「民藝」を通して「無印良品」の想いと未来に触れる展示会、新潟で開催

「民藝(民芸)」とは、観賞用としての雅な逸品ではなく、大衆に向けて作られた温もりを宿す実用の手工芸品、いわゆる「民衆の工芸」のこと。

2021年1月16日(土)〜2021年3月7日(日)に、新潟県上越市にある無印良品 直江津にて開催される「MINGEI 生活美のかたち展」は、店内にあるコミュニケーションスペース「Open MUJI」に作った特設の空間で、人々のくらしから生まれてきた民藝と、現代のくらしの基本となる日用品としての無印良品の製品が同時に紹介される展覧会だ。

これは、民芸運動の父と呼ばれる柳宗悦が設立した「日本民藝館」協力のもと、民藝の美に学びながら、これからの無印良品の道しるべを見出すためのメッセージを創造していこうとするもの。

異なる時代に生まれた民藝と無印良品の製品だが、「製作手段の違いはあるものの、製品に作者の名を記さないことや装飾をしない無我で誠実なものづくりの姿勢などに、互いの共通点がある」と、本展のキュレーターである日本民藝館艦長・深澤氏は言う。

無印良品と民藝の掛け算から、一体どんなものが見えてくるのだろうか。

なお、無印良品 直江津での展示終了後は、全国各地の無印良品店舗を巡回する予定とのこと。次回は、「無印良品 銀座」での開催、会期は2021年3月中旬頃を予定している。

©2020 株式会社良品計画
©2020 株式会社良品計画
©2020 株式会社良品計画
©2020 株式会社良品計画
「民藝 MINGEI 生活美のかたち展」

 

 

Top image: © 2020 株式会社良品計画
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事