクトショップ「NOSE SHOP」が2021年1月15日より、同日から公開する映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』の特別キャンペ...
「四国銘酒88おへんろ絵巻」は、四国の霊場の数にちなんだ88本、88種類のお酒。6月から毎月8本ずつ、11回に分けて頒布会形式で届けられ、1番から88番ま...
観測衛星や惑星探査機、宇宙望遠鏡など「NASA」の最先端技術によってとらえた雄大な天体写真を集めた展覧会「138億光年 宇宙の旅」が「東京写真美術館」で開...
7月10日の深夜0:00から、東京・品川の「Sameギャラリー」で開催される「盗めるアート展」は、国内外アーティストの作品を“盗める”アート展。セキュリテ...
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
日本初「ピーター・ドイグ展」が「東京国立近代美術館」で開催。会期は2月26日〜6月14日まで。彼の世界観を体感できる貴重な機会です。
花とゾンビをテーマにしたアート展「FLOWER ZOMBIE(フラワーゾンビ)」が原宿「Joint Gallery」にて、10月24日〜27日の4日間限定...
“おっぱい”がテーマの移動式現代アート展覧会「おっぱい展」を主催する「and GALLERY」が、来る10月、「ピンクリボン月間」にちなんだキャンペーンを実施!
11月19日から東京・六本木の「森美術館」で近未来の人間像を考察するための展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命——人は明日どう生きるか」が開催。
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
西洋芸術では、“禁断の果実=リンゴ”のイメージが定着しているが、『旧約聖書』にはただ「果実(木の実)」として書かれており、リンゴを示す言葉は一度も用いられ...
ノンフィクション作品の読者と比べて、フィクションを好む読者のほうが高い言語能力を持つことが、「コンコルディア大学」のSandra Martin-Chang...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...